試合会場レポート

試合番号530

開催日2021/11/20

2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 南あわじ市文化体育館

観客数:200 開始時間:13:20 終了時間:15:18 試合時間:1:58 主審:岡田 崇 副審:蔭山 泰史

サフィルヴァ北海道

監督 上杉 徹
コーチ
   
通算 0 勝 5 敗
ポイント 1
1 17 第1セット
【0:21】
25 3
32 第2セット
【0:30】
30
21 第3セット
【0:26】
25
25 第4セット
【0:32】
27
第5セット
【】

きんでんトリニティーブリッツ

監督 今田 善仁
コーチ 山原 健太
   
通算 1 勝 2 敗
ポイント 3

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 まず勝利されたきんでん、おめでとうございます。ここまで思うようなバレーが展開できず苦しい戦いが続いています。
 明日こそ勝利できるようにしっかりと準備していきたいと思います。
 応援して下さった皆様ありがとうございました。

17
  • 小泉
     
  • 鳥飼
    (森元)
  • 谷越
     
  • 柳川
     
  • 阿部
     
  • 吉田(隼)
     

1


  • 岡本
     
  • 毛利
     
  • 庄司
    (新谷)
  • 古川
    (内園)
  • 小林
     
  • 谷川
     
25

リベロ:

青島、藤村

リベロ:

長濱

32
  • 谷越
     
  • 小泉
    (中林)
  • 阿部
    (奥田)
  • 森元
     
  • 吉田(隼)
     
  • 柳川
    (田代)

2


  • 岡本
     
  • 毛利
     
  • 和治
    (新谷)
  • 古川
    (内園)
  • 小林
     
  • 谷川
    (井山)
30

リベロ:

青島、藤村

リベロ:

長濱、大賀

21
  • 小泉
     
  • 森元
     
  • 谷越
     
  • 柳川
    (田代)
  • 吉田(隼)
    (中林)
  • 阿部
    (奥田)

3


  • 岡本
     
  • 毛利
     
  • 和治
     
  • 古川
    (新谷)
  • 小林
     
  • 谷川
    (内園)
25

リベロ:

青島、藤村

リベロ:

長濱

25
  • 谷越
     
  • 小泉
     
  • 阿部
    (鳥飼)
  • 森元
     
  • 吉田(隼)
     
  • 柳川
    (田代)

4


  • 岡本
    (内園)
  • 毛利
     
  • 和治
     
  • 古川
    (新谷)
  • 小林
     
  • 谷川
    (井山)
27

リベロ:

青島、藤村

リベロ:

長濱


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 リーグ戦、1勝目を素直に喜びたいです。
 第1セット、レシーブから流れをつかむことができました。第2セット以降、ブロックがうまく機能しなくなり、ミスも増えましたが、第4セットの流れがくるまで、しっかり我慢できたので、勝ち切ることができました。
 前回よりサーブも効果的でした。まだまだミスも多いですが、連勝できるようにチーム一丸で頑張ります。
 本日も応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 共に今季初の白星を挙げて波に乗るきっかけとしたいサフィルヴァ北海道ときんでんトリニティーブリッツの対戦。
 第1セット、きんでんは岡本のアタック、小林の連続ブロックでゲームを優位に進める。対するサフィルヴァも柳川、小泉のアタックで応戦するがきんでんは新谷のサービスエースや毛利の巧妙なアタックでセットを先取する。
 第2セット、サフィルヴァが森元、阿部のアタックでリードすれば、きんでんは小林の連続サービスエースやバックアタックで23-23と競り合ったゲーム展開となる。最後はサフィルヴァが踏ん張り、セットカウントを1ー1とする。
 第3セット、両者一歩も譲らないまま、きんでんは19-18から長濱の好レシーブで繋ぎ谷川のアタックで抜け出し、最後は古川がアタックを決め、このセットをものにした。
 第4セット、後がないサフィルヴァは序盤からチーム一丸となって試合をリードする。一方きんでんは我慢の展開から20-20とすると、25-25から小林がバックアタックを連続で決め、嬉しい初勝利を飾った。