試合会場レポート

試合番号305

開催日2021/10/23

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 黒部市総合体育センター

観客数:1100 開始時間:12:06 終了時間:13:39 試合時間:1:33 主審:森口 豊 副審:岡田 崇

KUROBEアクアフェアリーズ

監督 丸山 貴也
コーチ 宮脇 裕史
   
通算 0 勝 3 敗
ポイント 0
0 18 第1セット
【0:24】
25 3
15 第2セット
【0:24】
25
25 第3セット
【0:32】
27
第4セット
【】
第5セット
【】

岡山シーガルズ

監督 河本 昭義
コーチ 吉田 啓佑
   
通算 1 勝 2 敗
ポイント 4

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 ホーム開幕戦、岡山シーガルズを迎えてのゲームでした。第1、第2セットは、サイドアウトを取られるものの、なかなかブレイクポイントが奪えず、一方的な展開となってしまいました。
 第3セット、セッター菊池とミドル戸部のコンビでリズムを掴み、デュースまでもつれ込みましたが、最後は岡山の宮下選手、金田選手の攻撃を防ぎ切れずに敗戦となりました。
 明日のゲームでは、しっかり対策を取り、初勝利ができるようチーム一丸となって頑張ります。今後ともご声援よろしくお願いいたします。

18
  • 道下
    (鈴木)
  • 舛田
     
  • 菊池
     
  • 浮島
    (コクラム)
  • 小杉
     
  • 島田
     

1


  • 川島
    (船田)
  • 吉岡
     
  • 佐藤
     
  • 宮下
     
  • 金田
     
  • 及川
    (長瀬)
25

リベロ:

立石

リベロ:

楢崎

15
  • 道下
     
  • 舛田
    (金杉)
  • 菊池
    (小西)
  • コクラム
     
  • 小杉
     
  • 島田
     

2


  • 吉岡
     
  • 宮下
    (遠藤)
  • 川島
    (付)
  • 及川
     
  • 佐藤
    (宇賀神)
  • 金田
    (中本)
25

リベロ:

立石

リベロ:

楢崎

25
  • 道下
    (鈴木)
  • 舛田
     
  • 菊池
    (浮島)
  • コクラム
    (星加)
  • 小杉
     
  • 戸部
     

3


  • 川島
    (付)
  • 吉岡
    (高柳(有))
  • 佐藤
    (宇賀神)
  • 宮下
    (遠藤)
  • 金田
     
  • 及川
     
27

リベロ:

立石

リベロ:

楢崎


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 黒部市は、クラブチームとしてのスタート時に活動場所としてお世話になった地なので、勝利したい思いが強くありました。
 第3セット、やや気を抜く場面がありましたが、チームの中心である宮下、金田両選手がチームを立て直し、最後流れを呼び寄せてくれました。
 特に開幕での反省として、競った時のイージーミスが勝利を逃がした原因として挙げられていたので、修正できたように思います。明日は改めて気を引き締め、連勝を目指したいです。
 本日は、皆様の温かい応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 先週のリーグ開幕2連戦では連敗を喫した両チーム。ともに初勝利を挙げ調子を上げたい岡山シーガルズとKUROBEアクアフェアリーズとの対戦。会場に大勢のファンが駆け付けたKUROBEのホームゲーム。
 第1セット、4‐3から岡山が及川の2本のサービスエースなどで4連続得点しリードすると、その後も川島、金田がスパイクを決めリードを広げる。終盤にはKUROBEも舛田のスパイクで応戦するも追い付かず、このセット岡山が大差で先取した。
 第2セット、立ち上がりから岡山が吉岡、佐藤のスパイクなどで連続得点を重ね8‐3とし流れを掴む。その後も、川島、金田、佐藤が次々とスパイクを決める。終盤にはメンバーを大きく入れ替えるなどもあったが、第1セット同様に、岡山が大差でセットを連取した。
 第3セット、これまでのセットと一転、接戦となる。KUROBEが6‐6から舛田のスパイクなどで4連続得点し、このゲーム初めて岡山からリードをし、3点差で中盤まで進む。岡山が14‐17からエース金田が4連続得点し一気に逆転するも、KUROBEも小杉のスパイクなどで応戦し、このセット、デュースとなる。しかし、ここからも岡山の金田が強烈なスパイクを3本決めて、このセットを取り勝利した。