試合会場レポート

試合番号325

開催日2020/11/01

2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   レギュラーラウンド

会場 : ヴィクトリーナ・ウインク体育館(姫路市立中央体育館)

観客数:670 開始時間:13:00 終了時間:15:15 試合時間:2:15 主審:内藤 聡美 副審:山本 和良

ヴィクトリーナ姫路

監督 中谷 宏大
コーチ 高橋 駿
   
通算 1 勝 3 敗
ポイント 3
1 27 第1セット
【0:30】
29 3
27 第2セット
【0:34】
25
22 第3セット
【0:30】
25
26 第4セット
【0:32】
28
第5セット
【】

NECレッドロケッツ

監督 金子 隆行
コーチ 西原 康平
   
通算 4 勝 1 敗
ポイント 12

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 ホームゲーム2日間、たくさんのご声援ありがとうございました。また、開催にご尽力してくださった関係者の皆様、大変ありがとうございました。
 昨日の反省を活かして試合のスタートから、選手たちが熱をもってプレーしてくれて、昨日よりも良い内容のゲームができたと思います。ただ、数字の上ではほぼほぼ互角の戦いの中、各セットともあと一歩のところが数字に表れない部分の差でもあるし、そういうプレーを確実にやっているNECレッドロケッツに見習うべきところがたくさんあると勉強になった試合でした。身長が低く高さのないチームなので、そういった点数に表れないプレーを普通にこなしてVリーグで1番になれるように練習を重ねていきたいと思います。引き続き、多くの皆様のご声援よろしくお願い致します。

27
  • 松本
     
  • 田中
    (堀込)
  • 荒谷
     
  • 長野
     
  • 櫻井
    (孫田)
  • 貞包
     

1


  • 古賀
     
  • 塚田
     
  • 山田
     
  • 島村
    (柳田)
  • 曽我
     
  • ネリマン
    (古谷)
29

リベロ:

花井

リベロ:

小島

27
  • 荒谷
     
  • 松本
    (金杉)
  • 櫻井
    (孫田)
  • 田中
    (堀込)
  • 貞包
     
  • 佐々木
     

2


  • 山田
     
  • 古賀
     
  • 曽我
    (山内)
  • 塚田
     
  • 古谷
    (柳田)
  • 島村
     
25

リベロ:

花井

リベロ:

小島

22
  • 荒谷
     
  • 金杉
    (松本)
  • 櫻井
    (孫田)
  • 田中
    (堀込)
  • 貞包
     
  • 佐々木
     

3


  • 山田
     
  • 古賀
     
  • 山内
     
  • 塚田
    (上野)
  • 柳田
    (古谷)
  • 島村
    (野嶋)
25

リベロ:

花井

リベロ:

小島

26
  • 荒谷
     
  • 金杉
    (松本)
  • 櫻井
    (孫田)
  • 田中
    (堀込)
  • 貞包
     
  • 佐々木
     

4


  • 山田
    (上野)
  • 古賀
     
  • 山内
     
  • 塚田
     
  • 古谷
     
  • 島村
    (野嶋)
28

リベロ:

花井

リベロ:

小島


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 本日も苦しい試合となりました。ホームの勢いと多彩な攻撃に我慢の展開が続きましたが、交代選手もしっかりと自分たちの仕事をしてくれて、チーム全員でつかんだ勝利だったと思います。
 課題はたくさんあるので、修正し来週の試合に備えたいと思います。本日もたくさんの応援ありがとうございました。来週もよろしくお願いします。

<要約レポート>

 ホームゲーム2日目となった、ヴィクトリーナ姫路はNECレッドロケッツと対戦し、全セット30分以上の長い試合となったが3-1でNECが勝利した。
 第1セット、NEC山田の連続ポイントから姫路・貞包の連続サービスエース、NECはネリマンにトスを集め一進一退の攻防が続いた。姫路は田中、孫田のライト攻撃で大きくリードし、NECのアタックを荒谷がブロックポイントをする。NECは古賀のアタックでデュースまで追い上げ島村の移動攻撃で逆転し第1セット先取する。
 第2セット、NEC山田のサービスエースからリードで進む。中盤、姫路は前キャプテンの金杉を投入すると、連続でバックアタックが決まり、前衛も力強いアタックでデュースに持ち込み田中がライトから決めセットカウントを1-1とする。
 第3セット、姫路は田中、金杉がアタックを決めるもNEC古賀が強弱のあるアタックやブロックを決め終始リードしNECが2-1とした。
 第4セット、長いラリーが続き、両チームとも効果的なブロックが続く中、姫路・金杉、貞包、田中、NECは古賀、山田が得点しデュースまでもつれ込んだがNECが勝利した。