試合会場レポート

試合番号362

開催日2021/11/28

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   V・レギュラーラウンド

会場 : ジップアリーナ岡山

観客数:1150 開始時間:13:05 終了時間:14:35 試合時間:1:30 主審:國頭 亮太 副審:弘中 秀治

岡山シーガルズ

監督 河本 昭義
コーチ 吉田 啓佑
   
通算 3 勝 9 敗
ポイント 11
3 28 第1セット
【0:32】
26 0
25 第2セット
【0:22】
20
25 第3セット
【0:30】
18
第4セット
【】
第5セット
【】

日立Astemoリヴァーレ

監督 多治見 麻子
コーチ 達川 和彦
   
通算 5 勝 7 敗
ポイント 15

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 年内最後のホームゲームで皆様の思いを胸に、一人一人がラリーの中で、気持ちが前面に出て、いい形の結束力ができていたように思う。
 これから更に結束力の質を高めるとともに技術的な精度を高め、白星を増やしていきたい。
 二日間に渡り、強い思いの込められた応援に後押ししていただきました。ありがとうございました。

28
  • 金田
     
  • 佐藤
    (小野寺)
  • 長瀬
     
  • 川島
     
  • 宮下
    (及川)
  • 高柳(有)
    (吉岡)

1


  • 上坂
     
  • 雑賀
     
  • 渡邊
     
  • タップ
     
  • 長内
     
  • 室岡
     
26

リベロ:

楢崎、船田

リベロ:

齋藤、小池

25
  • 金田
     
  • 佐藤
    (小野寺)
  • 長瀬
     
  • 川島
    (及川)
  • 宮下
    (遠藤)
  • 高柳(有)
     

2


  • 上坂
     
  • 雑賀
    (境)
  • 渡邊
     
  • タップ
     
  • 長内
     
  • 室岡
    (野中)
20

リベロ:

楢崎、船田

リベロ:

齋藤、小池

25
  • 金田
     
  • 佐藤
    (小野寺)
  • 長瀬
     
  • 及川
     
  • 宮下
    (遠藤)
  • 高柳(有)
     

3


  • 上坂
     

  • (雑賀)
  • 渡邊
     
  • タップ
     
  • 野中
    (室岡)
  • 長内
     
18

リベロ:

楢崎、船田

リベロ:

齋藤、小池


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 本日もご声援ありがとうございました。
 昨日の試合の反省をふまえもう一度ミーティングで確認し臨んだ今日の試合でしたが、ちょっとしたミスや雑なプレーから流れを逃し、ストレートで敗戦してしまいました。
 この結果を受け止め、一人一人やるべき事や役割を見直し、来週に備えたいと思います。
 来週はホームゲームであり、年内最後のリーグ戦となります。今日のような消極的なプレーは無くし「攻め」の気持ちで強気なプレーをお見せできるよう頑張りますので、引き続きご声援をよろしくお願いします。

<要約レポート>

 今シーズンのホームゲームでの初勝利を目指す岡山シーガルズと日立Astemoリヴァーレの一戦。
 第1セット、立ち上がりからお互い好ラリーが続く。中盤、日立Astemoは上坂、岡山は高柳(有)、佐藤を中心に攻撃し一進一退の展開となる。両チームとも多彩な攻撃を展開し終盤まで競り合いデュースとなるが、持ち味の粘りを発揮した岡山がセットを先取した。
 第2セット、勢いに乗った岡山が宮下のブロックや佐藤のサービスエースなどでリードを奪う。中盤、日立Astemoも上坂のアタックや渡邊のブロックなどで反撃しこのセットも競り合いとなるが、岡山は及川のブロックや金田のアタックから流れを掴みこのセットも連取した。
 第3セット、このセットもお互い粘り強いレシーブから好ラリーを繰り広げ競り合いとなる。中盤、岡山が及川や高柳(有)のアタックなどでリードを奪うが、日立Astemoも長内のアタックなどで反撃する。終盤、岡山は金田の連続得点などでリードを広げこのセットも奪い、岡山が地元の大声援の前でホームでの今シーズン初勝利を飾った。