試合会場レポート

試合番号399

開催日2022/01/29

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 大田区総合体育館

観客数:930 開始時間:17:05 終了時間:18:45 試合時間:1:40 主審:明井 寿枝 副審:津島 由香

NECレッドロケッツ

監督 金子 隆行
コーチ 井上 裕介
   
通算 11 勝 4 敗
ポイント 31
0 19 第1セット
【0:26】
25 3
24 第2セット
【0:32】
26
19 第3セット
【0:29】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

トヨタ車体クインシーズ

監督 印東 玄弥
コーチ 今村 駿
   
通算 2 勝 17 敗
ポイント 7

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 まず改めて試合を実施することができたことを大変嬉しく思います。医療従事者、保健所の皆様をはじめとした活動再開に向けてサポートしていただいた全ての皆様に感謝を申し上げます。また、このような感染状況の中、大会を運営していただいているスタッフの皆様、対戦したトヨタ車体、そして会場に足を運んでいただいたクルーの皆さんにも感謝の気持ちを伝えたいと思います。
 試合を通して相手のサーブに苦しみ、サイドアウトのリズムを作ることができない時間が多くなってしまいました。この負けからさらに学び、明日の試合でより良いバレーができるようにしていきたいと思います。
 本日は応援ありがとうございました。

19
  • 島村
     
  • ウィルハイト
     
  • 塚田
    (山内)
  • 曽我
    (澤田)
  • 古賀
     
  • 山田
     

1


  • 杉原
     
  • ケルシー
     
  • 大川
     
  • 山上
     
  • 鴫原
     
  • ハッタヤ
    (周田)
25

リベロ:

小島

リベロ:

山形、村永

24
  • 島村
     
  • ウィルハイト
     
  • 塚田
    (山内)
  • 曽我
    (澤田)
  • 古賀
     
  • 山田
     

2


  • 大川
     
  • 杉原
     
  • 鴫原
    (藪田)
  • ケルシー
     
  • ハッタヤ
     
  • 山上
     
26

リベロ:

小島

リベロ:

山形、村永

19
  • 島村
     
  • ウィルハイト
    (廣瀬)
  • 澤田
     
  • 山内
     
  • 古賀
     
  • 山田
    (川上)

3


  • 杉原
     
  • ケルシー
     
  • 大川
    (加地)
  • 山上
    (藪田)
  • 鴫原
     
  • ハッタヤ
     
25

リベロ:

小島

リベロ:

山形、村永


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 コロナの感染が拡大している中でも、このように多くの方々のご尽力で無事試合を開催していただいたこと、そして来場して下さった観客の皆様、ストリーミングでの観戦にもお礼申し上げます。
 NECのホームの演出は豪華で工夫が凝らされ素晴らしかったです。チームとしてはサーブで攻め抜いた点、ディフェンスとブロックで守り切った点、各自が徹底して最後まで気を抜かず戦えた点が良かったです。一本目のパスや繋ぎを焦らないで処理することを徹底し、明日も挑戦します。どうか応援よろしくお願いします。

<要約レポート>

 今年に入り初のホームゲームになるNECレッドロケッツと、先週待望の一勝を上げたトヨタ車体クインシーズの戦い。
 第1セット、序盤から中盤にかけて常にリードし、主導権を握ったのはトヨタ車体であった。NECもセッターを澤田に代え流れを変えようとしたが、波に乗るトヨタ車体は最後、山上のフェイントが決まり、このセットを取った。
 第2セット、序盤NECが主導権を握るかにみえたが、その後トヨタ車体ケルシーの活躍で追いつかれ一進一退となる。しかし、中盤トヨタ車体ケルシーのバックアタック、ハッタヤのブロックが決まり、NECを突き放した。終盤にNECが追いつが、デュースから最後トヨタ車体ケルシーのアタックが決まり、このセットも取った。
 第3セット、後のないNECは司令塔を澤田に代えスタートした。しかし、波に乗るトヨタ車体は、ジリジリとリードを奪った。それに対しNECはウィルハイトに代え廣瀬を起用し逆点に成功した。終盤トヨタ車体・杉原のブロック、サービスエースなどでリードを広げ、最後はケルシーのアタックが決まり、勝利を収めた。