試合会場レポート

試合番号583

開催日2022/01/09

2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 住吉スポーツセンター

観客数:100 開始時間:14:45 終了時間:17:01 試合時間:2:16 主審:栗崎 慎太郎 副審:吉川 耕平

サフィルヴァ北海道

監督 上杉 徹
コーチ 小林 準
   
通算 3 勝 9 敗
ポイント 11
2 18 第1セット
【0:23】
25 3
25 第2セット
【0:29】
19
27 第3セット
【0:30】
25
21 第4セット
【0:25】
25
11 第5セット
【0:17】
15

兵庫デルフィーノ

監督 マイケル ボセンス
コーチ 井上 人哉
   
通算 2 勝 8 敗
ポイント 7

ポイント

1

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

2

<監督コメント>

 昨日に引き続き、連勝を狙いましたが、相手の攻撃の質が高く、あと一歩及びませんでした。
 チームとしてはまだまだ課題が多く、修正すべき点が多いので一週間空く時間を利用して、よりチーム力を向上させるべく練習していきたいと思います。
 2日間ホームゲームを運営して下さったクボタの皆さま、ありがとうございました。

18
  • 奥田
     
  • 米村
     
  • 谷越
     
  • 柳川
    (佐藤)
  • 阿部
     
  • 小泉
     

1


  • 逢沢
     
  • 梅村
     
  • サラダナ
     
  • 下川
     
  • 饒平名
     
  • 吉田
     
25

リベロ:

藤村、伊庭

リベロ:

25
  • 米村
     
  • 柳川
    (佐藤)
  • 奥田
     
  • 小泉
    (田代)
  • 谷越
     
  • 阿部
     

2


  • 梅村
     
  • 下川
     
  • 逢沢
     
  • 吉田
     
  • サラダナ
     
  • 饒平名
     
19

リベロ:

藤村、伊庭

リベロ:

27
  • 柳川
    (吉田(隼))
  • 小泉
    (田代)
  • 米村
     
  • 阿部
     
  • 奥田
     
  • 谷越
     

3


  • 逢沢
     
  • 梅村
     
  • サラダナ
    (藤原)
  • 下川
     
  • 饒平名
    (平井)
  • 吉田
    (持下)
25

リベロ:

藤村、伊庭

リベロ:

21
  • 米村
     
  • 柳川
    (佐藤)
  • 奥田
    (吉田(隼))
  • 小泉
    (田代)
  • 谷越
     
  • 阿部
     

4


  • 逢沢
     
  • 梅村
    (平井)
  • サラダナ
     
  • 下川
     
  • 饒平名
     
  • 吉田
     
25

リベロ:

藤村、伊庭

リベロ:

11
  • 柳川
    (佐藤)
  • 小泉
    (田代)
  • 米村
     
  • 阿部
     
  • 奥田
     
  • 谷越
     

5


  • 逢沢
     
  • 梅村
     
  • サラダナ
    (中野)
  • 下川
    (西澤)
  • 饒平名
     
  • 吉田
     
15

リベロ:

伊庭

リベロ:

<監督コメント>

 本日は非常にディフェンスが良く、ディフェンスからの展開を上手く作ることができました。途中、サフィルバの攻撃力に押される部分も多かったですが、最後まで選手が良く集中して頑張ってくれた勝利でした。
 来週も粘り強く頑張ります。応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 一つでも多く勝ち星の欲しいサフィルヴァ北海道と兵庫デルフィーノの戦い。
 第1セット、デルフィーノは梅村、サラダナの攻撃で得点を重ね優位にゲームを進める。一方、サフィルヴァも米村や小泉のスパイクで応戦するも勢いに乗ったデルフィーノがこのセットを先取した。
 第2セット、サフィルヴァはセッター谷越の巧みなトスワークでデルフィーノのブロック陣を翻弄しリードする。終盤、デルフィーノも梅村のスパイクで同点まで追い上げるも一歩及ばず、サフィルヴァがこのセットを取り返す。
 第3セット、終盤までサイドアウトの応酬となった。お互い多彩な攻撃でデュースまでもつれ込むも、サフィルヴァは奥田のサービスエースで勢いに乗りセットを連取した。
 第4セット、後の無くなったデルフィーノは饒平名や梅村を中心に得点を重ねリードする。一方、サフィルヴァも阿部や米村のスパイクで追撃するも一歩及ばす、最後はサラダナのブロックが決まりデルフィーノが取り返し、フルセットへもつれ込んだ。
 第5セット、お互いに一歩も攻撃の手を緩める事なく最後まで勝敗の行方が分からないゲーム展開の中、デルフィーノは梅村やサラダナのスパイクが要所で決まりリードを広げ、最後は饒平名のスパイクが決まり、デルフィーノがこの接戦をものにした。