試合会場レポート

試合番号578

開催日2022/01/09

2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 千葉公園体育館

観客数:350 開始時間:14:30 終了時間:16:15 試合時間:1:45 主審:菅原 潤 副審:中山 智之

千葉ZELVA

監督 古家 康隆
コーチ 大町 和幸
   
通算 0 勝 11 敗
ポイント 1
1 18 第1セット
【0:22】
25 3
29 第2セット
【0:26】
27
19 第3セット
【0:26】
25
16 第4セット
【0:22】
25
第5セット
【】

大同特殊鋼レッドスター

監督 平野 晃多
コーチ 舩倉 拓登
   
通算 6 勝 5 敗
ポイント 19

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 本日もホームゲームにお越しいただき、誠にありがとうございます。
 苦しい場面で切り替えることができず、自らミスを重ねて我慢できなかったのが敗因だと思います。修正内容は多岐にわたりますが、あきらめずに頑張っていきます。
 本日もご声援ありがとうございました。

18
  • 浅野
     
  • 村松
    (高村)
  • 橋本
    (大町)
  • 山田
     
  • 吉岡
    (板橋)
  • 杉崎
     

1


  • 吉田
    (清水)
  • 伊澤
     
  • 寺尾
     
  • 長谷川
     
  • 二五田
     

  • (渡邊)
25

リベロ:

野澤、遠藤

リベロ:

津田

29
  • 橋本
    (大町)
  • 浅野
     
  • 吉岡
    (板橋)
  • 村松
    (高村)
  • 杉崎
     
  • 山田
     

2


  • 伊澤
     
  • 長谷川
     
  • 吉田
    (清水)

  • (渡邊)
  • 寺尾
     
  • 二五田
     
27

リベロ:

野澤、遠藤

リベロ:

津田

19
  • 浅野
     
  • 村松
    (高村)
  • 齋藤(貴大)
     
  • 橋本
    (大町)
  • 吉岡
    (板橋)
  • 杉崎
     

3


  • 吉田
    (清水)
  • 伊澤
     
  • 寺尾
     
  • 長谷川
     
  • 二五田
    (大坪)

  •  
25

リベロ:

野澤、遠藤

リベロ:

津田

16
  • 齋藤(貴大)
     
  • 浅野
     
  • 吉岡
    (板橋)
  • 村松
    (高村)
  • 杉崎
    (高田)
  • 橋本
     

4


  • 吉田
     
  • 伊澤
     
  • 寺尾
     
  • 長谷川
     
  • 大坪
     

  •  
25

リベロ:

野澤、遠藤

リベロ:

津田


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 本日もご声援、誠にありがとうございました。
 千葉ZELVAのホームゲームの中、なんとかセットカウント3-1での勝利となりました。
 セットを取った後の次のセットでどうしてもサーブが弱くなってしまった点が本日の課題です。自分達の力で流れをつかむ意識を常に持って戦わないといけません。
 最後に、とても良い雰囲気での試合を運営してくださった関係者の皆様、本当にありがとうございました。

<要約レポート>

 今期最後のホームゲームを勝利で飾りたい千葉ZELVAと白星を重ねたい大同特殊鋼レッドスターの対戦。
 第1セット、千葉は杉﨑、村松のアタック、大同特殊鋼は伊澤のアタックで得点を重ね、序盤どちらも譲らずの展開となる。中盤、大同特殊鋼・寺尾のスパイクから勢いに乗り、清水のサーブで相手を崩し、大同特殊鋼がセットを先取した。
 第2セット、セットを奪い返したい千葉は杉﨑、村松のスパイクでリードする一方、流れを止めたい大同特殊鋼は二五田のスパイク、寺尾のサービスエースで追いつく。後半、大同特殊鋼・二五田、千葉・杉﨑の打ち合いになりデュースへもつれ込むが、最後は千葉・杉﨑のブロックで千葉が接戦を制した。
 第3セット、大同特殊鋼は伊澤のサービスエースで口火を切り、寺尾のスパイクでリードする。千葉は杉﨑のサービスエース、浅野のブロックポイントで追いつく。流れを変えたい大同特殊鋼はメンバーチェンジで入った大坪のブロックポイントで勢いに乗り、第3セットを勝ち取った。
 第4セット、フルセットに持ち込みたい千葉は序盤から攻めの勢いを弱めずリードするが、大同特殊鋼・大坪の緩急あるスパイクおよびサーブで逆転する。ホームで勝利を掴みたい千葉は、橋本の速い攻撃やメンバーチェンジした高田のスパイクで流れを変えたいところだったが、大同特殊鋼・吉田のブロックに阻まれる。最後は大坪のスパイクで大同特殊鋼が勝利した。