試合会場レポート

試合番号175

開催日2022/01/08

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : サイクルショップコダマ大洲アリーナ

観客数:907 開始時間:14:00 終了時間:16:25 試合時間:2:25 主審:林 淳一 副審:平田 敬基

大分三好ヴァイセアドラー

監督 ムレイ ポール
コーチ 安田 将利
   
通算 2 勝 13 敗
ポイント 7
2 34 第1セット
【0:39】
36 3
25 第2セット
【0:24】
20
25 第3セット
【0:24】
16
23 第4セット
【0:31】
25
13 第5セット
【0:15】
15

VC長野トライデンツ

監督 松本 隆義
コーチ 宮澤 武吉
   
通算 1 勝 14 敗
ポイント 2

ポイント

1

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

2

<監督コメント>

 今日はお忙しい中ご来場ありがとうございました。
 また、関係者の方々の皆様にはとても感謝しています。
 1セット目の劣勢な場面で大きなポイントを取り切れなかったのが敗因だと考えます。また、サーブミスもネットにかけてのミスが連続で続いてしまいました。
 今日の課題を明確にし、克服して明日は必ず勝ち切ります。明日も応援よろしくお願いします。

34
  • 安部
    (永尾)
  • バグナス
     
  • 井口
    (伊藤)
  • エメルソン
     
  • 山田
     
  • 川口
    (藤原)

1


  • 池田(幸)
     
  • 山岸
     
  • 森崎
     
  • 矢貫
     
  • リヴァン
     
  • 伊藤
    (池田(颯))
36

リベロ:

、久保田

リベロ:

藤中

25
  • バグナス
     
  • エメルソン
    (古賀)
  • 安部
     
  • 川口
    (永尾)
  • 井口
    (伊藤)
  • 山田
     

2


  • 池田(幸)
     
  • 山岸
     
  • 森崎
    (三輪)
  • 矢貫
     
  • リヴァン
     
  • 伊藤
    (中村(啓))
20

リベロ:

、久保田

リベロ:

藤中

25
  • 安部
     
  • バグナス
     
  • 井口
     
  • 古賀
     
  • 山田
     
  • 川口
    (藤原)

3


  • 池田(幸)
     
  • 山岸
     
  • 三輪
    (池田(颯))
  • 矢貫
     
  • リヴァン
     
  • 中村(啓)
    (伊藤)
16

リベロ:

、久保田

リベロ:

藤中

23
  • バグナス
     
  • 古賀
     
  • 安部
    (永尾)
  • 川口
    (藤原)
  • 井口
    (伊藤)
  • 山田
     

4


  • 池田(幸)
     
  • 山岸
     
  • 三輪
     
  • 矢貫
     
  • リヴァン
     
  • 伊藤
    (池田(颯))
25

リベロ:

、久保田

リベロ:

藤中

13
  • 安部
     
  • バグナス
    (藤原)
  • 井口
    (伊藤)
  • 古賀
     
  • 山田
     
  • 川口
     

5


  • 池田(幸)
     
  • 山岸
     
  • 三輪
    (池田(颯))
  • 矢貫
     
  • リヴァン
     
  • 伊藤
     
15

リベロ:

、久保田

リベロ:

藤中

<監督コメント>

 あけましておめでとうございます。
 このコロナ禍の大会の開催にご協力いただいている、すべての関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。
 天皇杯が終わり、ブレイク力の強化を中心にチーム力の底上げを図り練習の成果が発揮され勝利を手にすることができました。今日出た課題を修正し、明日の試合も勝利できるよう、準備を行います。本日は応援ありがとうございました。明日も応援のほどよろしくお願いします。

<要約レポート>

 後半戦になり、ホームゲームで勝って勢いをつけたい大分三好ヴァイセアドラーとどうしても勝ち星が欲しいVC長野トライデンツの対戦。
 第1セット、お互いに一歩も引かない激戦となった。山田、バグナスを中心に攻める大分三好に対してVC長野はリヴァンを中心に戦う。30点を超えるジュースになったが最後はVC長野の伊藤のブロックで先取する。
 第2セット、大分三好は井口の的を絞らせない配球で点差を拡げてそのまま奪取する。
 第3セット、大分三好は第2セットから途中交代した古賀の活躍で、序盤から点差を拡げて勢いにのると、そのまま連取した。
 第4セット、あとがないVC長野はリヴァンにボールを集め反撃する。大分三好も山田、古賀を中心に追いすがるがVC長野が競り勝って勝負は最終セットへ。
 第5セットは流れを掴んだVC長野がそのまま押し切りゲームセット。
 VC長野は今シーズン初勝利となり嬉しい後半戦スタートとなった。