試合会場レポート

試合番号412

開催日2021/01/31

2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   レギュラーラウンド

会場 : グリーンアリーナ神戸(神戸総合運動公園体育館)

観客数:450 開始時間:13:00 終了時間:14:21 試合時間:1:21 主審:千代延 靖夫 副審:岡田 崇

久光スプリングス

監督 酒井 新悟
コーチ 大久保 茂和
   
通算 9 勝 10 敗
ポイント 30
3 25 第1セット
【0:25】
22 0
25 第2セット
【0:28】
22
25 第3セット
【0:22】
11
第4セット
【】
第5セット
【】

トヨタ車体クインシーズ

監督 印東 玄弥
コーチ 今村 駿
   
通算 6 勝 12 敗
ポイント 19

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 まず、今季ホームゲーム最終戦を開催するにあたり、ご尽力いただきました皆様方にこの場をお借りし、感謝申し上げます。誠にありがとうございました。
 本日の試合は、サーブとブロックが機能し相手の攻撃を抑えたことが勝因となった。
 また、苦しい場面もあったが、サイドアウトから集中して得点できたことも良かった。
 今週のようにチーム一丸となり、来週の試合に向け準備をしっかり行っていきたい。
 今大会も皆様の応援が後押しとなりました。引き続きご声援よろしくお願いします。

25
  • アキンラデウォ
     
  • 野本
    (座安)
  • 井上(美)
     
  • 井上(愛)
     
  • 石井
     
  • 荒木
    (加藤)

1


  • グーパート
    (村永)
  • 渡邊
     
  • 鴫原
     
  • 藪田
     
  • 荒木
     
  • ソロカイテ
    (山形)
22

リベロ:

戸江

リベロ:

安井

25
  • アキンラデウォ
     
  • 野本
    (座安)
  • 井上(美)
     
  • 井上(愛)
     
  • 石井
     
  • 荒木
    (加藤)

2


  • 藪田
     
  • 山形
    (辻)
  • 荒木
     
  • 渡邊
     
  • ソロカイテ
    (山上)
  • 鴫原
     
22

リベロ:

戸江

リベロ:

安井

25
  • アキンラデウォ
     
  • 野本
     
  • 井上(美)
     
  • 井上(愛)
     
  • 石井
     
  • 荒木
    (加藤)

3


  • 藪田
     
  • 山形
     
  • 荒木
     
  • 渡邊
     
  • ソロカイテ
     
  • 鴫原
     
11

リベロ:

戸江

リベロ:

安井


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 久光はシンプルかつスキルフルなことをやり続けてきた。
 我々クインシーズも情熱と戦術、高さとパワーを持って戦っていかなければならない。
 For the teamで一丸となって前に進み、来週の試合で成長した姿をお見せできるよう、精進してまいります。
 厳しい情勢の中、皆様のおかげでゲームができ、喜びを感じました。ありがとうございました。残り試合もよろしくお願いいたします。

<要約レポート>

 ホームで連勝を飾りたい久光スプリングスとトヨタ車体クインシーズの一戦。
 第1セット、久光は井上(美)のサービスエース、井上(愛)のスパイクで流れを引き寄せた。トヨタ車体はソロカイテ、荒木のスパイク、鴫原のサービスエースで応戦するが、久光がセットを先取した。
 第2セット、両チームともに一歩も譲らない中、久光がアキンラデウォ、野本のブロックで突き放す。トヨタ車体は渡邊のスパイクでじりじり追い上げるが、久光は粘るトヨタ車体を振り切りセットを連取した。
 第3セット、久光は序盤から前のセットの勢いのまま、アキンラデウォ、井上(愛)の連続ブロックで流れを掴みトヨタ車体を引き離した。後がなくなったトヨタ車体はセッター山形の懸命なトス、安井の好レシーブで流れを引き戻そうとするが、勢いは止まらず久光が勝利した。