ssh websocket sshaxor ssh ssh premium ssh sshaxor sshaxor vmess ssh ws create ssh server ssh ssh server ssh gratis Rest Api

試合会場レポート

試合番号364

開催日2021/12/04

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   V・レギュラーラウンド

会場 : とどろきアリーナ

観客数:1770 開始時刻:13:00 終了時刻:14:33 試合時間:1:33 主審:渡部 菜保子 副審:増岡 三佳子

NECレッドロケッツ

監督 金子 隆行
コーチ 井上 裕介
   
通算 10 勝 3 敗
ポイント 28
0 21 第1セット
【0:25】
25 3
22 第2セット
【0:27】
25
22 第3セット
【0:28】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

PFUブルーキャッツ石川かほく

監督 坂本 将康
コーチ 舟越 悠二
   
通算 8 勝 5 敗
ポイント 22

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 ホームゲームに足を運んでいただき、また、V.TVとSNSで応援していただきありがとうございました。勝利することはできませんでしたが、どんなに劣勢の時も応援が背中を押していただきとても力になりました。ありがとうございました。
 ゲームを通してサーブや3本目の精度が上がらず、常に追う展開となる苦しいゲームとなってしまいました。
 見つかった課題をひとつでも多く修正し、今日の悔しさを明日にぶつけたいと思います。
 明日も熱い応援よろしくお願いします。

21
  • 野嶋
     
  • ウィルハイト
    (古谷)
  • 澤田
    (山内)
  • 柳田
    (塚田)
  • 曽我
     
  • 山田
     

1


  • 綿引
     
  • 志摩
     
  • バルデス
     
  • 田原
    (有田)
  • 鍋谷
     
  • ジャン
     
25

リベロ:

小島、井上

リベロ:

森田

22
  • 野嶋
     
  • 曽我
     
  • 澤田
    (山内)
  • 柳田
    (塚田)
  • 古谷
    (古賀)
  • 山田
     

2


  • 綿引
     
  • 志摩
     
  • バルデス
    (山下)
  • 田原
    (渡邊)
  • 鍋谷
     
  • ジャン
     
25

リベロ:

小島、井上

リベロ:

森田

22
  • 野嶋
     
  • 古賀
     
  • 澤田
    (山内)
  • 柳田
    (塚田)
  • ウィルハイト
     
  • 山田
     

3


  • 綿引
    (堀口)
  • 志摩
     
  • バルデス
    (山下)
  • 田原
    (渡邊)
  • 鍋谷
     
  • ジャン
     
25

リベロ:

小島、井上

リベロ:

森田


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 まずは、このような素晴らしい環境で試合をさせていただいたことについて、NECの皆様に感謝します。
 現在リーグ2位のNECを相手にどれだけ戦えるか始まる前から楽しみにしていました。
 結果として勝利できたことはとても喜ばしいことではありますが、選手一丸となって試合に挑めたことが良かったです。
 本日もたくさんの応援をいただきありがとうございました。

<要約レポート>

 NECレッドロケッツがPFUブルーキャッツをホームに迎えての対戦。
 第1セット序盤、NECは柳田、PFUはバルデスがスパイクを決め、競った展開になるも、中盤からPFUは鍋谷のサービスエース、志摩のブロックが飛び出し、流れをつかむ。NECも粘りのバレーを見せるが、最後はPFUが振り切ってセットを取った。
 第2セット、NECは山田、曽我のスパイクが決まりリードするが、PFUもジャン、バルデスが要所で確実にスパイク決め、ジリジリと差を詰めて逆転。NECは古賀を投入し、流れを戻そうとしたが再逆転するには至らず、PFUがセットを連取した。
 第3セット、NECは野嶋がブロック、スパイクを次々と決め、一時は完全に抜け出したが、PFUはバルデス、ジャン、鍋谷がアタックの決定力を見せて逆転。そのままPFUがセットを取り、ストレートで勝利した。