試合会場レポート

試合番号584

開催日2022/01/15

2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : ヤマト市民体育館前橋(前橋市民体育館)

観客数:220 開始時間:12:00 終了時間:14:11 試合時間:2:11 主審:中島 俊昌 副審:藤生 拓也

大同特殊鋼レッドスター

監督 平野 晃多
コーチ 舩倉 拓登
   
通算 6 勝 6 敗
ポイント 20
2 28 第1セット
【0:30】
26 3
25 第2セット
【0:24】
19
23 第3セット
【0:27】
25
18 第4セット
【0:22】
25
10 第5セット
【0:16】
15

つくばユナイテッドSunGAIA

監督 五十嵐 元
コーチ
   
通算 8 勝 4 敗
ポイント 20

ポイント

1

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

2

<監督コメント>

 V2女子との共同開催となった本日の試合、なんとか白星を勝ち取りたかったですが、悔しい敗戦となりました。流れが悪い時に、替わって入った選手が流れを取り戻してくれた場面があり、チームとして戦えた部分もありましたが、力及ばずです。
 明日は、会場が変わり神奈川県となります。
 まずは切り替えて勝利を目指して戦います。
 本日もたくさんのご声援、誠にありがとうございました。

28

  • (渡邊)
  • 大坪
     
  • 長谷川
     
  • 寺尾
     
  • 伊澤
     
  • 吉田
    (清水)

1


  • 十文字
     
  • 濱田
     
  • 鎌田
     
  • 土井
    (曹)
  • 瀧澤
    (曽田)
  • 松田
    (勝本)
26

リベロ:

津田

リベロ:

新垣

25

  •  
  • 大坪
     
  • 長谷川
     
  • 寺尾
    (二五田)
  • 伊澤
     
  • 吉田
    (清水)

2


  • 濱田
    (満生)
  • 土井
     
  • 十文字
    (曽田)
  • 松田
    (堀)
  • 鎌田
     
  • 瀧澤
     
19

リベロ:

津田

リベロ:

新垣

23

  • (渡邊)
  • 大坪
     
  • 長谷川
    (境)
  • 寺尾
    (舩倉)
  • 伊澤
     
  • 吉田
     

3


  • 十文字
    (堀)
  • 濱田
    (曽田)
  • 鎌田
     
  • 土井
    (曹)
  • 瀧澤
     
  • 松田
     
25

リベロ:

津田

リベロ:

新垣

18

  • (清水)
  • 大坪
     
  • 長谷川
     
  • 寺尾
     
  • 伊澤
    (二五田)
  • 吉田
    (渡邊)

4


  • 十文字
    (堀)
  • 濱田
    (曽田)
  • 鎌田
     
  • 土井
    (曹)
  • 瀧澤
     
  • 松田
     
25

リベロ:

津田

リベロ:

新垣

10

  • (清水)
  • 大坪
     
  • 長谷川
     
  • 寺尾
     
  • 伊澤
    (二五田)
  • 吉田
    (渡邊)

5


  • 十文字
    (堀)
  • 濱田
    (曽田)
  • 鎌田
     
  • 土井
    (曹)
  • 瀧澤
     
  • 松田
     
15

リベロ:

津田

リベロ:

新垣

<監督コメント>

 リズムに乗り切れず、2セットを落とす展開でしたが、選手が粘り強く戦ってくれました。相手の強固なディフェンスは素晴らしく、勝利はチームの成長につながる結果になったと思います。連勝を伸ばすことが出来るようチーム一丸となって戦います。応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 6位の大同特殊鋼レッドスターと7位のつくばユナイテッドSunGAIA、11月以来となる対決。
 第1セット、つくばはショートサーブと組織的なブロックで試合の主導権を握る。追う大同特殊鋼は、大坪や清水の活躍で追い上げ、大坪のブロックで20-20の同点とする。終盤、鎌田のアタックなどで逆転を許さないつくばだったが、大同特殊鋼が徐々にサーブとブロックを機能させ、最後は森のブロックでセットを先取した。
 第2セット、大同特殊鋼が大坪のサーブから連続得点に成功するも、つくばは土井が的を絞らせない攻撃を展開し、接戦となる。終盤、大同特殊鋼は森・吉田を中心としたブロックでつくばの攻撃を抑え、セットを連取した。
 第3セット、大同特殊鋼は伊澤や大坪のバックアタックを絡めた多彩な攻撃、つくばは松田のブロックをそれぞれ軸に、ラリーの応酬となる。鎌田や濱田のアタックでつくばが試合を優位に進め、セットを取り返した。
 第4セット、粘り強いディフェンスと鎌田・濱田のアタックでつくばがリードを奪い、セットを連取した。
 第5セット、つくばは松田と十文字を中心としたブロックでプレッシャーをかけ、大同特殊鋼のアタッカーのミスを誘い、試合を優位に進める。その後もつくばは瀧澤の巧みなアタックで得点を重ね、最後は松田のブロックが炸裂し、3-2でこの試合を制した。