試合会場レポート

試合番号563

開催日2021/02/07

2020-21 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   レギュラーラウンド

会場 : AGF鈴鹿体育館

観客数:0 開始時間:11:00 終了時間:12:32 試合時間:1:32 主審:赤松 佑亮 副審:糟谷 武彦

ヴィアティン三重

監督 亀田 吉彦
コーチ 田中 一彰
   
通算 5 勝 7 敗
ポイント 16
3 25 第1セット
【0:23】
17 0
25 第2セット
【0:21】
19
38 第3セット
【0:42】
36
第4セット
【】
第5セット
【】

サフィルヴァ北海道

監督 上杉 徹
コーチ 小林 準
   
通算 2 勝 10 敗
ポイント 6

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 第1セット、第2セットはスタートがよく、ヴィアティンのペースとなりました。二枚替えやリリーフサーバーで出場した選手の活躍もあり、テクニカルタイムアウトをすべて先取することができました。
 第3セットは、スタートでサフィルヴァの思い切りの良い攻撃とライトからの攻撃に苦しめられ、先行される形となりましたが、ヴィアティンも二枚替えなどで食らいつき、35点を超えるデュースをしっかり取り切ることが出来ました。
 今シーズン初の連勝を地元三重でとれたことは非常に嬉しく思います。
 本日もSNS、V.TVを通しての応援ありがとうございました。

25
  • 中村
     

  •  
  • 長谷川
    (松岡)
  • 北田
     
  • 野垣
     
  • 安田
     

1


  • 阿部
    (小林)
  • 山口
     
  • 奥田
    (柳川)
  • 柏田
     
  • 清水
     
  • 工藤
     
17

リベロ:

外崎、大浦坂

リベロ:

藤村

25
  • 中村
    (三好)
  • 前川
    (福元)
  • 長谷川
     

  •  
  • 野垣
    (石川)
  • 安田
     

2


  • 柏田
     
  • 工藤
     
  • 山口
    (清水)
  • 十良澤
    (柿崎)
  • 阿部
     
  • 奥田
     
19

リベロ:

外崎、大浦坂

リベロ:

藤村

38
  • 三好
     
  • 前川
    (森垣)
  • 長谷川
    (北田)

  •  
  • 福元
    (石川)
  • 安田
    (松岡)

3


  • 工藤
    (河西(智))
  • 柿崎
     
  • 奥田
    (小林)
  • 柏田
    (吉田)
  • 清水
     
  • 阿部
     
36

リベロ:

外崎、大浦坂

リベロ:

藤村


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 まずは2日間無事試合を終えられたこと、よかったと思います。
 大会開催にご尽力くださいました皆様、ありがとうございます。
 次の試合に向けてしっかりと準備していきたいと思います。
 応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 現在8位のヴィアティン三重と9位のサフィルヴァ北海道のリモートマッチでの対戦。
 第1セット、ヴィアティンは長谷川や北田のクイックが効果的に決まり、リベロ大浦坂もスーパーレシーブを見せ、リズムをつかんだヴィアティンがセットを先取した。
 第2セット、サフィルヴァはセッター十良澤を起用したことで調子を取り戻し、序盤から優位に立つ。ヴィアティンは島をミドルに起用し、三好、福元を途中投入すると巻き返しに成功。終盤、島、前川のブロックが決まり、ヴィアティンがセットを連取した。
 第3セット序盤、両者点の取り合いとなる。中盤、ヴィアティンは前川の3連続得点もありリードするが、サフィルヴァは柿崎、工藤のアタックと柏田のブロックなどで逆転した。その後は一進一退の攻防となり、35点を超える手に汗握る展開となるが、ヴィアティンは安田が攻守に渡って活躍、苦しい状況ながらもセットを取り、ヴィアティンが勝利した。