試合会場レポート

試合番号586

開催日2022/01/15

2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : とどろきアリーナ(サブアリーナ)

観客数:136 開始時間:13:10 終了時間:15:08 試合時間:1:58 主審:上總 向貴 副審:根岸 澄朗

トヨタ自動車サンホークス

監督 近藤 浩
コーチ
   
通算 8 勝 4 敗
ポイント 25
3 25 第1セット
【0:23】
21 1
27 第2セット
【0:28】
25
23 第3セット
【0:30】
25
25 第4セット
【0:28】
23
第5セット
【】

千葉ZELVA

監督 上田 日登
コーチ 大町 和幸
   
通算 0 勝 12 敗
ポイント 1

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 
 新年明けの初ゲームであった為かスタートから、自分たちのリズムを掴むことが大変に困難であった。
 ブロックとレシーブのフォーメーション等、課題を反省して明日に臨みたいです。
 たくさんの応援ありがとうございました。
 

25
  • 山岡
    (上坂)
  • 吉岡
     
  • 石黒
     
  • 平野
     
  • 西村
     
  • 浅川
    (坂本)

1


  • 橋本
     
  • 浅野
     
  • 村松
     
  • 吉岡
    (福澤)
  • 杉崎
     
  • 齋藤(貴大)
    (野沢)
21

リベロ:

福島

リベロ:

野澤

27
  • 上坂
    (坂本)
  • 吉岡
     
  • 石黒
     
  • 平野
     
  • 西村
     
  • 浅川
    (山岡)

2


  • 橋本
     
  • 浅野
    (遠藤)
  • 村松
     
  • 吉岡
    (福澤)
  • 杉崎
     
  • 齋藤(貴大)
    (野沢)
25

リベロ:

福島

リベロ:

野澤

23
  • 坂本
     
  • 西村
    (神代)
  • 石黒
    (川端下)
  • 平野
     
  • 山岡
     
  • 吉岡
    (佃)

3


  • 橋本
    (野沢)
  • 浅野
    (遠藤)
  • 村松
     
  • 吉岡
    (福澤)
  • 杉崎
     
  • 齋藤(貴大)
     
25

リベロ:

福島

リベロ:

野澤

25
  • 坂本
    (佃)
  • 西村
     
  • 石黒
     
  • 平野
     
  • 山岡
    (上坂)
  • 吉岡
     

4


  • 橋本
     
  • 浅野
    (遠藤)
  • 村松
     
  • 吉岡
    (福澤)
  • 杉崎
     
  • 齋藤(貴大)
    (野沢)
23

リベロ:

福島

リベロ:

野澤


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 
 初勝利を目指し、難敵のトヨタ自動車に挑んだが叶わなかった。
 相手のサイド攻撃や時間差攻撃を最後まで止められなかったことが残念だった。
 来週の次戦に向けて、チーム内で課題の解消に取り組みたい。
 会場やV.TV越しで応援下さった皆様、ありがとうございました。早くいい結果を出せるよう、チーム一丸となって頑張ります。
 

<要約レポート>

 
 トヨタ自動車サンホークスと千葉ZELVAの対戦は、第1セットは序盤は一進一退の展開となる。千葉は吉岡、橋本のサービスエースで突き放しかけるが、トヨタ自動車の吉岡、西村が効果的に得点を重ね、徐々に優勢になる。そのまま、第1セットはトヨタ自動車が振り切ってセットを奪取した。
 第2セットはトヨタ自動車は西村が、千葉は杉﨑が効果的に得点を重ねて、僅差の展開になる。千葉は浅野、斎藤(貴大)のブロックも決まり、デュースに持ち込むが、最後はトヨタ自動車の平野のブロックが決まり、トヨタ自動車がセットを連取した。
 第3セットも序盤はトヨタ自動車が押し気味に進めるも、千葉・吉岡の連続サービスエースで流れを取り戻し、優勢になる。トヨタ自動車も平野、石黒の速攻を交えながら応戦するが、最後は千葉が振り切り、セットを取った。
 第4セットは序盤は千葉が杉﨑を中心に得点を重ね、優勢に試合を進める。しかしながら、トヨタ自動車は吉岡を中心に反撃し、形勢を逆転する。逆転した後は流れを掴んだままセットを取り、トヨタ自動車が勝利した。