試合会場レポート

試合番号184

開催日2022/01/15

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 堺市金岡公園体育館

観客数:633 開始時間:13:00 終了時間:14:26 試合時間:1:26 主審:森口 豊 副審:岡田 崇

堺ブレイザーズ

監督 千葉 進也
コーチ 長江 祥司
   
通算 13 勝 4 敗
ポイント 38
0 23 第1セット
【0:28】
25 3
16 第2セット
【0:25】
25
23 第3セット
【0:27】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

サントリーサンバーズ

監督 山村 宏太
コーチ 米山 達也
   
通算 12 勝 5 敗
ポイント 31

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 年明け最初の試合に勝利することができず、大変残念です。相手のサーブへの対応を修正し、明日の試合に臨みたいと思います。
 ファンの皆様、本日のホームゲームへの応援ありがとうございました。
 明日もまたよろしくお願いします。

23
  • 出耒田
    (佐川)
  • 樋口
    (小池)
  • 深津
    (千々木)
  • バーノン
     
  • 高野
     
  • 松本
     

1


  • 大宅
    (アライン)

  • (佐藤)
  • 藤中
     
  • 柳田
     
  • 小野
    (西田)
  • ムセルスキー
     
25

リベロ:

山本

リベロ:

鶴田

16
  • 樋口
    (迫田)
  • バーノン
     
  • 出耒田
    (佐川)
  • 松本
     
  • 深津
     
  • 高野
    (小池)

2



  • (佐藤)
  • 柳田
     
  • 大宅
    (アライン)
  • ムセルスキー
     
  • 藤中
     
  • 小野
     
25

リベロ:

山本

リベロ:

鶴田

23
  • 樋口
    (小池)
  • バーノン
     
  • 出耒田
     
  • 松本
    (佐川)
  • 深津
     
  • 高野
     

3


  • 大宅
     

  • (佐藤)
  • 藤中
     
  • 柳田
     
  • 小野
    (西田)
  • ムセルスキー
     
25

リベロ:

山本

リベロ:

鶴田


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 本日もサントリーサンバーズに暖かなご声援ありがとうございました。
 首位の堺ブレイザーズとの試合ということで、選手たちはいつも以上に気持ちが入っていたように思います。お互いレギュラーラウンドを上位通過する為に重要な試合だったので、勝利することができ、チームに勢いを与える内容だったと思います。
 長いシーズンの中、様々な内容の試合がありますが、サントリーは高いクオリティを発揮できるよう、普段からPlay Hardしています。今後も一戦一戦成長していけるよう継続していきます。
 コロナの状況は好転しませんが、バレーボールで皆様に元気と明るい話題を提供できるように活動してまいります。
 引き続きサントリーを宜しくお願いいたします。

<要約レポート>

 現在1位の堺ブレイザーズが昨シーズン覇者のサントリーサンバーズをホームに迎え、今シーズン初顔合わせとなった1戦。
 第1セット序盤は両チームとも相手ブロックに的を絞らせない攻撃を展開する。堺は高野のサービスエースなど中盤の3連続得点で抜け出すも、サントリーがリベロ鶴田を中心とした好レシーブからムセルスキーにボールを繋いで終盤で逆転に成功し、そのままセットを先取する。
 第2セットはサントリーのサーブが火を噴き、柳田の3連続、ムセルスキーの2連続サービスエースで一気に突き放す。対する堺は迫田を途中起用して守備を強化し、バーノンの高さのあるスパイクで食らいつくも、サントリーの勢いは止まらずこのセットも連取する。
 後がない堺は第3セット、樋口の強烈なサーブで相手レシーブを崩し、センターからの速攻に繋げてリードする。サントリーはムセルスキーにボールを集めて追いつくと、終盤にはリリーフサーバーの西田がサービスエースを決める活躍を見せ、ゲーム序盤からの勢いを絶やす事なくストレートで勝利した。