試合会場レポート

試合番号215

開催日2022/02/05

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 東広島運動公園体育館

観客数:650 開始時間:14:00 終了時間:15:42 試合時間:1:42 主審:西中野 健 副審:弘中 秀治

JTサンダーズ広島

監督 原 秀治
コーチ 古田 博幸
   
通算 9 勝 12 敗
ポイント 30
3 26 第1セット
【0:26】
24 0
25 第2セット
【0:32】
22
25 第3セット
【0:31】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

堺ブレイザーズ

監督 千葉 進也
コーチ 長江 祥司
   
通算 16 勝 7 敗
ポイント 48

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 スタート時のブレイクチャンスを取れずに、リズムに乗り切れない展開になりましたが、選手の貪欲に1点を取る気持ちを持ち続けて戦ったことが勝利に繋がったと思います。
 ホームゲームで沢山のご声援に応えられた事を嬉しく思います。ありがとうございました。
 明日もチーム一丸となって戦います。
 ご声援よろしくお願いします。
 

26
  • エドガー
     
  • 小野寺
     
  • 坂下
     
  • 山本
     
  • 西
     
  • 金子
     

1


  • 松本
    (佐川)
  • 高野
     
  • バーノン
     
  • 深津
     
  • 樋口
     
  • 出耒田
    (小池)
24

リベロ:

唐川、井上(航)

リベロ:

山本

25
  • エドガー
     
  • 小野寺
     
  • 坂下
     
  • 山本
     
  • 西
    (熊倉)
  • 金子
    (合田)

2


  • 高野
    (迫田)
  • 深津
    (山口)
  • 松本
     
  • 出耒田
    (小池)
  • バーノン
     
  • 樋口
    (鵜野)
22

リベロ:

唐川、井上(航)

リベロ:

山本

25
  • エドガー
     
  • 小野寺
    (熊倉)
  • 坂下
     
  • 山本
     
  • 西
     
  • 金子
    (合田)

3


  • 迫田
     
  • 山口
     
  • 松本
     
  • 出耒田
    (小池)
  • バーノン
     
  • 鵜野
     
22

リベロ:

唐川、井上(航)

リベロ:

山本


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 今日は首位攻防における大切な1戦であり、万全の準備をして臨みました。
 しかし、JT広島の勢いに押され、逆点を許す展開となりました。
 途中出場の選手の活躍もあり善戦はしましたが、最後は押し切られる形となってしまいました。
 広島まで応援に来ていただいたサポーターの皆様、ありがとうございました。
 修正をして明日、取り返します。
 明日も応援よろしくお願いします。

<要約レポート>

 第1セット、序盤に堺ブレイザーズの出耒田・バーノンがアタックとブロックを決めてリードする。JTサンダーズ広島もエドガーの強烈なアタックで必死に粘りをみせて中盤に追いつき、ここから堺は、バーノンにボールを集めたが、JT広島もエドガーのアタックで応戦し、終盤まで一進一退の攻防を繰り広げた。最後に、JT広島エドガーが強烈なアタックを決めて先取した。
 第2セット、第1セットの勢いのままJT広島が、エドガー、坂下、山本のアタックなどで大きくリードを広げた。堺は、この大きく開いた点差を鵜野、迫田、バーノンのアタックと出耒田のブロックなどで終盤に追いつき、ここから一気に行く流れを掴んだかにみえた。しかし、JT広島・小野寺が3連続ブロックで突き離し連取した。
 第3セット、後がない堺は、鵜野、出耒田のアタックと松本がブロックを決めるのに対して、JT広島はエドガー、坂下、山本のアタックで終盤までサイドアウトを繰り返した。終盤に、JT広島の西がブロックを決めると、ここからエドガーのアタックと山本のブロックでリードを広げ、最後は坂下がサービスエースを決めてホームゲームを勝利で飾った。