試合会場レポート

試合番号398

開催日2021/01/23

2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   レギュラーラウンド

会場 : 黒部市総合体育センター

観客数:0 開始時間:12:00 終了時間:13:51 試合時間:1:51 主審:増岡 三佳子 副審:岡田 崇

KUROBEアクアフェアリーズ

監督 丸山 貴也
コーチ 武田 義也
   
通算 4 勝 12 敗
ポイント 11
1 25 第1セット
【0:27】
23 3
12 第2セット
【0:23】
25
15 第3セット
【0:24】
25
22 第4セット
【0:28】
25
第5セット
【】

岡山シーガルズ

監督 河本 昭義
コーチ 吉田 啓佑
   
通算 9 勝 7 敗
ポイント 25

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 ホームゲームということで、勝利すべく、モチベーションを高めて臨んだ一戦でした。
 第1セットは相手のサーブミスにも助けられ、リズム良く先取することができましたが、第2セット以降は岡山の粘り強いディフェンスと巧打にかき回され、思ったようなプレーができませんでした。
 メンバーを入れ替えながらリズムを変えようと試みましたが、第4セットもサーブミスから自滅してしまいました。
 本日のゲーム内容を修正し、明日の試合に向け準備をしたいと思います。
 今後ともご声援よろしくお願いいたします。

25
  • 細沼
     
  • 間橋
    (丸山)
  • 星加
     
  • リー
     
  • 舛田
     
  • 杉原
     

1


  • 金田
     
  • 宮下(遥)
    (居村)
  • 川島
     
  • 長瀬
    (高野)
  • 渡邊
    (宇賀神)
  • 吉岡
     
23

リベロ:

馬場

リベロ:

西村、丸山

12
  • 細沼
    (道下)
  • 間橋
     
  • 星加
    (小西)
  • リー
    (浮島)
  • 舛田
     
  • 杉原
     

2


  • 吉岡
     
  • 宇賀神
     
  • 川島
    (及川)
  • 居村
     
  • 渡邊
     
  • 金田
    (中本)
25

リベロ:

馬場

リベロ:

西村、丸山

15
  • 細沼
     
  • 間橋
    (梅津)
  • 星加
    (小西)
  • リー
     
  • 舛田
     
  • 杉原
    (道下)

3


  • 中本
     
  • 宇賀神
    (宮下(遥))
  • 川島
    (及川)
  • 居村
     
  • 渡邊
    (高野)
  • 金田
    (吉岡)
25

リベロ:

馬場

リベロ:

西村、丸山

22
  • 細沼
    (小杉)
  • 梅津
     
  • 小西
     
  • リー
    (浮島)
  • 舛田
     
  • 道下
     

4


  • 吉岡
     
  • 宇賀神
    (中本)
  • 川島
     
  • 居村
     
  • 渡邊
    (宮下(遥))
  • 金田
    (船田)
25

リベロ:

馬場

リベロ:

西村、丸山


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 序盤、非常にミスも多く第1セットは相手に立て直しのチャンスを与え、逃げ切れられてしまった。
 第2セット以降、気持ちを切り替えて、シーガルズのリズムで押し切ることができた。
 リモートマッチという中で、少しピントを合わせずらい部分もあり、画面越しに観戦していただいた皆様にとっても、ハツラツさに欠ける部分もあったと思う。
 改めて、ファンの皆様の温かいご声援の力を実感する試合となった。
 大変な状況の中、応援してくださった皆様に心よりお礼申し上げます。

<要約レポート>

 現在、5位の岡山シーガルズと10位のKUROBEアクアフェアリーズの対戦。5~8位、9~12位は僅差であり、この試合の結果が順位に大きく影響する重要な一戦。
 第1セット、序盤からKUROBEが先行し、岡山が追いかける展開となる。岡山が16‐19の場面から吉岡、渡邊のスパイクなどで4連続得点し一時逆転するも、直後にKUROBEも舛田のスパイクなど3連続得点で逆転し岡山を突き放す。最後はKUROBEのリーがレフトから強烈なスパイクを決めセットを先取した。
 第2セット、岡山は序盤から渡邊のスパイク、川島のブロックなどで得点を重ねる。13‐9の場面から金田のスパイクなど7連続得点で一気に点差を広げると流れを掴み、岡山がセットを連取した。
 第3セット、岡山はスタートから中本を起用する。序盤からこの中本がスパイクを連続で決め、岡山が流れを掴む。その後も岡山は金田、居村のスパイクなどで連続得点を重ね、セットを連取した。
 第4セット、岡山が3‐3の場面から5連続得点しリードするも、KUROBEも梅津、道下のスパイクなどで追いすがる。中盤もKUROBEが11‐19の場面から浮島、舛田のスパイクなどで連続得点を重ね、20‐22まで迫る。しかし、そこからKUROBEにサーブミスが続き、点差を縮められず、このセットも岡山が取り、勝利した。