試合会場レポート

試合番号595

開催日2022/01/16

2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 大和郡山市総合公園多目的体育館

観客数:80 開始時間:13:05 終了時間:15:17 試合時間:2:12 主審:中口 岳 副審:奥田 真弓

兵庫デルフィーノ

監督 マイケル ボセンス
コーチ 井上 人哉
   
通算 4 勝 8 敗
ポイント 12
3 20 第1セット
【0:24】
25 2
25 第2セット
【0:26】
23
23 第3セット
【0:27】
25
25 第4セット
【0:27】
22
15 第5セット
【0:16】
13

警視庁フォートファイターズ

監督 平林 康裕
コーチ 中道 元貴
   
通算 4 勝 8 敗
ポイント 12

ポイント

2

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

1

<監督コメント>

 警視庁を相手に非常に激しく、良い試合ができたことに感謝しています。警視庁はとてもアグレッシブなチームでした。
 我々デルフィーノは、この1月に向けて修正と練習を重ね、勝利を信じてきました。我々スタッフもこの週末の情熱的なプレーを共に喜んでいます。
 これはまだスタートしたばかりです。引き続き応援よろしくお願いします。

20
  • 吉田
     
  • 饒平名
     
  • 下川
     
  • サラダナ
     
  • 梅村
     
  • 逢沢
     

1


  • 松本
     
  • 伊藤
     
  • 大野
    (中道)
  • 阿部
     
  • 河西
     
  • 齋藤
     
25

リベロ:

リベロ:

吉澤、神谷

25
  • 吉田
     
  • 饒平名
     
  • 下川
     
  • サラダナ
     
  • 梅村
     
  • 逢沢
     

2


  • 松本
     
  • 伊藤
     
  • 大野
     
  • 阿部
    (中道)
  • 河西
     
  • 齋藤
     
23

リベロ:

リベロ:

吉澤、神谷

23
  • 吉田
     
  • 饒平名
     
  • 下川
     
  • サラダナ
     
  • 梅村
     
  • 逢沢
     

3


  • 松本
     
  • 伊藤
     
  • 大野
     
  • 阿部
    (中道)
  • 河西
     
  • 齋藤
     
25

リベロ:

リベロ:

吉澤、神谷

25
  • 持下
    (中野)
  • 饒平名
     
  • 下川
    (西澤)
  • サラダナ
     
  • 梅村
     
  • 逢沢
     

4


  • 大野
     
  • 松本
     
  • 河西
     
  • 伊藤
     
  • 齋藤
     
  • 阿部
    (中道)
22

リベロ:

リベロ:

吉澤、神谷

15
  • 持下
     
  • 饒平名
     
  • 下川
    (西澤)
  • サラダナ
    (中野)
  • 梅村
     
  • 逢沢
     

5


  • 松本
     
  • 伊藤
     
  • 大野
     
  • 阿部
    (中道)
  • 河西
     
  • 齋藤
     
13

リベロ:

リベロ:

吉澤、神谷

<監督コメント>

 昨日の敗戦から、今日は絶対に勝つ、とチーム一丸で臨んだ試合でしたが、競った終盤の勝負どころで、相手に持っていかれた場面が多数あり、非常に惜しい負けとなってしまいました。
 今後もまだまだ続くリーグ戦なので、しっかり心も体も準備して臨みたいと思います。

<要約レポート>

 連勝中で勢いに乗る兵庫デルフィーノと連敗を止めたい警視庁フォートファイターズとの一戦。
 第1セット、序盤から警視庁は大野の速い攻撃やブロックポイントで得点を重ねる。対するデルフィーノは吉田、サラダナのブロックポイント、梅村のアタックで得点し互いに点を奪い合う試合展開となる。終盤、警視庁は大野に代わり入った中道のサーブで相手のサーブレシーブを乱しリードを広げ、セットを先取した。
 第2セット、終盤にデルフィーノは逢沢とサラダナのブロックポイント、饒平名のアタックで同点に追いつき、警視庁は松本、齋藤、阿部の攻撃で粘るが流れを掴んだデルフィーノがこのセット取り返した。
 第3セット、警視庁は齋藤、河西の攻撃で徐々にリードを広げる。デルフィーノは逢沢、サラダナのブロックで1点差まで詰め寄る。中盤、デルフィーノはサラダナの効果的なサーブで同点に追いつくも、警視庁・阿部、河西にアタックを決められ、再びリードを許す。終盤、一進一退の攻防から警視庁は齋藤のアタックでリードを広げる。デルフィーノは饒平名にボールを集めて粘りをみせるが、最後は警視庁・齋藤がアタックを決め、セットを取り返した。
 第4セット、両チームとも譲らない試合展開の中、デルフィーノは饒平名のアタックなどでリードする。警視庁は阿部や伊藤のブロックで追い上げるも、デルフィーノは梅村、西澤のブロックポイントでこのセットを奪い、フルセットに持ち込んだ。
 第5セット、序盤から中盤にかけては両チームが持ち味を出し、互角の展開となる。終盤、警視庁・齋藤のアタックを連続してデルフィーノ・サラダナと持下がブロックして流れを呼びこみ、最後は梅村のアタックが決まり、連勝を決めた。