試合会場レポート

試合番号372

開催日2021/12/05

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 黒部市総合体育センター

観客数:1100 開始時間:15:05 終了時間:17:12 試合時間:2:07 主審:佐々木 伸子 副審:沢田 元

JTマーヴェラス

監督 吉原 知子
コーチ 丹山 禎昭
   
通算 13 勝 1 敗
ポイント 39
3 25 第1セット
【0:26】
21 1
27 第2セット
【0:36】
29
25 第3セット
【0:28】
20
25 第4セット
【0:28】
20
第5セット
【】

岡山シーガルズ

監督 河本 昭義
コーチ 吉田 啓佑
   
通算 3 勝 11 敗
ポイント 11

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 黒部大会2日目。岡山シーガルズのオフェンスに対して、どの様に対策していくかが、ゲームの鍵となる。相手よりもミスが多くなり、追う展開となった。サーブの良し悪しにより、強いチームにも弱いチームにもなるのが現状である。今年最後のリーグ戦を勝利することができた。
 2021年は、私たちにとって学ぶことが多い一年でした。2022年からのリーグ戦では、さらに機動力とチームワークで勝利を掴み取って行きます。応援ありがとうございました。

25
  • タットダオ
     

  •  
  • 籾井
    (橘井)
  • ドルーズ
    (柴田)
  • 田中
     
  • 芥川
    (目黒)

1


  • 川島
     
  • 高柳(有)
     
  • 佐藤
    (小野寺)
  • 宮下
    (及川)
  • 金田
     
  • 長瀬
     
21

リベロ:

小幡

リベロ:

楢崎、船田

27

  •  
  • ドルーズ
    (柴田)
  • タットダオ
    (目黒)
  • 芥川
     
  • 籾井
    (橘井)
  • 田中
     

2


  • 及川
     
  • 高柳(有)
    (前田)
  • 佐藤
    (宮下)
  • 小野寺
    (遠藤)
  • 金田
    (吉岡)
  • 長瀬
    (田口)
29

リベロ:

小幡

リベロ:

楢崎、船田

25
  • タットダオ
     

  •  
  • 籾井
    (橘井)
  • ドルーズ
    (柴田)
  • 田中
    (西川)
  • 芥川
     

3


  • 田口
    (長瀬)
  • 高柳(有)
    (前田)
  • 佐藤
     
  • 小野寺
    (宮下)
  • 吉岡
    (金田)
  • 及川
     
20

リベロ:

小幡

リベロ:

楢崎、船田

25

  •  
  • ドルーズ
    (柴田)
  • タットダオ
     
  • 芥川
    (高橋)
  • 籾井
    (和田)
  • 西川
     

4


  • 高柳(有)
     
  • 小野寺
    (佐藤)
  • 田口
     
  • 及川
     
  • 遠藤
    (宮下)
  • 吉岡
    (金田)
20

リベロ:

小幡

リベロ:

楢崎、船田


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 先週のホームゲームより若手選手が試合に慣れ、いい形の結束力が出てきた。第3セットの5点リードの場面で、今の課題である1点を取り切る強い意志力をアップしていくことが必要である。来年のリーグに向け、さらに結束力を高め皆様に思いを伝えられるチームを目指していきます。
 2日間に渡り、寒い中ありがとうございました。

<要約レポート>

 第1セット序盤、JTマーヴェラスが田中やドルーズのスパイクなどで8-4とするも、すかさず岡山シーガルズの高柳(有)が3連続スパイクを決めて1点差とする。中盤までJTが先行し、岡山が2点差内で追う展開となる。JTが19-18からドルーズのスパイク、サービスエースで3連続得点して突き放し、先取した。
 第2セット、岡山は先発セッターを宮下から小野寺に代えて挑む。このセット、終盤まで1点差を争う接戦となる。JTが21-21からドルーズが2連続スパイクで2点差を付け、先にセットポイントを握るも、岡山が高柳(有)のスパイクに、JTの連続ミスもあり、25-24と逆転する。デュースを繰り返す中、岡山がこのセットを取り切った。
 第3セット、前セットの流れを生かし岡山に勢いがあるように見られた。12-12から粘りの守りから高柳(有)のスパイクなどで4連続得点し、JTを突き放して19-14とリードする。しかし、ここからJTがドルーズ、西川のスパイクなどで怒涛の10連続得点で一気に逆転、セットポイントを握る。岡山はこの間タイムアウト、メンバーチェンジを繰り返すもJTの流れを止められなかった。JTがセットを奪い返した。
 第4セット、序盤からJTの西川が得点を重ね、中盤までに6得点し13-7とJTがリードする。岡山も及川、高柳(有)のスパイクなどで3点差まで追いすがるも、最後はJTの林が2連続でスパイクを決めてこの試合に勝利した。JTが年内のリーグ戦を首位で折り返した。