試合会場レポート

試合番号319

開催日2021/10/30

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   V・レギュラーラウンド

会場 : ヴィクトリーナ・ウインク体育館

観客数:962 開始時間:13:00 終了時間:15:14 試合時間:2:14 主審:冨田 博一 副審:西山 尚幸

ヴィクトリーナ姫路

監督 中谷 宏大
コーチ 高橋 駿
   
通算 1 勝 4 敗
ポイント 3
1 19 第1セット
【0:29】
25 3
19 第2セット
【0:28】
25
25 第3セット
【0:25】
23
25 第4セット
【0:36】
27
第5セット
【】

NECレッドロケッツ

監督 金子 隆行
コーチ 井上 裕介
   
通算 4 勝 1 敗
ポイント 11

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 素晴らしい雰囲気の中で、ホームゲームを戦えたことを大変嬉しく思います。
 直接の失点が多く、なかなか先攻する展開が作れませんでしたが、第3、第4セットはサーブで攻め、ディフェンスで粘り、アタックを決めていくという、我々の強みを出すことができたと思います。
 あともう一歩を取り切るために、選手それぞれがもう少し精度高くプレーしていくことが必要なので、明日は今日よりも更に1点にこだわりながらゲームをしていきたいと思います。
 明日も是非皆様の応援でチームを後押ししてください。
 皆様がワクワクしていただけるプレーをできるように頑張ります。

19
  • 佐々木
     
  • プラク
     
  • 櫻井
     
  • 田中
     
  • 孫田
    (渡邉)
  • 宮地
    (堀込)

1


  • 山田
     
  • 古賀
     
  • 山内
    (澤田)
  • 塚田
    (柳田)
  • ウィルハイト
     
  • 野嶋
     
25

リベロ:

花井

リベロ:

小島、井上

19
  • 宮地
     
  • プラク
     
  • 櫻井
     
  • 田中
    (孫田)
  • 渡邉
     
  • 佐々木
     

2


  • 山田
     
  • 古賀
     
  • 山内
    (澤田)
  • 塚田
    (柳田)
  • ウィルハイト
     
  • 野嶋
     
25

リベロ:

花井

リベロ:

小島、井上

25
  • 宮地
    (金田)
  • プラク
     
  • 櫻井
    (堀込)
  • 田中
    (孫田)
  • 渡邉
     
  • 佐々木
     

3


  • 山田
     
  • 古賀
     
  • 山内
    (澤田)
  • 塚田
    (柳田)
  • ウィルハイト
     
  • 野嶋
     
23

リベロ:

花井

リベロ:

小島、井上

25
  • 宮地
    (金田)
  • プラク
     
  • 櫻井
    (田中)
  • 孫田
    (堀込)
  • 渡邉
     
  • 佐々木
     

4


  • 野嶋
     
  • 古賀
     
  • 山内
    (廣瀬)
  • 塚田
    (澤田)
  • ウィルハイト
     
  • 山田
     
27

リベロ:

花井

リベロ:

小島、井上


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 本日も応援ありがとうございました。私たちにとって今シーズン初めてのアウェーゲームでしたが、改めてアウェーの難しさ、苦しさを痛感するような試合でした。その中でも勝ち切ることができたのは、長いシーズンを戦っていく上で非常に良い経験となったと思います。
 試合を通してサーブが効果的に打てていたため、ハイセットのケースを多く作ることができました。しかし、ハイセットに対して私たちのブロックディフェンスが崩れてしまったので、修正して明日の試合に臨みたいと思います。
 アウェーでの戦いとなりますが、たくさんの応援を明日もよろしくお願いします。

<要約レポート>

 ヴィクトリーナ姫路は今季初のホームゲームでNECレッドロケッツを迎えた。
 第1セット、姫路はプラクの強烈なアタック、NECはウィルハイト、山内の活躍で両者譲らない。中盤に入りNECは古賀のサービスエースやウィルハイトのブロックでリードし、最後は野嶋のアタックが決まりNECがセットを先取した。
 第2セット、姫路は地元ファンの応援を背に渡邉のバックアタックや田中のサービスエースで先行するが、NECはすぐに追いつく。後半に入り、NECは山田のブロックで流れを掴み3連続得点し、粘る姫路を振り切った。
 第3セット、NECはウィルハイトが随所でアタックが決めてリードする。意地を見せたい姫路はプラクにボールを集めて土壇場で追いつき、最後は渡邉のフェイントが決まり、このセットを逆転でものにした。
 第4セット、勢いに乗る姫路は孫田、宮地のアタックで、NECも山内のブロックや野嶋のサービスエースで会場を沸かせる。デュースまで縺れ込んだこのセット、最後はNEC廣瀬のアタックが決まり、4勝目を挙げた。