試合会場レポート

試合番号116

開催日2021/10/23

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 維新大晃アリーナ

観客数:1100 開始時間:14:00 終了時間:16:10 試合時間:2:10 主審:千代延 靖夫 副審:弘中 秀治

JTサンダーズ広島

監督 原 秀治
コーチ 古田 博幸
   
通算 1 勝 2 敗
ポイント 4
1 22 第1セット
【0:26】
25 3
22 第2セット
【0:32】
25
25 第3セット
【0:27】
23
28 第4セット
【0:36】
30
第5セット
【】

サントリーサンバーズ

監督 山村 宏太
コーチ 米山 達也
   
通算 3 勝 0 敗
ポイント 7

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 今季初のホームゲームで勝利をお届けすることができなくて残念です。
 選手は良いパフォーマンスを見せてくれましたが、サントリーの選手がそれ以上のプレーをしていました。
 我々は挑戦者!最後まで諦めず攻めていきます。
 たくさんのご声援ありがとうございました。明日も応援よろしくお願いします。

22
  • 小野寺
     
  • 新井
     
  • 金子
     
  • エドガー
     
  • 坂下
     
  • 中島
    (熊倉)

1


  • 藤中
    (西田)
  • 大宅
     
  • 小野
    (佐藤)
  • 加藤
     
  • アライン
     
  • 柳田
     
25

リベロ:

唐川

リベロ:

喜入

22
  • 小野寺
     
  • 新井
     
  • 金子
    (合田)
  • エドガー
     
  • 坂下
     
  • 中島
    (熊倉)

2


  • 小野
     
  • 藤中
    (西田)
  • アライン
     
  • 大宅
    (バロッティ)
  • 柳田
     
  • 加藤
     
25

リベロ:

唐川

リベロ:

喜入

25
  • 新井
     
  • エドガー
     
  • 小野寺
     
  • 中島
    (熊倉)
  • 合田
     
  • 坂下
     

3


  • 藤中
    (佐藤)
  • 大宅
    (バロッティ)
  • 小野
     
  • 加藤
     
  • アライン
     
  • 柳田
     
23

リベロ:

唐川

リベロ:

喜入

28
  • エドガー
     
  • 中島
    (武智)
  • 新井
     
  • 坂下
     
  • 小野寺
    (熊倉)
  • 合田
    (金子)

4


  • 藤中
    (佐藤)
  • 大宅
    (バロッティ)
  • 小野
     
  • 加藤
    (小川)
  • アライン
     
  • 柳田
     
30

リベロ:

唐川

リベロ:

喜入


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 本日もサンバーズへのご声援をありがとうございました。
 スコアは3‐1という結果でしたが、内容はとてもハードなものでした。連勝はできていますが、修正すべき点を改善していかなければ今後も苦しい試合内容が続くと思いますので、明日の試合に向け、しっかりと準備していきたいと思います。
 長いシーズンの中、変化を恐れずチャレンジしていけるチームでありたいです。
 このような状況の中、サンバーズに熱いご声援をくださるファンの皆様、本当にありがとうございました。今後もサンバーズは進化していきますので、引き続きよろしくお願いします。

<要約レポート>

 開幕から2連勝と勢いに乗っているサントリーサンバーズとホームゲームで初勝利を目指すJTサンダーズ広島の対戦は、セットカウント3‐1でサントリーが勝利した。
 第1セット序盤、両チーム一進一退の攻防となったが、中盤以降はサントリーのサーブが効果的に決まり、最後はサントリー小野のクイックでセットを先取した。
 第2セット、JT広島は新井、坂下のクロススパイクで好発進した。サントリーは柳田、アラインの強烈なスパイクで流れをつかみ、セットを連取した。
 第3セット、JT広島はエドガーのスパイクやサービスエースでリードを広げた。サントリーも大宅のサーブから一時は同点に追いつくが、最後はJT広島が新井、エドガーのスパイクでセットを取り返した。
 第4セット、序盤は両チーム譲らずに手に汗握る展開が続いた。中盤、JT広島がエドガーのスパイクでサントリーを引き離す。しかし、サントリーも強いサーブからチャンスを作りデュースに持ち込んだ。最後はサントリーがアラインのサーブと柳田のスパイクで勝利を収めた。