試合会場レポート

試合番号573

開催日2022/01/08

2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 亀山市西野公園体育館

観客数:345 開始時間:13:00 終了時間:14:42 試合時間:1:42 主審:森西 基雄 副審:神原 圭吾

富士通カワサキレッドスピリッツ

監督 山本 道彦
コーチ 廣本 遥
   
通算 11 勝 0 敗
ポイント 33
3 25 第1セット
【0:22】
16 1
27 第2セット
【0:29】
29
25 第3セット
【0:26】
20
25 第4セット
【0:26】
21
第5セット
【】

つくばユナイテッドSunGAIA

監督 五十嵐 元
コーチ
   
通算 6 勝 4 敗
ポイント 16

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 今年初めての試合を勝利することが出来て良かったと思います。
 第2セット以降の連携ミスからリズムを失ってしまいました。
 明日はアウェイの中戦う事になるので、今一度約束事を確認し、臨みたいと思います。
 引き続きの応援よろしくお願いします。

25
  • エバデダン
    (尾木)
  • 浅野
     
  • 長谷山
     
  • 柳田
     
  • 兵頭
     
  • 加藤
    (後藤)

1


  • 濱田
     
  • 土井
    (曹)
  • 十文字
     
  • 松田
    (勝本)
  • 鎌田
     
  • 瀧澤
    (曽田)
16

リベロ:

小林

リベロ:

新垣

27
  • エバデダン
     
  • 浅野
    (尾木)
  • 小野
     
  • 柳田
     
  • 兵頭
    (谷平)
  • 松坂
    (後藤)

2


  • 濱田
     
  • 土井
    (曹)
  • 十文字
     
  • 松田
    (勝本)
  • 鎌田
     
  • 瀧澤
    (曽田)
29

リベロ:

小林

リベロ:

新垣

25
  • エバデダン
    (後藤)
  • 浅野
     
  • 長谷山
     
  • 柳田
     
  • 谷平
     
  • 加藤
     

3


  • 濱田
     
  • 土井
     
  • 十文字
     
  • 松田
    (勝本)
  • 鎌田
     
  • 瀧澤
    (曽田)
20

リベロ:

小林

リベロ:

新垣

25
  • 浅野
    (兵頭)
  • 柳田
     
  • エバデダン
     
  • 加藤
    (後藤)
  • 長谷山
     
  • 谷平
     

4


  • 濱田
     
  • 土井
    (曹)
  • 十文字
     
  • 松田
    (勝本)
  • 鎌田
     
  • 瀧澤
    (曽田)
21

リベロ:

小林

リベロ:

新垣


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 年明けの大事な試合でしたが、苦しい展開が多くなってしましました。
 奪ったセットこそあったものの相手の力に圧倒され、ミスを出してしまい、最後まで喰らいつくことができませんでした。
 明日以降も試合は続きますので、1戦1戦、頑張ります。
 本日も応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 ここまで10戦全勝の富士通カワサキレッドスピリッツと6勝3敗のつくばユナイテッドSunGAIAの対戦。
 第1セット序盤、好調の富士通は、多彩な攻撃と浅野のブロックなどで先行する。対するつくばは、瀧澤のアタックや十文字の速攻などで追いすがるが、富士通は兵頭や後藤のサービスエースなども出て、リードを広げる。最後も兵頭のサービスエースが決まり、富士通がセットを先取した。
 第2セット、つくばは、鎌田や瀧澤のアタックなどで、8-6とリードしてファーストテクニカルタイムアウトを迎える。中盤、富士通は松坂のアタック、エバデダンのブロックやアタックなどで逆転に成功する。デュースにもつれ込んだこのセットは、最後、松田がブロックを決め、つくばがセットを奪い返した。
 第3セットは第2セットに続き、一進一退の攻防となる。中盤、エバデダンや谷平のアタックなどで抜け出した富士通は、その後も柳田や浅野のアタックでリードを守り、このセットを取った。
 第4セット序盤、つくばは、鎌田、松田のアタックや濱田のブロックなどでリードする。中盤にエバデダンのアタックなどで追いついた富士通は、そのまま逆転し、このセットを取り、試合に勝利した。