試合会場レポート

試合番号572

開催日2021/01/24

2020-21 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 西脇市総合市民センター

観客数:0 開始時間:13:00 終了時間:14:12 試合時間:1:12 主審:糟谷 武彦 副審:清水 弘也

兵庫デルフィーノ

監督 岩本 正吾
コーチ 長谷川 匡
   
通算 1 勝 11 敗
ポイント 3
0 13 第1セット
【0:20】
25 3
17 第2セット
【0:23】
25
19 第3セット
【0:23】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

埼玉アザレア

監督 工藤 晴康
コーチ
   
通算 6 勝 3 敗
ポイント 18

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 本日も無事試合ができありがとうございました。
 第1セットのスタートから流れが悪く、終始リードされたままでした。
 バランスの良いアザレアに圧倒されたゲームでした。
 第3セット、ベテランの奥田がチームを鼓舞してくてたのが救いでした。
 また1週空きますが、コロナ禍の中、リーグが継続できることを願い準備していきたいと思います。

13
  • 那和
    (秦)
  • パロット
     
  • 西澤
    (中野)
  • 浅草
    (白川)
  • 澁谷
     
  • 逢沢
     

1


  • 佐藤
    (前田)
  • 加藤
     
  • 石井
     
  • 浜田
     
  • 川畑
     
  • 筒井
     
25

リベロ:

平井、猪岡

リベロ:

川崎

17
  • 逢沢
     
  • パロット
     
  • 中野
    (奥田)
  • 西澤
     
  • 澁谷
     
  • 仲村
    (玉嶋)

2


  • 佐藤
    (前田)
  • 加藤
    (中野)
  • 石井
     
  • 浜田
     
  • 川畑
    (森田)
  • 筒井
     
25

リベロ:

平井、猪岡

リベロ:

川崎、小堀

19
  • 逢沢
     
  • パロット
     
  • 奥田
    (中野)
  • 西澤
     
  • 浅草
     
  • 仲村
    (秦)

3


  • 茂木
     
  • 佐藤
    (笠原)
  • 森田
     
  • 中野
     
  • 小島
     
  • 浜田
    (前田)
25

リベロ:

平井、猪岡

リベロ:

川崎、小堀


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 第1セットは佐藤のサーブでリードし、中盤はレシーブと浜田のトスワークでリードを広げ、そのまま押し切った。
 第2セットは筒井のブロック、サーブ、加藤のスパイクが面白いように決まり中盤で大量リードし、交代で入った新人の中野、森田も活躍しセットを取った。
 第3セットは新人のスパイクが決まり順調な滑り出しで、その後もブロック、スパイク、レシーブのファインプレー等でリードを広げた。最後はデルフィーノに追い上げられたが、前半のリードを守って勝利を収めることができた。
 コロナ禍の中、多くの方々の支援で素晴らしい大会となりました。ファンの皆様、これからも応援よろしくお願いします。

<要約レポート>

 ホームゲームで勝利を飾り、後半戦へ繋げたい兵庫デルフィーノと久々の公式戦となる埼玉アザレアの対戦。
 第1セット、埼玉は佐藤のサービスエースで波に乗り優位に進める。デルフィーノはパロットと澁谷の両エースを軸に展開して追いすがる。埼玉は石井のライトからのアタックが要所要所で決まりセットを先取する。
 第2セット、兵庫は中野のトス回しが冴え波に乗るかに見えたが、埼玉・筒井のブロックがその勢いを止める。ホームの意地を見せるデルフィーノはラリーをつなぎ西澤の強烈なアタックで得点するなど果敢に攻めるが、埼玉・浜田のブロックに阻まれ、埼玉がセットを連取した。
 第3セット、後がないデルフィーノは浅草の好レシーブから奥田のトスワークが冴え、西澤がバックアタックを決めるなど必死に流れをつかもうとするが、埼玉は茂木の効果的なサーブや佐藤の高いブロックで得点を重ねる。最後は埼玉・森田のアタックが決まり、ストレートで2021年最初のゲームを勝利で飾り5勝目を挙げた。