試合会場レポート

試合番号512

開催日2021/11/06

2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 感謝と挑戦のTYK体育館(多治見市総合体育館)

観客数:0 開始時間:14:00 終了時間:15:16 試合時間:1:16 主審:片井 伴浩 副審:成瀬 修平

トヨタ自動車サンホークス

監督 近藤 浩
コーチ
   
通算 2 勝 1 敗
ポイント 7
3 25 第1セット
【0:20】
17 0
25 第2セット
【0:23】
23
25 第3セット
【0:27】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

東京ヴェルディ

監督 田島 一浩
コーチ 檜森 輝尚
   
通算 0 勝 1 敗
ポイント 0

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 岐阜県多治見市でのホームゲームで勝利出来た事をうれしく思います。
 効果的なサーブでサーブレシーブを乱しブロックが良いポイントで決めることが出来ました。
 リザーブ選手を含んだチーム力が発揮できた。明日のホームゲームも頑張ります。
 リモートマッチでしたが、関係者の協力に感謝いたします。

25
  • 坂本
    (川端下)
  • 西村
     
  • 石黒
     
  • 皆川
    (佃)
  • 山岡
     
  • 吉岡
     

1



  •  
  • 田中
     
  • 山下
     
  • 渡辺
     
  • 奈琳
    (大村)
  • 小松
     
17

リベロ:

福島、神代

リベロ:

宮田

25
  • 坂本
    (佃)
  • 西村
     
  • 石黒
     
  • 皆川
     
  • 山岡
    (田中)
  • 吉岡
     

2



  •  
  • 田中
    (貝原)
  • 石黒
     
  • 渡辺
    (佐藤(隼))
  • 大村
     
  • 小松
     
23

リベロ:

福島、神代

リベロ:

宮田

25
  • 坂本
     
  • 西村
     
  • 石黒
     
  • 平野
     
  • 山岡
     
  • 吉岡
    (浅川)

3


  • 田中
     
  • 渡辺
     

  •  
  • 小松
     
  • 石黒
     
  • 大村
     
22

リベロ:

福島、神代

リベロ:

宮田


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 今シーズン、開幕戦であり少し動きが硬かったです。
 相手のホームゲームでもあり、勢いに押されてしまった。
 まだ、始まったばかりなので、今日の反省を活かして明日の試合を頑張りたい。
 コロナによる制限のある中、多くの関係者のご尽力でゲームが出来たことに感謝いたします。
 ファンの皆さま関係者の皆さま、応援ありがとうございました。

<要約レポート>

  ホームゲームで勝利を収め、リーグ戦序盤の戦いに勢いを付けたいトヨタ自動車サンホークスと、今シーズン開幕戦を迎えた東京ヴェルディとの一戦。
 第1セット、トヨタ自動車は西村の切れ味鋭いアタックや石黒のブロックが効果的に決まり、ゲームの主導権を握る。東京Vは小松、渡辺、澤で攻撃を組み立てるものの、着実に得点を重ねたトヨタ自動車が先取した。
 第2セット、東京Vはスタートから食いさがり、簡単にリードを許さない展開に持ち込む。トヨタ自動車は吉岡が高さとパワーのあるアタックで得点し、チームを鼓舞し続ける。東京Vは大村、小松が最後まで攻めるが一歩及ばず、最後は皆川がアタックを決めたトヨタ自動車が連取した。
 第3セット、中盤まではトヨタ自動車のペースで進む。セカンドテクニカルタイムアウト以降は東京Vが猛追を見せ、勝負の行方は20点以降の競り合いとなった。坂本の連続ブロックや西村がアタックを決め、トヨタ自動車が昨シーズンの分もプレーに思いを込めて躍動し、各セットで決してリードを奪われることなく、ホームゲームで勝利を収めた。レシーブを起点に、セッターから繰り出されるトスを確実に攻めにつなげる攻撃力を持ち味とした両チームの、これからの戦いが楽しみになる一戦であった。