試合会場レポート

試合番号113

開催日2021/10/23

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 豊田合成記念体育館

観客数:900 開始時間:13:00 終了時間:15:06 試合時間:2:06 主審:戸川 太輔 副審:沢田 元

ウルフドッグス名古屋

監督 マクガウン クリス
コーチ 深津 貴之
   
通算 2 勝 1 敗
ポイント 5
3 25 第1セット
【0:29】
21 1
16 第2セット
【0:29】
25
25 第3セット
【0:28】
22
25 第4セット
【0:24】
20
第5セット
【】

大分三好ヴァイセアドラー

監督 ムレイ ポール
コーチ 安田 将利
   
通算 1 勝 2 敗
ポイント 3

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 本日の試合は相手のサーブに苦しめられる場面もありましたが、それを乗り越えられたことを誇りに思います。
 チームの課題を修正し、明日の試合に向けて良いパフォーマンスができるように、これからの時間を使って良い準備をしていきます。
 今シーズン初のホームゲームに駆けつけていただいたファンの皆様、ありがとうございました。
 明日もここ豊田合成記念体育館”エントリオ”にて、白熱した試合をお見せできるように頑張ります。共に戦いましょう。Unite as Onel!

25
  • クレク
     

  •  
  • 高梨
     
  • 山崎
     
  • 傳田
    (永露)
  • 前田
     

1


  • 山田
     
  • 藤岡
    (古賀)

  •  
  • 川口
    (藤原)
  • エメルソン
    (井口)
  • バグナス
     
21

リベロ:

小川

リベロ:

16
  • クレク
     

  • (伏見)
  • 高梨
     
  • 山崎
     
  • 傳田
    (永露)
  • 前田
     

2



  •  
  • 山田
     
  • 古賀
     
  • 井口
     
  • バグナス
     
  • 川口
     
25

リベロ:

小川

リベロ:

25
  • 伏見
    (勝岡)
  • 山崎
     
  • クレク
     
  • 前田
     
  • 高梨
     
  • 傳田
    (永露)

3


  • 山田
     
  • 井口
    (エメルソン)

  •  
  • 川口
    (藤原)
  • 古賀
     
  • バグナス
     
22

リベロ:

小川

リベロ:

25
  • クレク
     
  • 伏見
    (永露)
  • 高梨
     
  • 山崎
     
  • 傳田
    (勝岡)
  • 前田
     

4



  •  
  • 山田
     
  • 古賀
     
  • 井口
    (エメルソン)
  • バグナス
     
  • 川口
    (藤原)
20

リベロ:

小川

リベロ:


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 残念ながら私たちは負けてしまいました。その理由として、ウルフドッグス名古屋の攻撃に対してブロックとレシーブの関係がうまく機能していませんでした。
 またミドルブロッカーの攻撃が機能していなかったために、アウトサイドヒッターの負担が大きくなりました。
 明日は積極的にプレーし、チーム全員で最善を尽くします。ありがとうござしました。

<要約レポート>

 ウルフドッグス名古屋と大分三好ヴァイセアドラーの一戦は、WD名古屋がホームゲーム開幕戦で勝利した。
 第1セット、お互いに一点を取り合う競った展開で進む。WD名古屋・前田の丁寧なトスから、傳田、高梨、山崎とアタックを決める。対する大分三好も、バグナスが鋭いアタックを決めると、途中出場の古賀のアタックも決まり、終盤まで粘りをみせたが、WD名古屋がリードを守り、最後は山崎のアタックが決まり先取した。
 第2セット、大分三好がスタートダッシュを切る。古賀のフェイントやアタックが面白いように決まると、終盤には山田が効果的なサーブを放ち得点に繋げ、さらに最後はサービスエースを決めて、大分三好がこのセットを奪い返した。
 第3セット、どちらも負けられないセットとなり、WD名古屋は山崎のアタックが連続で決まると、クレクのアタックも決まる。対する大分三好は、リベロ備の好レシーブからの古賀のアタックなど粘りを見せたが、流れが変わりそうな場面でWD名古屋の傳田や伏見がしっかりとブロックを決め、WD名古屋がこのセットを奪う。
 第4セット、今シーズンよりWD名古屋のキャプテンを務めるクレクが好調のままスタートすると、難しいトスを決め切る高梨など勢いは止まらず、最後は伏見がブロックを決め勝利した。大分三好は、相手が繋ぐボールをしっかりとりきるなど、攻守ともに良い場面が多くあったが、WD名古屋の勢いを止められなかった。