試合会場レポート

試合番号296

開催日2021/10/16

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 笠岡総合体育館

観客数:560 開始時間:14:00 終了時間:16:26 試合時間:2:26 主審:冨田 博一 副審:本間 明

岡山シーガルズ

監督 河本 昭義
コーチ 吉田 啓佑
   
通算 0 勝 1 敗
ポイント 1
2 30 第1セット
【0:32】
28 3
24 第2セット
【0:34】
26
25 第3セット
【0:31】
23
13 第4セット
【0:22】
25
11 第5セット
【0:15】
15

埼玉上尾メディックス

監督 アントニオマルコス レルバッキ
コーチ 馬場 大拓
   
通算 1 勝 0 敗
ポイント 2

ポイント

1

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

2

<監督コメント>

 開幕でスタートは両チームとも緊張があったが、相手チームの方が平常心に戻る時間が早く、逃げきられる結果となった。
 第2セットのリード時にチャンスがあったが、相手のうまい攻めと粘りに翻弄され、こちらが攻めきれなかったことが負けの大きな原因である。
 明日は、初めての同カードの対戦になるが、今日の反省を生かし、勝利を目指したい。
 本日は温かいご声援ありがとうございました。
 明日もどうぞよろしくお願いします。

30
  • 及川
     
  • 金田
     
  • 宮下
    (遠藤)
  • 佐藤
    (宇賀神)
  • 吉岡
    (前田)
  • 川島
     

1


  • 山崎
     
  • 青柳
    (目黒)
  • 内瀬戸
     
  • 佐藤
     
  • サンティアゴ
    (岩澤)
  • 山口
     
28

リベロ:

楢崎

リベロ:

山岸

24
  • 前田
     
  • 佐藤
    (宇賀神)
  • 及川
     
  • 川島
     
  • 宮下
    (遠藤)
  • 金田
    (船田)

2


  • 青柳
     
  • 佐藤
     
  • 山崎
    (ロレンネ)
  • 山口
    (鎌田)
  • 内瀬戸
    (椎名)
  • サンティアゴ
    (岩澤)
26

リベロ:

楢崎

リベロ:

山岸

25
  • 及川
    (長瀬)
  • 金田
     
  • 宮下
    (高柳(有))
  • 佐藤
    (宇賀神)
  • 吉岡
    (前田)
  • 川島
     

3


  • 内瀬戸
     
  • 鎌田
    (山口)
  • サンティアゴ
     
  • 青柳
    (岩澤)
  • ロレンネ
    (山崎)
  • 佐藤
     
23

リベロ:

楢崎

リベロ:

山岸

13
  • 金田
    (高柳(有))
  • 佐藤
    (宇賀神)
  • 長瀬
     
  • 川島
    (田口)
  • 宮下
    (遠藤)
  • 吉岡
    (前田)

4


  • 山崎
     
  • 青柳
     
  • 内瀬戸
     
  • 佐藤
     
  • サンティアゴ
    (岩澤)
  • 山口
     
25

リベロ:

楢崎

リベロ:

山岸

11
  • 川島
     
  • 金田
     
  • 宮下
    (及川)
  • 佐藤
    (宇賀神)
  • 前田
    (吉岡)
  • 長瀬
     

5


  • 山崎
     
  • 青柳
    (岩澤)
  • 内瀬戸
     
  • 佐藤
     
  • サンティアゴ
     
  • 山口
     
15

リベロ:

楢崎

リベロ:

山岸

<監督コメント>

 大会関係者の皆様のご尽力もあり、アウェイではありますが、多くのバレーボールファンの前で開幕を迎えられたことを非常に嬉しく思います。
 試合内容としては、タフな試合を想定していましたが、前半は予想以上にオフェンスが機能せず、難しい時間帯を長く過ごしてしまいました。
 第4セット以降は、オフェンス、ディフェンス共に機能して、終始ゲームをコントロールして勝利を収めることができました。
 明日もアグレッシブに戦います。応援よろしくお願いします。

<要約レポート>

 ホームでの開幕戦を勝利で飾りたい岡山シーガルズと埼玉上尾メディックスの一戦。
 第1セット、立ち上がりは岡山は金田のアタックや及川のブロックなどでリードを奪う。対する埼玉上尾もサンティアゴや佐藤のアタックなどで反撃する。中盤以降もお互いのチームが持ち味を発揮しデュースとなるが、岡山は及川のブロックが決まりセットを先取する。
 第2セット、このセットも序盤から一進一退の攻防が続く。中盤、岡山は金田のアタックなどで抜けだしにかかるが、埼玉上尾は佐藤のアタックなどで逆転する。粘る岡山も金田のアタックや川島のブロックなどで反撃しデュースとなるが、最後は埼玉上尾が振り切りこのセットを奪い返す。
 第3セット、岡山は金田や佐藤、埼玉上尾は佐藤や内瀬戸を中心に得点を重ね、このセットも互角の展開となる。終盤までこの展開が続くが、岡山は金田や吉岡が得点し、このセットを奪った。
 第4セット、後のない埼玉上尾は佐藤や内瀬戸を中心に得点を重ね、リードを奪う。何とか反撃したい岡山だったが、埼玉上尾の勢いを止めることが出来ず、終始リードを奪った埼玉上尾がこのセットを奪い、試合はフルセットとなった。
 勝負の第5セット、序盤から白熱した展開となるが、中盤に埼玉上尾は山口や佐藤が得点を重ねリードを奪う。終盤、岡山も金田のアタックを中心に反撃するが埼玉上尾が逃げ切り、大熱戦の開幕戦に勝利した。