試合会場レポート

試合番号284

開催日2022/04/17

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   ファイナル

会場 : 千葉ポートアリーナ

観客数:2801 開始時間:14:10 終了時間:15:44 試合時間:1:34 主審:冨田 博一 副審:山本 晋五

ウルフドッグス名古屋

監督 マクガウン クリス
コーチ 深津 貴之
   
通算 1 勝 1 敗
0 16 第1セット
【0:24】
25 3
21 第2セット
【0:31】
25
17 第3セット
【0:26】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

サントリーサンバーズ

監督 山村 宏太
コーチ 米山 達也
   
通算 1 勝 1 敗

    

【 】内はセット時間

()内は交代選手

<監督コメント>

16
  • 山崎
     
  • クレク
     
  • 傳田
    (勝岡)

  • (前田)
  • 永露
     
  • 高梨
     

1


  • ムセルスキー
     
  • 小野
    (西田)
  • 藤中
     
  • 柳田
    (アライン)

  •  
  • 大宅
    (小川)
25

リベロ:

小川

リベロ:

鶴田

21
  • 傳田
    (勝岡)
  • 山崎
     
  • 永露
     
  • クレク
     
  • 高梨
     

  • (前田)

2


  • ムセルスキー
     
  • 小野
    (西田)
  • 藤中
     
  • 柳田
    (アライン)

  •  
  • 大宅
    (小川)
25

リベロ:

小川

リベロ:

鶴田

17
  • 高梨
     
  • 永露
    (前田)

  • (山近)
  • 傳田
    (勝岡)
  • クレク
     
  • 山崎
     

3


  • ムセルスキー
     
  • 小野
     
  • 藤中
     
  • 柳田
    (アライン)

  • (鍬田)
  • 大宅
     
25

リベロ:

小川

リベロ:

鶴田


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

<要約レポート>

 この試合に勝利し優勝を飾りたいウルフドッグス名古屋と、2連覇を狙うサントリーサンバーズの戦い。
 第1セット、サントリーは大宅のトス回しにより流れを掴む。ムセルスキーのアタックが重要な場面で決まり始める。流れを変えたいWD名古屋はクレクにボールを集めるが、サントリー小野のブロックに阻まれ、流れを掴むことができず、彭のアタックが決まり、サントリーがセットを先取した。
 第2セット、サントリーは柳田、ムセルスキーのアタックでリードするも、WD名古屋は高梨、小川を中心に好レシーブで粘りを見せる。WD名古屋は高梨のアタックで逆転するも、サントリーはムセルスキーの攻撃が光りセットを連取した。
 第3セット、どちらも譲らずの展開に。勝利が欲しいWD名古屋は両サイドに振ったトスワークで得点するも、サントリーは彭のサービスエースから流れを掴む。WD名古屋は前田、勝岡を投入し流れを変えようと試みるも、サントリーは小野のアタックが決まり、勝利した。