試合会場レポート

試合番号535

開催日2020/11/29

2020-21 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 多摩市立総合体育館

観客数:0 開始時間:12:00 終了時間:13:49 試合時間:1:49 主審:尾鷲 和哉 副審:明石 直樹

つくばユナイテッドSunGAIA

監督 五十嵐 元
コーチ
   
通算 3 勝 5 敗
ポイント 10
1 21 第1セット
【0:21】
25 3
25 第2セット
【0:22】
18
25 第3セット
【0:28】
27
23 第4セット
【0:29】
25
第5セット
【】

長野GaRons

監督 篠崎 寛
コーチ
   
通算 6 勝 2 敗
ポイント 18

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 終盤までもつれる展開をものにすることができませんでした。
 交代で入った選手の活躍もありましたが、相手を上回ることができませんでした。
 年内最後の試合まで少し時間があるので、課題を改善できるよう練習していきます。
 本日も応援ありがとうございました。

21
  • 浜崎
    (勝本)
  • 廣瀬
     
  • 曽田
    (鎌田)
  • 瀧澤
     
  • 阿部
     
  • 上場
    (土井)

1


  • 石坂
     
  • 酒井
     
  • 高瀬
    (高井)
  • 渡部
    (曾根)
  • 浅田
    (松下)
  • 鰐川
     
25

リベロ:

関谷

リベロ:

三角、山田

25
  • 瀧澤
     
  • 勝本
     
  • 廣瀬
     
  • 阿部
     
  • 土井
    (曹)
  • 曽田
    (鎌田)

2


  • 石坂
     
  • 酒井
     
  • 高瀬
     
  • 渡部
    (高井)
  • 浅田
    (松下)
  • 鰐川
     
18

リベロ:

新垣

リベロ:

三角、山田

25
  • 廣瀬
     
  • 瀧澤
     
  • 土井
    (曹)
  • 勝本
     
  • 曽田
    (鎌田)
  • 阿部
     

3


  • 石坂
     
  • 酒井
     
  • 高瀬
    (渡部)
  • 高井
    (曾根)
  • 浅田
    (松下)
  • 鰐川
     
27

リベロ:

新垣

リベロ:

三角、山田

23
  • 瀧澤
     
  • 勝本
     
  • 廣瀬
     
  • 阿部
    (浜崎)
  • 土井
    (曹)
  • 曽田
    (鎌田)

4


  • 石坂
     
  • 酒井
     
  • 高瀬
    (渡部)
  • 高井
    (曾根)
  • 浅田
     
  • 鰐川
    (柳生)
25

リベロ:

新垣

リベロ:

三角、山田


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 昨日の振り返りを行い、課題を持って挑みました。
 今シーズンに向け練習してきたことが、結果に繋がったことは選手の自信になります。
 自分たちにできることを確実にやっていき、今後も挑戦して行きたいと思います。
 本日もV.TVやSNS等を通じ、応援してくださった皆様に心から感謝いたします。
 引き続きよろしくお願いいたします。

<要約レポート>

 つくばユナイテッドSunGAIAと長野GaRonsの一戦
 第1セット、つくばの上場がアタックを決めれば、長野GRは酒井が決め、両者一歩も譲らず終盤を迎える。長野GRは石坂、高井のサーブでリードし、つくばは鎌田、土井、勝本を入れ、流れを変えようとするが、勢いづいた長野GRがセットを先取する。
 第2セット、つくばは土井、勝本をそのまま先発で起用すると、土井のサービスエースで勢いに乗り、リードを広げる。長野GRは鰐川の連続サービスエースで追いかけるが、つくばは新垣を中心にレシーブで粘り、瀧澤、鎌田のアタックなどで得点し、セットを取り返す。
 第3セット、長野GRは石坂のサーブで相手を崩し、5連続得点をあげる。つくばは勝本のアタック、サーブ、阿部のブロックで差を縮めるが、長野GRは高井のサーブで再び差を広げる。つくばは着実に得点を重ねてデュースに持ち込むも、最後は長野GRが石坂のブロックでセットを取る。
 第4セット、長野GRは浅田のサーブで連続得点をあげ、リードする。つくばは廣瀬、阿部のサーブで同点に追いつくも、終盤、長野GRは酒井のサーブ、浅田のアタックで一歩抜け出す。最後はレシーブを拾い粘るつくばに対し、長野GR・曾根がアタックを決め、接戦を制した。