ssh websocket sshaxor ssh ssh premium ssh sshaxor sshaxor vmess ssh ws create ssh server ssh ssh server ssh gratis Rest Api

試合会場レポート

試合番号363

開催日2020/11/29

2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   レギュラーラウンド

会場 : E・プラザいしかわ

観客数:集計中 開始時刻:11:00 終了時刻:13:12 試合時間:2:12 主審:城 智人 副審:北村 友香

日立リヴァーレ

監督 多治見 麻子
コーチ 達川 和彦
   
通算 3 勝 8 敗
ポイント 7
3 25 第1セット
【0:24】
20 2
18 第2セット
【0:25】
25
22 第3セット
【0:26】
25
25 第4セット
【0:33】
20
15 第5セット
【0:12】
7

KUROBEアクアフェアリーズ

監督 丸山 貴也
コーチ 武田 義也
   
通算 4 勝 7 敗
ポイント 11

ポイント

2

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

1

<監督コメント>

 今日のKUROBE戦は、自分達の本来の力を発揮し何としても勝ちたい一戦でした。
 フルセットとなりましたが、今日の勝利を来週のホームゲームにつなげ、良い流れを取り戻していきたいと思います。
 終盤で上坂やタップを中心に得点を重ね、最後まで粘り強く戦えた今日の手応えは、一人一人の自信となったのではないかと思います。
 小野寺のトス回しや野中の好守も光り、今後の活躍にも期待したいです。

25
  • 上坂
     
  • 野中
     
  • タップ
     
  • 入澤
     
  • 小野寺
    (中村)
  • 長内
    (小池)

1


  • 舛田
     
  • 小西
     
  • 杉原
     
  • 細沼
    (丸山)
  • リー
     
  • 間橋
    (馬場)
20

リベロ:

齋藤

リベロ:

立石

18
  • 上坂
     
  • 野中
     
  • タップ
    (境)
  • 入澤
     
  • 小野寺
     
  • 長内
     

2


  • 舛田
     
  • 小西
     
  • 杉原
    (丸山)
  • 細沼
     
  • リー
     
  • 間橋
    (馬場)
25

リベロ:

齋藤

リベロ:

立石

22
  • 上坂
    (小池)
  • 野中
     
  • タップ
    (境)
  • 入澤
     
  • 小野寺
     
  • 長内
    (窪田)

3


  • 舛田
     
  • 小西
     
  • 杉原
    (丸山)
  • 細沼
    (小杉)
  • リー
     
  • 間橋
    (馬場)
25

リベロ:

齋藤

リベロ:

立石

25
  • 上坂
    (小池)
  • 野中
     
  • タップ
     
  • 入澤
     
  • 小野寺
     
  • 長内
    (窪田)

4


  • 舛田
     
  • 小西
    (浮島)
  • 杉原
     
  • 細沼
     
  • リー
    (星加)
  • 間橋
    (馬場)
20

リベロ:

齋藤

リベロ:

立石

15
  • 小野寺
     
  • タップ
     
  • 長内
     
  • 上坂
     
  • 入澤
     
  • 野中
     

5


  • 舛田
     
  • 小西
     
  • 杉原
     
  • 細沼
    (丸山)
  • リー
     
  • 間橋
    (馬場)
7

リベロ:

齋藤

リベロ:

立石

<監督コメント>

 2連勝を目指して、モチベーション高く臨んだゲームでした。
 日立リヴァーレの勢いのあるサーブと攻撃に対応できず、第1セットを落としましたが、第2、第3セットは徐々に日立のスパイクに対応し、トランジションからの攻撃が決まりました。
 しかし第4、第5セットは、スタートから勢いに押され、晩回できませんでした。
 本日の課題を修正し、2レグに向けた準備をしたいと思います。
 今後ともご声援よろしくお願いします。

<要約レポート>

 連敗を止めたい日立リヴァーレと、2連勝を目指すKUROBEアクアフェアリーズの一戦。
 第1セット、日立は上坂、長内にボールを集め得点を重ねる。KUROBEもリーのキレのあるスパイクと粘り強いレシーブで終盤まで食らいつくが、日立が逃げ切りセットを先取した。
 第2セットは、序盤からKUROBEがリードし主導権を握る。日立は果敢に攻めるも、KUROBE細沼を中心とする高いブロックが日立の攻撃を寄せつけず、KUROBEがセットを取り返す。
 第3セット、KUROBEが舛田のスパイクからリズムをつかみ、大量リードを奪う立ち上がりとなる。日立は多彩な攻撃やサービスエースで終盤1点差まで詰め寄るもあと一歩及ばず、KUROBEがセットを連取する。
 第4セット、後のなくなった日立は、序盤にタップのブロード攻撃や小野寺のブロックでリードする。KUROBEも浮島、リーのスパイクや杉原のブロックで連続得点の場面を作り、徐々に追い上げていく。最後は日立が4連続得点で執念を見せ、決着は最終セットにもつれ込んだ。
 第5セット、日立が長内の強烈なスパイクで流れを掴むと、粘りのあるレシーブと上坂のスパイクで一気に引き離す。終始リードを保ったまま、日立が熱戦を制した。