試合会場レポート

試合番号519

開催日2020/11/15

2020-21 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 川崎市スポーツ・文化総合センター

観客数:0 開始時間:13:30 終了時間:15:43 試合時間:2:13 主審:浜野 陽一 副審:小北 好博

きんでんトリニティーブリッツ

監督 今田 善仁
コーチ 藤島 謙裕
   
通算 0 勝 3 敗
ポイント 1
2 17 第1セット
【0:24】
25 3
25 第2セット
【0:23】
15
25 第3セット
【0:23】
19
23 第4セット
【0:29】
25
18 第5セット
【0:22】
20

兵庫デルフィーノ

監督 岩本 正吾
コーチ 奥田 晃
   
通算 1 勝 5 敗
ポイント 2

ポイント

1

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

2

<監督コメント>

 相手のサーブに押されてしまい、受け身になってしまった。
 逆にサーブで攻め切れず、自分達で点数を取りにいけなかった。
 勝ちへの執念を見せれなかったこと、ひたむきにボールを追いかけるなど、貪欲に取り組むことが必要だと感じる。
 しっかりと反省して、来週の試合に臨みたいと思う。
 リモートの中、応援していただいた方、ありがとうございました。

17
  • 田畑
    (尾松)
  • 岡本
     
  • 福井
     
  • 古川
     
  • 毛利
     
  • 三木
    (内園)

1


  • パロット
     
  • 中野
    (浅草)
  • 逢沢
     
  • 田中(寛)
    (藤原)
  • 西澤
     
  • 澁谷
     
25

リベロ:

長濱、大賀

リベロ:

井上(周)

25
  • 田畑
    (内園)
  • 岡本
     
  • 福井
    (尾松)
  • 古川
     
  • 毛利
     
  • 三木
     

2


  • 中野
    (浅草)
  • 田中(寛)
     
  • パロット
    (白川)
  • 澁谷
    (秦)
  • 逢沢
     
  • 西澤
     
15

リベロ:

大賀

リベロ:

井上(周)

25
  • 田畑
    (内園)
  • 岡本
     
  • 福井
    (尾松)
  • 古川
     
  • 毛利
     
  • 三木
     

3


  • パロット
     
  • 中野
    (浅草)
  • 逢沢
     
  • 田中(寛)
     
  • 西澤
    (藤原)
  • 澁谷
     
19

リベロ:

大賀

リベロ:

井上(周)

23
  • 田畑
    (内園)
  • 岡本
     
  • 福井
    (尾松)
  • 古川
    (黒木)
  • 毛利
     
  • 三木
     

4


  • パロット
     
  • 中野
    (藤原)
  • 逢沢
     
  • 田中(寛)
    (奥田)
  • 西澤
     
  • 澁谷
     
25

リベロ:

長濱

リベロ:

井上(周)

18
  • 田畑
    (内園)
  • 岡本
     
  • 黒木
    (尾松)
  • 福井
     
  • 毛利
     
  • 三木
    (古川)

5


  • パロット
     
  • 中野
    (奥田)
  • 逢沢
     
  • 田中(寛)
     
  • 西澤
     
  • 澁谷
     
20

リベロ:

長濱

リベロ:

井上(周)

<監督コメント>

 まず1勝をあげることができて良かった。
 第1セットはサーブとブロックが有効だったが、第2セット以降、きんでんのセッター毛利選手に流れを変えられてしまった。
 最後はどちらが勝ってもおかしくなかったが、結果としてこちらが取り切った。
 今後とも、ご声援よろしくお願いします。

<要約レポート>

 きんでんトリニティーブリッツと兵庫デルフィーノの対戦はフルセットの激戦となった。
 第1セット、デルフィーノはパロットのスパイク、サーブで流れをつかみ、快調な滑り出しできんでんにリードを許さず、セットを奪った。
 第2セット、序盤は互いに譲らない試合展開。中盤にきんでん毛利のトス回しでリズムを掴み得点を重ね、きんでんがセットを奪い返した。
 第3セット、一進一退の攻防で進むが、きんでんは的を絞らせないトス回しで攻撃してセットを取り、逆転した。
 第4セット、交互に点を取り合う接戦となった。デルフィーノは西澤、パロットを中心に得点を重ね、追い付いた。
 第5セット、両チーム一歩も譲らずゲームが進んだ。きんでんがマッチポイントを迎えるも、デルフィーノは西澤のスパイク、澁谷のブロック、逢沢の鮮やかなサービスエースでこの試合に勝利した。