試合会場レポート

試合番号577

開催日2021/02/06

2020-21 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   レギュラーラウンド

会場 : AGF鈴鹿体育館

観客数:0 開始時間:14:00 終了時間:15:10 試合時間:1:10 主審:森西 基雄 副審:糟谷 武彦

ヴィアティン三重

監督 亀田 吉彦
コーチ 田中 一彰
   
通算 4 勝 7 敗
ポイント 13
3 25 第1セット
【0:20】
16 0
25 第2セット
【0:22】
19
25 第3セット
【0:22】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

兵庫デルフィーノ

監督 岩本 正吾
コーチ 奥田 晃
   
通算 1 勝 12 敗
ポイント 3

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 地元三重鈴鹿大会ですが、大同特殊鋼のホームゲームのため、ビジターのゲームとなりました。
 試合は序盤からヴィアティンがリードする展開となり、各選手がそれぞれ持ち味を出してくれました。
 久しぶりにベンチ入り14名全員が出場し、ヴィアティンらしい全員バレーができました。
 勝利者インタビューを受けた三好佳介と松岡将希がデビューし、これで内定の8名全員がVリーグデビューすることができました。
 緊急事態宣言が延長される中、素晴らしい環境の中でプレイさせていただき、本当にありがとうございました。

25
  • 中村
     
  • 前川
     
  • 長谷川
    (松岡)
  • 北田
     
  • 野垣
     
  • 安田
     

1


  • パロット
     
  • 中野
    (澁谷)
  • 田中(寛)
     
  • 逢沢
     
  • 西澤
    (奥田)
  • 浅草
     
16

リベロ:

大浦坂

リベロ:

平井、玉嶋

25
  • 中村
    (三好)

  • (福元)
  • 長谷川
    (石川)
  • 北田
     
  • 森垣
    (前川)
  • 松岡
     

2



  • (逢沢)
  • 浅草
     
  • 藤原
    (奥田)
  • 中野
    (西澤)
  • パロット
     
  • 田中(寛)
     
19

リベロ:

大浦坂

リベロ:

平井、玉嶋

25
  • 三好
     
  • 石川
     

  •  
  • 北田
     
  • 福元
     
  • 松岡
     

3


  • パロット
     
  • 奥田
     
  • 逢沢
     
  • 田中(寛)
     
  • 西澤
    (浅草)
  • 澁谷
     
22

リベロ:

外崎

リベロ:

平井、玉嶋


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 コロナ過の中、試合ができたことに感謝いたします。
 序盤から動きが悪く、流れがつかめないまま第1、第2セットと失った。
 選手がセットごとに変わるヴィアティンに対して、第3セットは終盤まで競ることができたが、最後は自滅した形になった。
 明日修正して頑張りたいと思う。

<要約レポート>

 現在8位のヴィアティン三重と11位の兵庫デルフィーノのリモートマッチでの対戦。
 第1セット、ヴィアティンは安田がサーブにアタック、ブロックと活躍し、さらに北田がサービスエースを決めるなど、点差を大きく広げる。デルフィーノはパロットにボールを集め、中盤では奥田、澁谷を投入し反撃を試みるが、ヴィアティンの中村がアタックを決め、ヴィアティンがセットを先取した。
 第2セット、ヴィアティンは松岡、森垣、島、三好の若手選手を起用し、ベテランの北田もしっかりとアタックを決め、チームが躍動する。デルフィーノは奥田、西澤、逢沢を投入し、劣勢を打開しようと試みるが、ヴィアティンのリベロ大浦坂が拾い、三好、前川がアタックを決め、最後は松岡の躍動感のあるアタックでセットを連取した。
 第3セット、ヴィアティンは福元、デルフィーノは奥田をセッターで起用した。ヴィアティンは三好や島が、デルフィーノは西澤、パロットがアタックを決め、序盤から拮抗する。デルフィーノはセッター奥田が田中(寛)のクイックを使うことで波に乗り、一時リードに成功するが、終盤ヴィアティンは三好、島がアタックを決めて逆転し、この試合に勝利した。