試合会場レポート

試合番号119

開催日2021/10/24

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : パナソニックアリーナ

観客数:1383 開始時間:16:00 終了時間:18:24 試合時間:2:24 主審:西中野 健 副審:山本 和良

ジェイテクトSTINGS

監督 ファジャーニ フェデリコ
コーチ 酒井 大祐
   
通算 3 勝 1 敗
ポイント 7
3 25 第1セット
【0:23】
17 2
22 第2セット
【0:28】
25
23 第3セット
【0:33】
25
27 第4セット
【0:32】
25
15 第5セット
【0:16】
11

FC東京

監督 真保 綱一郎
コーチ 橘 裕也
   
通算 0 勝 4 敗
ポイント 3

ポイント

2

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

1

<監督コメント>

 まずはFC東京の粘り強いプレーをたたえたいと思います。我々も我慢強くプレーしたことをうれしく思っております。
 いつも応援ありがとうございます。引き続き応援よろしくお願いします。

25
  • 村山
     
  • フェリペ
     
  • 久保山
     
  • 宮浦
     
  • 藤中
     
  • 福山
    (道井)

1


  • クヴァーレン
     
  • 手原
     
  • 武藤
     
  • 栗山
    (小田嶋)
  • 長友
     
  • エスペホ
     
17

リベロ:

本間

リベロ:

古賀

22
  • 村山
     
  • フェリペ
    (興梠)
  • 久保山
     
  • 宮浦
     
  • 藤中
     
  • 福山
    (道井)

2


  • 武藤
    (玉宅)
  • クヴァーレン
     
  • 長友
    (黒田)
  • 手原
     
  • エスペホ
     
  • 栗山
    (小田嶋)
25

リベロ:

本間

リベロ:

古賀

23
  • 村山
     
  • フェリペ
     
  • 久保山
    (小林)
  • 宮浦
    (袴谷)
  • 藤中
     
  • 福山
    (道井)

3


  • 長友
    (黒田)
  • 武藤
    (玉宅)
  • エスペホ
     
  • クヴァーレン
     
  • 栗山
    (小田嶋)
  • 手原
     
25

リベロ:

本間

リベロ:

古賀

27
  • 久保山
     
  • 村山
     
  • 藤中
    (都築)
  • フェリペ
     
  • 福山
     
  • 宮浦
     

4


  • 武藤
    (玉宅)
  • クヴァーレン
     
  • 長友
    (黒田)
  • 手原
     
  • エスペホ
     
  • 栗山
    (小田嶋)
25

リベロ:

本間

リベロ:

古賀

15
  • 久保山
    (金丸)
  • 村山
     
  • 都築
     
  • フェリペ
     
  • 福山
     
  • 宮浦
     

5


  • 長友
     
  • 小田嶋
    (武藤)
  • エスペホ
     
  • クヴァーレン
     
  • 栗山
     
  • 手原
    (山田(大))
11

リベロ:

本間

リベロ:

古賀

<監督コメント>

 昨日のゲームから戦術的な修正をし、選手たちが気持ちを切り替えて戦ったことで、昨日とは違った展開となりました。
 本来であれば4セット目で勝負を決めなくてはなりませんでした。ゲーム終盤にアタックの失点が増えたところを今後改善していきたいです。
 来週に向けてしっかりとした準備をして、勝利を掴み取ります。
 本日も応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 連勝して勢いに乗りたいジェイテクトSTINGSと初白星を目指すFC東京の一戦。
 第1セット、序盤からジェイテクトが4連続得点でリードすると、フェリペのスパイクや久保山のブロックなどでさらにリードを広げ、
そのままセットを先取する。
 第2セット、終盤まで一進一退の攻防が続く。終盤、FC東京がレシーブで粘りクヴァーレンのスパイクで一歩抜け出すと、そのリードを守り切り、セットを奪い返す。
 第3セット、好レシーブの応酬で会場は盛り上がりを見せ、両者譲らぬ白熱した展開となる。ジェイテクトはフェリペや藤中の巧みなスパイクで得点を重ねるも、FC東京は長友がバックアタックを要所で決め、セットを連取する。
 第4セット、デュースにまでもつれ込み手に汗に握る接戦となるが、ジェイテクトは途中で代わった都築の活躍やフェリペのブロックでタイに戻した。
 第5セット、FC東京はクヴァーレンやエスぺホのスパイクで得点を重ねリードを奪うも、ジェイテクトが村山のクイックや宮浦のサービスエースなどで4連続得点し逆転に成功する。最後まで食らいつくFC東京を振り切り、見事ジェイテクトが3連勝を飾った。