試合会場レポート

試合番号356

開催日2021/11/27

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   V・レギュラーラウンド

会場 : ジップアリーナ岡山

観客数:860 開始時間:14:00 終了時間:16:04 試合時間:2:04 主審:北村 友香 副審:弘中 秀治

岡山シーガルズ

監督 河本 昭義
コーチ 吉田 啓佑
   
通算 2 勝 9 敗
ポイント 8
1 26 第1セット
【0:31】
24 3
22 第2セット
【0:28】
25
20 第3セット
【0:26】
25
23 第4セット
【0:30】
25
第5セット
【】

日立Astemoリヴァーレ

監督 多治見 麻子
コーチ 達川 和彦
   
通算 5 勝 6 敗
ポイント 15

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 第2、第4セットのようなセットをとりきるためにも、ラリーでのディフェンス、オフェンスの精度をレベルアップさせることが急務である。勝利するチャンスはあったが、今一歩、全体の貪欲さが足りなかった。
 気持ちを切り替え、明日に臨みたいと思います。
 本日はたくさんの温かい応援、ありがとうございました。

26
  • 金田
     
  • 佐藤
    (宮下)
  • 長瀬
     
  • 川島
     
  • 小野寺
    (遠藤)
  • 吉岡
    (高柳(有))

1


  • 上坂
     
  • 雑賀
     
  • 渡邊
     
  • タップ
     
  • 長内
     
  • 室岡
     
24

リベロ:

楢崎

リベロ:

齋藤

22
  • 長瀬
    (船田)
  • 金田
     
  • 小野寺
    (遠藤)
  • 佐藤
    (宮下)
  • 高柳(有)
     
  • 川島
    (田口)

2


  • 上坂
     
  • 雑賀
    (境)
  • 渡邊
     
  • タップ
     
  • 長内
    (野中)
  • 室岡
     
25

リベロ:

楢崎

リベロ:

齋藤

20
  • 吉岡
    (金田)
  • 佐藤
    (宮下)
  • 及川
     
  • 長瀬
     
  • 小野寺
    (遠藤)
  • 高柳(有)
     

3


  • 上坂
     

  •  
  • 渡邊
     
  • タップ
     
  • 長内
     
  • 室岡
     
25

リベロ:

楢崎

リベロ:

齋藤

23
  • 高柳(有)
    (城戸)
  • 佐藤
    (宮下)
  • 及川
     
  • 長瀬
     
  • 小野寺
    (田口)
  • 金田
    (船田)

4


  • 上坂
     

  •  
  • 渡邊
     
  • タップ
     
  • 長内
     
  • 室岡
     
25

リベロ:

楢崎

リベロ:

齋藤


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 アウェイの中、本日も会場に足を運び応援してくださった方々、画面越しにご声援を送ってくださった方々ありがとうございました。
 試合が1週空いた期間でポジションごと課題を持ち、妥協せず1つ1つ徹底し練習に取り組みました。練習の成果も発揮し、勝利することができました。
 明日も大事な戦いになるので、相手に対応し、1つでもラリーを制して勝利できるよう精一杯頑張ります。
 明日もご声援よろしくお願いいたします。

<要約レポート>

 ホームで連敗脱出を狙う岡山シーガルズと日立Astemoリヴァーレの一戦。
 第1セット、日立Astemoは渡邊や長内の得点でリードするが、岡山も小野寺のトスから多彩な攻撃で、互角の展開となる。中盤、日立Astemoは上坂の連続サービスエースでリードするが、岡山も佐藤や金田の得点で一進一退の攻防が続く。終盤、日立Astemoが室岡のサービスエースから一歩抜け出すが、岡山も高柳(有)の活躍などで反撃し、最後は岡山が佐藤の連続得点でセットを先取した。
 第2セット序盤、岡山が金田・長瀬・川島の得点でリードする。中盤、日立Astemoも上坂・長内・室岡の得点で反撃し、譲らない展開となる。終盤、日立Astemoは上坂・長内の得点で抜け出す。岡山も金田や佐藤の得点で反撃するが、日立Astemoがリードを守り切り、このセットを奪った。
 第3セット、日立Astemoは渡邊やタップのブロックなどでリードを奪う。岡山も佐藤の活躍で追い上げるが、日立Astemoはサーブで相手の守備を崩し、リードを広げる。勢いに乗った日立Astemoは中盤以降も得点を重ね、このセットも連取した。
 第4セット、岡山は長瀬の3連続ブロックでリードを奪う。対する日立Astemoも渡邊や長内のブロックなどで反撃し、互角の展開となる。中盤、両チーム粘り強いレシーブから好ラリーが続き得点を重ねる。終盤、岡山は長瀬のブロックなどで抜け出しにかかるが、日立Astemoも上坂のアタックなどで逆転しこのセットも奪い、3-1で勝利した。