試合会場レポート

試合番号304

開催日2020/10/17

2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   レギュラーラウンド

会場 : SAGAサンライズパーク総合体育館

観客数:465 開始時間:13:05 終了時間:14:43 試合時間:1:38 主審:冨田 博一 副審:本間 明

久光スプリングス

監督 酒井 新悟
コーチ 大久保 茂和
   
通算 1 勝 0 敗
ポイント 3
3 25 第1セット
【0:28】
23 0
26 第2セット
【0:32】
24
26 第3セット
【0:32】
24
第4セット
【】
第5セット
【】

デンソーエアリービーズ

監督 川北 元
コーチ ゴンザレス アンドレ・クリストファー
   
通算 0 勝 1 敗
ポイント 0

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 開幕戦をホームで迎え、佐賀県の皆様、ファンの皆様へ勝利を届けられたことを嬉しく思います。
 今日を迎えるにあたり、キャプテン戸江を中心に選手たちがよい準備をしてくれました。若い選手の出場機会があったが、周りの選手たち、コートの中でサポートしてくれたことも大きかったです。
 我々のチームは、ベテラン、中堅、若手とバランスが整っています。それぞれの役割を果たし、チーム一丸となり、戦っていきたいと思います。今シーズンも久光スプリングスへのご声援宜しくお願いいたします。

25
  • 石井
     
  • 中川
     
  • 濱松
     
  • 荒木
    (加藤)
  • 井上(美)
     
  • 井上(愛)
    (座安)

1


  • 奥村
     
  • 中元
    (鍋谷)
  • 田代
     
  • 工藤
     
  • プラマー
    (兵頭)
  • 横田
    (森谷)
23

リベロ:

戸江

リベロ:

井上

26
  • 石井
     
  • 中川
     
  • 濱松
    (栄)
  • 荒木
    (加藤)
  • 井上(美)
     
  • 井上(愛)
    (座安)

2


  • 奥村
     
  • 鍋谷
     
  • 田代
     
  • 工藤
    (東谷)
  • プラマー
    (兵頭)
  • 横田
    (森谷)
24

リベロ:

戸江

リベロ:

井上

26
  • 石井
     
  • 中川
     
  • 濱松
    (栄)
  • 荒木
    (加藤)
  • 井上(美)
     
  • 井上(愛)
    (座安)

3


  • 横田
    (大竹)
  • 兵頭
    (プラマー)
  • 東谷
     
  • 田代
     
  • 鍋谷
    (中元)
  • 奥村
     
24

リベロ:

戸江

リベロ:

井上


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 今日の開幕を迎えられたことを深く感謝いたします。
 新型コロナウイルスの影響がある中、Vリーグを開催するにあたって尽力いただけたことで、今日を迎えれたと思っています。また厳しい状況の中でも、会場に足を運んで試合を盛り上げてくださったファンの皆様にも感謝しております。
 試合はあと2点に泣きました。まだまだ不安定なゲームなので一つずつ修正して、来週に向けてよい準備をしていきます。

<要約レポート>

 今シーズンの開幕戦を勝利で飾りたい久光スプリングスとデンソーエアリービーズの対戦。
 第1セット序盤、デンソーは田代のサーブが走り、優位に試合を進める。久光は濱松のブロックやブロード攻撃で長いラリーを制し始めると、徐々に流れは久光に。中盤は久光・井上とデンソー鍋谷の打ち合いで均衡した状態が続くが、終盤、久光は石井のサービスエースなどで粘るデンソーを振り切り、セットを先取した。
 第2セット、序盤から両チームともに粘り強いレシーブを見せ、均衡した展開が続く。中盤以降も、久光・石井、デンソー鍋谷を中心としたテンポの早い攻撃で両チームとも主導権を譲らない。終盤、久光は石井のブロックが決まり流れを手繰り寄せると、デュースにもつれた第2セットを奪取した。
 第3セット、後がないデンソーはセッター田代が多彩なトスワークを見せるが、久光は粘り強いブロックで食らいつき、流れを譲らない。デンソーは大竹、プラマーを投入して怒濤の追い上げを見せるが、最後は久光・井上(愛)の強打が決まり、見事開幕戦で勝利を収めた。