試合会場レポート

試合番号579

開催日2021/02/07

2020-21 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 川崎市スポーツ・文化総合センター

観客数:0 開始時間:13:30 終了時間:14:56 試合時間:1:26 主審:浜野 陽一 副審:筒木 光

富士通カワサキレッドスピリッツ

監督 山本 道彦
コーチ 廣本 遥
   
通算 15 勝 0 敗
ポイント 45
3 25 第1セット
【0:28】
21 0
25 第2セット
【0:26】
17
25 第3セット
【0:26】
18
第4セット
【】
第5セット
【】

ヴォレアス北海道

監督 エド クライン
コーチ 中田 桂太郎
   
通算 10 勝 2 敗
ポイント 30

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 今日は高い緊張感漂う中で始まったゲームでしたが、第1セット序盤で流れを引き寄せることができたのが、大きかったと思います。
 これからも気持ちを絶やすことなく、富士通らしいバレーを展開していきたいと思います。
 ホームゲームが無事に開催できたことに、心より感謝申し上げます。
 引き続きのご声援、よろしくお願いいたします。

25
  • エバデダン
    (尾木)
  • 兵頭
    (後藤)
  • 長谷山
     
  • 柳田
     
  • 浅野
     
  • 加藤
     

1


  • 田城(広)
     
  • 越川
     
  • 本澤
    (古田)

  • (山口)
  • 佐々木
     
  • 田城(貴)
    (後藤)
21

リベロ:

小林

リベロ:

渡辺

25
  • エバデダン
    (手塚)
  • 兵頭
     
  • 長谷山
     
  • 柳田
     
  • 浅野
    (谷平)
  • 加藤
     

2


  • 越川
    (戸田)

  • (山口)
  • 田城(広)
     
  • 後藤
     
  • 本澤
    (古田)
  • 佐々木
     
17

リベロ:

小林

リベロ:

渡辺

25
  • エバデダン
     
  • 兵頭
    (後藤)
  • 長谷山
     
  • 柳田
     
  • 浅野
     
  • 加藤
     

3


  • 佐々木
     
  • 山口
    (張)
  • 後藤
     
  • 田城(広)
    (加藤)
  • 古田
    (本澤)
  • 家近
     
18

リベロ:

小林

リベロ:

渡辺


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 まずは、勝利した富士通、おめでとうございます。
 我々のブロックは良かったと思いますが、2か月公式戦が無かったことで、試合勘が失われたことが見えた試合だと思います。
 凡ミスが多かったです。第1、2セットは、連続失点が多く、特に良くなかったです。
 試合勘を取り戻して、ここから立ち直っていきたいと思います。

<要約レポート>

 現在全勝で首位を走る富士通カワサキレッドスピリッツと、今年の初戦を迎える2位のヴォレアス北海道の首位決戦。
 第1セット、序盤はお互い固さからサーブミスが目立つ。中盤ヴォレアスは越川のブロックポイントやダイレクトスパイクで点差を広げるが、富士通も兵頭のアタックなどで7連続得点を上げて逆転する。最後はヴォレアスのサーブミスで、富士通がセットを先取する。
 第2セット、流れに乗る富士通は、加藤が連続サービスエースを決め、序盤で5点差まで点差を広げる。ヴォレアスも張の連続ブロックポイントで差を縮めるが、富士通は柳田のアタックなどで得点を重ね、セットを連取した。
 第3セット、富士通は序盤から少しずつ点差を広げていく。ヴォレアスは家近のアタックなどで追いすがるが、富士通はエバデダンのアタック、加藤のブロックなどで引き離す。最後はエバデダンのブロックが決まり、富士通がストレートでヴォレアスを下した。