試合会場レポート

試合番号462

開催日2021/03/06

2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   V Cup 予選ラウンド Bグループ

会場 : 富山県西部体育センター

観客数:620 開始時間:12:00 終了時間:14:00 試合時間:2:00 主審:江下 毅 副審:内藤 聡美

KUROBEアクアフェアリーズ

監督 丸山 貴也
コーチ 武田 義也
   
通算 0 勝 2 敗
ポイント 0
1 16 第1セット
【0:25】
25 3
18 第2セット
【0:25】
25
25 第3セット
【0:27】
20
23 第4セット
【0:27】
25
第5セット
【】

埼玉上尾メディックス

監督 アントニオマルコス レルバッキ
コーチ 蓑輪 貴幸
   
通算 3 勝 0 敗
ポイント 9

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 ホームに連勝中の埼玉上尾メディックスを迎えてのゲームでした。
 第1、第2セットは埼玉上尾の高さとパワーある攻撃に苦しめられ、自分達のリズムを作れず一方的な展開となってしまいました。
 第3セットはサーブとブロックでブレイクし、最後は二枚替えが機能し、セットを取ったものの、第4セットはスパイクミス、サーブレシーブミスがでて、セットカウント1‐3の敗戦となりました。
 本日の反省点を修正し、明日ホーム最終戦の準備をしたいと思います。今後ともご声援をよろしくお願いいたします。

16
  • 梅津
     
  • リー
    (菊池)
  • 細沼
    (小杉)
  • 杉原
     
  • 星加
    (浮島)
  • 山城
     

1


  • ジョセフ
     
  • 青柳
     
  • 内瀬戸
     
  • 佐藤
    (目黒)
  • サンティアゴ
     
  • 山崎
     
25

リベロ:

立石

リベロ:

山岸

18
  • 梅津
     
  • リー
     
  • 細沼
    (小杉)
  • 杉原
     
  • 星加
    (菊池)
  • 山城
    (舛田)

2


  • 内瀬戸
     
  • 山崎
    (堀江)
  • 青柳
    (佐々木)
  • サンティアゴ
    (山口)
  • ジョセフ
    (鎌田)
  • 目黒
     
25

リベロ:

立石

リベロ:

山岸

25
  • 梅津
     
  • リー
    (星加)
  • 細沼
    (島田)
  • 杉原
     
  • 菊池
    (浮島)
  • 舛田
     

3


  • 山口
     
  • 内瀬戸
     
  • ジョセフ
    (鎌田)
  • 山崎
    (堀江)
  • 佐藤
     
  • 青柳
    (岩澤)
20

リベロ:

立石

リベロ:

山岸

23
  • 梅津
     
  • リー
     
  • 細沼
     
  • 杉原
    (島田)
  • 菊池
     
  • 舛田
     

4


  • 佐藤
     
  • 山崎
    (堀江)
  • サンティアゴ
    (岩澤)
  • 青柳
     
  • ジョセフ
    (鎌田)
  • 内瀬戸
     
25

リベロ:

立石

リベロ:

山岸


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 試合の入り方が悪く、相手の失点に助けられて第1、第2セットを先取しましたが、第3セット以降は相手の失点が減り、第1、第2セットと同様に自分達から得点をすることができず、拮抗した試合展開を自分達で作り出してしまいました。
 ここから1週空いてV Cup最終週を迎えます。
 この修正期間で課題を克服し、個でずば抜けた選手がいるチームではないので、集団としてより強いチームになっていけるように練習します。
 引き続き応援よろしくお願いします。

<要約レポート>

 予選ラウンドBグループ、現在首位の埼玉上尾メディックスと4位のKUROBEアクアフェアリーズの対戦。富山県西部に位置する砺波市の会場には、KUROBEの地元の黒部市をはじめ県内各地から多くのサポーターが会場に駆けつけた。
 第1セット、中盤まで一進一退の展開となるも、埼玉上尾が16‐15からサンティアゴのスパイク、ブロックで3連続得点し抜け出すと、最後はサンティアゴ、内瀬戸のスパイクなどで6連続得点しセットを先取した。このセット、KUROBEは3点以上の連続失点が多くあり精彩を欠いた。
 第2セット、序盤から埼玉上尾がサンティアゴ、ジョセフのスパイクで得点を重ねリードを広げる。KUROBEは途中交代でコートに入った舛田がスパイクを決め反撃するも、チームとしてこのセットだけでミスによる7失点で流れを掴めない。最後は埼玉上尾の目黒がスパイクを決め、セットを連取した。
 第3セット、KUROBEが序盤から梅津、リーのスパイクで得点を重ねリードし、埼玉上尾が2、3点差で追いかける展開が終盤まで続く。KUROBEは20‐17から途中交代で入った浮島がスパイク、ブロックで4得点し、セットを取り返した。
 第4セット、KUROBEは中盤までに5本のミスなどで9‐14とされ、このセットも一方的な展開になると見えたが、そこからKUROBEが梅津のスパイクなど5連続得点で追いつくと、16‐16から舛田の3連続得点で逆転する。しかし、埼玉上尾も佐藤、サンティアゴのスパイクなどで得点を重ね追いつき、逆転する。最後は内瀬戸がスパイクでブロックをはじき飛ばし決着を付けた。埼玉上尾は予選グループ戦3連勝とした。