試合会場レポート

試合番号558

開催日2021/01/16

2020-21 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   レギュラーラウンド

会場 : つくばカピオ

観客数:0 開始時間:14:05 終了時間:15:43 試合時間:1:38 主審:慈眼 雅啓 副審:山崎 公寛

つくばユナイテッドSunGAIA

監督 五十嵐 元
コーチ
   
通算 4 勝 6 敗
ポイント 13
3 25 第1セット
【0:18】
14 1
25 第2セット
【0:22】
21
22 第3セット
【0:26】
25
25 第4セット
【0:23】
22
第5セット
【】

大同特殊鋼レッドスター

監督 平野 晃多
コーチ
   
通算 5 勝 4 敗
ポイント 14

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 年明け最初の試合がホームゲームとなりましたが、何とか勝つことができました。
 相手の粘りに苦しめられましたが、選手が昨年の課題を含め、素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれました。
 リモートマッチではありますが、明日もご覧の皆様に勝利を届けられるように頑張ります。
 運営、協賛など多くの協力があり、ホームゲームが開催できることに、改めて御礼申し上げます。

25
  • 廣瀬
     
  • 瀧澤
    (濱田)
  • 土井
    (曹)
  • 上場
     
  • 曽田
    (松田)
  • 阿部
     

1


  • 田中
     
  • 津田
     
  • 清水
     
  • 舩倉
     
  • 二五田
     

  • (渡邊)
14

リベロ:

新垣

リベロ:

嶋田

25
  • 瀧澤
    (濱田)
  • 上場
     
  • 廣瀬
     
  • 阿部
     
  • 土井
    (曹)
  • 曽田
    (松田)

2


  • 田中
     
  • 津田
     
  • 清水
     
  • 舩倉
    (長谷川)
  • 二五田
     

  • (渡邊)
21

リベロ:

新垣

リベロ:

嶋田、備

22
  • 廣瀬
     
  • 瀧澤
    (濱田)
  • 土井
    (曹)
  • 上場
     
  • 曽田
    (松田)
  • 阿部
     

3



  • (渡邊)
  • 津田
     
  • 清水
     
  • 長谷川
     
  • 二五田
     
  • 田中
     
25

リベロ:

新垣

リベロ:

25
  • 瀧澤
     
  • 上場
     
  • 廣瀬
     
  • 阿部
     
  • 土井
     
  • 曽田
     

4



  • (渡邊)
  • 津田
     
  • 清水
     
  • 長谷川
     
  • 二五田
     
  • 田中
     
22

リベロ:

新垣

リベロ:


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 本日もご声援ありがとうございました。
 万全の対策のなか、大会を執り行えたことに感謝します。
 私たちもチームも様々なリスク管理のなかでの試合でしたが、つくばの高さとパワーに圧倒される展開となってしまいました。
 的確に私たちのウィークポイントをつかれて苦しい流れではありましたが、大同特殊鋼として新しいパターンの攻撃も出せたので、次につながるゲームになりました。
 次回の試合に向けて、改善、実行をしていきたいと思います。

<要約レポート>

 第1セット、序盤からつくばユナイテッドSunGAIAは上場、廣瀬の連続得点でリードを広げる。大同特殊鋼レッドスターは選手交代で流れを変えようとするが、リードを維持したつくばがセットを先取した。
 第2セット、均衡した序盤であったが、つくばは土井のサーブを機に点差を広げていく。大同特殊鋼は津田、清水の攻撃によって猛追するが、つくばの粘り強い守備に阻まれてしまう。つくばは瀧澤、上場、土井の攻撃が冴え渡り、セットを連取した。
 第3セット、主導権を握りたい両チームは攻撃的にゲームを進める。大同特殊鋼は森のブロックポイントに呼応するように津田のスパイクで優位に立つ。対するつくばも上場を中心に得点を重ねるが点差が縮まらない。大同特殊鋼が二五田、長谷川のブロックで終盤を抑え、セットを奪取した。
 第4セット、大同特殊鋼が二五田のアタックで得点していく。中盤も大同特殊鋼が田中や津田のスパイクで点差を広げていくが、つくばは上場の連続得点で逆転する。大同特殊鋼は二五田、田中のスパイクで追いすがるが、つくばは上場が終盤も得点を重ね、勝利を収めた。