試合会場レポート

試合番号220

開催日2022/02/06

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 東広島運動公園体育館

観客数:800 開始時間:13:00 終了時間:15:22 試合時間:2:22 主審:林 淳一 副審:弘中 秀治

JTサンダーズ広島

監督 原 秀治
コーチ 古田 博幸
   
通算 10 勝 12 敗
ポイント 32
3 23 第1セット
【0:28】
25 2
25 第2セット
【0:23】
15
25 第3セット
【0:23】
16
23 第4セット
【0:31】
25
15 第5セット
【0:18】
12

堺ブレイザーズ

監督 千葉 進也
コーチ 長江 祥司
   
通算 16 勝 8 敗
ポイント 49

ポイント

2

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

1

<監督コメント>

 東広島でのホームゲーム。応援に来ていただいた皆様に勝利をお見せできたこと感謝します。ありがとうございました。
 フルセットの大変厳しい戦いでしたが、選手1人1人が自分の役割を最後までやり抜いた結果だと思います。
 今後もハードな試合が続きますが、今日をきっかけにチームとして前進してまいります。
 今後もJTサンダーズ広島にご声援よろしくお願いします。

23
  • 西
     
  • 山本
     
  • 金子
    (合田)
  • エドガー
     
  • 坂下
     
  • 小野寺
     

1


  • 迫田
     
  • 深津
    (竹元)
  • 松本
    (小池)
  • 出耒田
    (山口)
  • バーノン
     
  • 高野
     
25

リベロ:

唐川、井上(航)

リベロ:

山本

25
  • 西
    (熊倉)
  • 山本
     
  • 金子
     
  • エドガー
     
  • 坂下
     
  • 小野寺
     

2


  • 松本
     
  • 迫田
     
  • バーノン
    (山口)
  • 深津
    (千々木)
  • 高野
    (樋口)
  • 出耒田
     
15

リベロ:

唐川、井上(航)

リベロ:

山本

25
  • 西
    (熊倉)
  • 山本
     
  • 金子
     
  • エドガー
     
  • 坂下
     
  • 小野寺
     

3


  • 松本
     
  • 迫田
    (鵜野)
  • バーノン
    (千々木)
  • 深津
    (山口)
  • 樋口
     
  • 出耒田
     
16

リベロ:

唐川、井上(航)

リベロ:

山本

23
  • 西
    (熊倉)
  • 山本
    (武智)
  • 金子
     
  • エドガー
     
  • 坂下
    (新井)
  • 小野寺
     

4


  • 鵜野
    (小池)
  • 山口
    (バーノン)
  • 松本
     
  • 出耒田
     
  • 千々木
    (深津)
  • 樋口
     
25

リベロ:

唐川、井上(航)

リベロ:

山本

15
  • 西
    (熊倉)
  • 山本
     
  • 金子
     
  • エドガー
     
  • 坂下
     
  • 小野寺
     

5


  • 鵜野
    (小池)
  • 山口
    (深津)
  • 松本
     
  • 出耒田
     
  • 千々木
    (バーノン)
  • 樋口
     
12

リベロ:

唐川、井上(航)

リベロ:

山本

<監督コメント>

 昨日の負けを受け、チームとして修正をして、総力戦で臨みました。
 相手のホームゲームということもあり、苦しい展開が続きました。
 途中交代の選手も含め全員が力を出し、戦いましたが一歩及びませんでした。
 本日も熱い応援、ありがとうございました。次の試合も引き続き応援よろしくお願いします。

<要約レポート>

 第1セット、JTサンダーズ広島のエドガーが迫力あるアタックとサーブを決めてリードするが、堺ブレイザーズも迫田、バーノンのアタックで応戦し、中盤に追いつき一進一退の攻防を繰り広げた。終盤に堺は出耒田、迫田がアタックを決めて混戦から抜け出すと、最後は松本が強烈なアタックを決めてセットを先取した。
 第2セット、JT広島は坂下、エドガー、山本のアタックなどでリードを大きく広げた。堺はバーノンにボールを集めて猛追するが、点差が大きくなかなか詰めることができない。堺は流れを変えようと山口、千々木を投入したが、JT広島はエドガー、小野寺がアタックを決め、さらに点差を広げてセットを奪い返した。
 第3セット、堺は樋口、バノーンの、JT広島はエドガー、坂下のアタックで序盤から互いに譲らない展開が続く。JT広島は金子のサービスエース、坂下のアタック、エドガーのブロックで抜け出すと、堺も松本、樋口のアタックで応戦し、長いラリーでバーノンが強烈なアタックを決めるなど会場を沸かせたが、JT広島はエドガー、坂下のアタックでさらに点差を広げ、最後は山本が強烈なアタックを決めてセットを連取した。
 第4セット、後がない堺は千々木をスタートから起用し、その千々木と樋口がアタックを決めて徐々に点差を広げる。JT広島はセッター金子が、エドガー、山本にボールを集めて中盤に追いつき、終盤まで一進一退の攻防となる。堺は出耒田のアタックでセットポイントを握ると、最後も出耒田がサービスエースを決め、勝負をフルセットに持ち込んだ。
 第5セット、JT広島はエドガーに、堺はバーノンにボールを集めてサイドアウトを繰り返す。JT広島は坂下のブロックで抜け出すと、最後はエドガーがアタックを決め、JT広島がこの2日間のホームゲームを2連勝で飾った。