試合会場レポート

試合番号459

開催日2021/02/28

2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   V Cup 予選ラウンド Aグループ

会場 : 岡崎中央総合公園総合体育館

観客数:0 開始時間:12:00 終了時間:13:15 試合時間:1:15 主審:吉岡 奈々 副審:本間 明

デンソーエアリービーズ

監督 川北 元
コーチ ゴンザレス アンドレ・クリストファー
   
通算 1 勝 1 敗
ポイント 3
3 25 第1セット
【0:19】
12 0
25 第2セット
【0:22】
10
26 第3セット
【0:28】
24
第4セット
【】
第5セット
【】

トヨタ車体クインシーズ

監督 印東 玄弥
コーチ 今村 駿
   
通算 0 勝 2 敗
ポイント 1

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 ホームゲーム2日目、昨日から姿勢を切り替えて試合に臨みました。
 昨日はサーブが消極的でブレイクに繋げられなかったので、今日はスタートからサーブで攻めることができました。サーブで崩した後のディフェンスが機能したので、優位に試合を進められました。 
 第3セットの苦しい場面でも今日やると決めたことを徹底してやり続けられました。
 また新しいチームとして日々成長していけるように、明日から次の試合に向けて、高め合っていきます。
 試合を観に来られない方々の思いを忘れずにこれからも戦っていきます。

25
  • 中元
     
  • 工藤
    (田原)
  • 横田(真)
     
  • 大竹
    (森谷)
  • 松井
    (積山)
  • 兵頭
     

1


  • 鴫原
     
  • 山形
    (山上)
  • 松本
    (周田)

  •  
  • ソロカイテ
     
  • 藪田
    (熊井)
12

リベロ:

福留

リベロ:

榊原

25
  • 中元
    (小口)
  • 工藤
    (田原)
  • 横田(真)
     
  • 大竹
     
  • 松井
    (積山)
  • 兵頭
     

2


  • 松本
    (周田)
  • 鴫原
     
  • ソロカイテ
    (山形)
  • 山上
    (中屋)
  • 村永
     

  •  
10

リベロ:

福留

リベロ:

榊原

26
  • 中元
     
  • 工藤
    (田原)
  • 横田(真)
     
  • 大竹
    (森谷)
  • 松井
    (積山)
  • 兵頭
     

3



  •  
  • 藪田
    (村永)
  • ソロカイテ
     
  • 山形
     
  • 鴫原
     
  • 周田
     
24

リベロ:

福留

リベロ:

榊原


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 サーブレシーブが大きく乱れた後のプレーが、試合を通して影響がありました。
 以前は崩れた状態からの決定力を強みにしていた部分もありましたが、粗さが失点に直結してしまう現状の改善を図りたいと思います。
 厳しい結果に目を背けず受け止めて、次戦に向かいたいと思います。
 応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 共にV Cup1勝目を狙うデンソーエアリービーズとトヨタ車体クインシーズの試合は、最後まで攻めの雰囲気で粘ったデンソーが勝ち切った。
 第1セット、前半はデンソーが中元のサーブを皮切りに8ポイント連取で大きくリードする。トヨタ車体も食らいつき終盤シーソーゲームとなったが、デンソーの緩急をつけた攻撃が効き、デンソーがそのまま逃げ切る形でこのセットを先取する。
 第2セット、デンソーの勢いが止まらず、スタートから大竹のアタックによる連続得点や兵藤のサービスエースなどによる5連続得点と工藤のアタック・サービスエースなどによる7連続得点で大きく差をつけた。トヨタ車体は中屋が攻めのプレーで流れを変えるも、序盤の点差が響き、デンソーがセットを連取する。
 第3セット、デンソー兵頭とトヨタ車体ソロカイテのパワーあふれるアタックが飛び交い、終盤まで油断を許さない戦いを見せる。デンソーは19ー22から横田の連続アタック得点などで一気にマッチポイントとする。トヨタ車体も粘りを見せデュースまで持ち込むが、最後はデンソー横田が強烈なダイレクトアタックを決めて勝利した。