試合会場レポート

試合番号719

開催日2021/11/06

2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN   V・レギュラーラウンド

会場 : サーラグリーンアリーナ

観客数:481 開始時間:15:00 終了時間:16:50 試合時間:1:50 主審:糟谷 武彦 副審:佐藤 拓男

ブレス浜松

監督 濱田 義弘
コーチ 元場 貴哉
   
通算 1 勝 2 敗
ポイント 2
1 25 第1セット
【0:27】
23 3
13 第2セット
【0:21】
25
22 第3セット
【0:28】
25
19 第4セット
【0:25】
25
第5セット
【】

プレステージ・インターナショナルアランマーレ

監督 北原 勉
コーチ 前田 和哉
   
通算 3 勝 0 敗
ポイント 9

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 たくさんのご声援ありがとうございました。
 今シーズン初のホームゲームでしたが、悔しい敗戦となりました。
 第2セット以降、序盤の点差を追い上げられなかったこと、大事なところでミスが出てしまったこと、明日に向けて修正し、ルートイン戦で攻めるバレーボールができるようにしたいと思います。
 応援してくださる皆様と一緒に浜松で勝利を掴みたいと思います。明日もたくさんのご声援をよろしくお願いいたします。

25
  • 山本
    (中道)
  • 中野(祐)
     
  • 浅野
     
  • 藤原
     
  • 島原
     
  • 水上
     

1


  • 木村
    (前田)
  • 投野
    (宮本)
  • 伊藤
     
  • 菅原
     
  • メソマチ
    (石盛)
  • 原田
     
23

リベロ:

松川

リベロ:

溝口

13
  • 浅野
     
  • 山本
    (中道)
  • 島原
     
  • 中野(祐)
    (小川)
  • 水上
     
  • 藤原
     

2


  • 木村
    (前田)
  • 投野
    (宮本)
  • 伊藤
     
  • 菅原
    (草島)
  • メソマチ
    (石盛)
  • 原田
     
25

リベロ:

松川

リベロ:

溝口

22
  • 山本
    (中道)
  • 中野(祐)
     
  • 浅野
     
  • 藤原
     
  • 島原
     
  • 水上
     

3


  • 木村
    (前田)
  • 投野
    (宮本)
  • 伊藤
     
  • 菅原
     
  • メソマチ
    (石盛)
  • 原田
     
25

リベロ:

松川

リベロ:

溝口

19
  • 浅野
     
  • 山本
    (中道)
  • 島原
     
  • 中野(祐)
     
  • 水上
     
  • 藤原
    (小川)

4


  • 前田
     
  • 投野
    (宮本)
  • 伊藤
     
  • 菅原
     
  • メソマチ
    (石盛)
  • 原田
     
25

リベロ:

松川

リベロ:

溝口


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 アウェイでの1戦となりました。第1セット、アウェイの独特の雰囲気に飲み込まれ、なかなか自分たちのリズムが作れずセットを取られてしまいました。第2セット以降は、やるべきこと、目の前の1点1点に集中して得点を重ねることができました。これまでやってきたブロックやサーブが随所に現れ、いい展開のゲーム運びができました。
 次戦は来週になりますが、全員バレーで1戦1戦、戦っていきます。応援よろしくお願いします。

<要約レポート>

 今シーズン初のホームゲームで勝利を掴みたいブレス浜松と、現在首位を走り、勢いに乗るプレステージ・インターナショナルアランマーレの対決。
 第1セット、自分たちのリズムを作ることができず序盤苦戦する浜松だったが、中道の鋭いサーブから流れを引き寄せる。その後も浜松の中野、水上から繰り出される力強いスパイクで猛攻し、アランマーレの堅い守備に苦しめられながらも逃げ切るような形で1セット目を浜松が先取した。
 第2セット、アランマーレは伊藤、原田、宮本を中心に鋭い攻撃で畳みかけ、浜松のテンポの速いバレーを封じる。食らいつく浜松だが、勢いを止めることができず、アランマーレがセットを取り返す。
 第3セット、第2セットの勢いのまま猛攻をかけるアランマーレ。浜松は思うように自分たちのリズムが作れず苦しい展開となる。水上の強気なスパイクで食らいつく浜松だったが、アランマーレが最後まで攻撃の手を緩めず、最後は原田のスパイクが決まり、セットを連取する。
 第4セット、速いトスワークから高さのあるブロックを崩していきたい浜松だが、アランマーレの鋭いサーブと前田、原田の力強いスパイクの前になかなかその機会を作らせてもらえない。最後は原田の息の合ったコンビネーションスパイクが決まり、1-3でアランマーレが勝利した。