試合会場レポート

試合番号738

開催日2021/11/27

2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 松本市総合体育館

観客数:720 開始時間:12:00 終了時間:13:42 試合時間:1:42 主審:水間 絵美 副審:北原 良太

ルートインホテルズブリリアントアリーズ

監督 井上 謙
コーチ 藤原 道生
   
通算 5 勝 2 敗
ポイント 14
3 25 第1セット
【0:20】
14 1
25 第2セット
【0:25】
20
22 第3セット
【0:26】
25
25 第4セット
【0:22】
16
第5セット
【】

千葉エンゼルクロス

監督 豆田 憲昭
コーチ 荒木 優
   
通算 2 勝 5 敗
ポイント 5

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 今回、ホームゲームということで、多くの皆様の声援がチームを後押ししていただき、勝利することができました。
 内容としては、まだまだ成長する余地のある部分も多く、しっかりと課題を整理して明日の試合に臨みたいと思います。
 これからもチーム一丸となって前に進んでいきますので、引き続きご声援のほどよろしくお願いいたします。

25
  • 野嶋
     
  • 村山
     
  • 小茂田
     
  • 岩本
     
  • 横田
     
  • 高橋
     

1


  • 鶴田
     
  • 岡村
     
  • 関根
     
  • 森田(紫)
     
  • 吉田
     
  • 石川
    (黒田)
14

リベロ:

水谷

リベロ:

鶴ヶ崎

25
  • 野嶋
    (平原)
  • 村山
     
  • 小茂田
     
  • 岩本
     
  • 横田
     
  • 高橋
     

2


  • 鶴田
     
  • 岡村
    (松原)
  • 関根
     
  • 森田(紫)
     
  • 吉田
    (名原)
  • 石川
    (黒田)
20

リベロ:

水谷

リベロ:

鶴ヶ崎

22
  • 野嶋
    (平原)
  • 村山
     
  • 小茂田
     
  • 岩本
     
  • 横田
     
  • 高橋
     

3


  • 鶴田
     
  • 岡村
     
  • 関根
     
  • 森田(紫)
     
  • 吉田
     
  • 石川
    (黒田)
25

リベロ:

水谷

リベロ:

鶴ヶ崎

25
  • 野嶋
     
  • 村山
     
  • 小茂田
     
  • 岩本
     
  • 横田
     
  • 高橋
     

4


  • 鶴田
    (中島)
  • 岡村
     
  • 関根
     
  • 森田(紫)
     
  • 吉田
     
  • 石川
    (黒田)
16

リベロ:

水谷

リベロ:

鶴ヶ崎


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 相手の高さに対して受け身になってしまい、自分たちの粘り強い形にもっていけなかったが、3セット目は良い展開をつくれました。
 来週は年内最後の試合になります。今週の修正点をしっかり修正して来週にそなえていきたいと思います。
 本日はご声援ありがとうございました。

<要約レポート>

 現在3位のルートインホテルズブリリアントアリーズと8位の千葉エンゼルクロスの対戦。
 第1セット、千葉は鶴田、吉田のスパイクなどでリードするが、ルートインも村山のブロックや小茂田のスパイクで追いつき、中盤まで一進一退の攻防が続く。ルートインはサーブで相手を崩し、セッター横田が相手に的を絞らせないトス回しで徐々に点差を広げ、最後は6連続得点でこのセットを奪った。
 第2セット、ルートインは村山、野嶋のサービスエースなどで序盤リードする。メンバーチェンジや吉田、鶴田のスパイクで流れを変えたい千葉だが、ルートインは流れを渡さずセットを連取した。
 第3セット、序盤ルートインがリードするが、千葉は吉田のサービスエースや相手を崩してからの石川のスパイクで逆転する。その後は拮抗した試合展開になるが、最後は長いラリーを連続して制した千葉がセットを奪い返した。
 第4セット、序盤リズムに乗れない千葉に対し、どこからでも攻撃を仕掛けるルートインが徐々に点差を広げる。千葉も森田(紫)の速攻や中島のスパイクで対抗するが、最後はルートイン・高橋のスパイクが決まってセットを奪い、ルートインが3-1で勝利した。