試合会場レポート

試合番号607

開催日2022/01/23

2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 立川市泉市民体育館

観客数:0 開始時間:12:00 終了時間:14:02 試合時間:2:02 主審:菅原 潤 副審:渡辺 千恵

東京ヴェルディ

監督 田島 一浩
コーチ 檜森 輝尚
   
通算 4 勝 10 敗
ポイント 11
2 25 第1セット
【0:22】
20 3
27 第2セット
【0:29】
25
22 第3セット
【0:23】
25
18 第4セット
【0:23】
25
13 第5セット
【0:14】
15

大同特殊鋼レッドスター

監督 平野 晃多
コーチ 舩倉 拓登
   
通算 9 勝 6 敗
ポイント 28

ポイント

1

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

2

<監督コメント>

 昨日とは違い良いスタートがきれ、第1、第2セットを取ることができたが、勝利を目前に敗れてしまった。第2セットを取ってから、ゲームの後半にミスが出てしまい、得た20点以降のミスはゲームを左右してしまうので、来週のゲームでは気をつけていきたい。
 本日も、ファン、サポーター、関係者の皆様、応援ありがとうございました。

25
  • 山田
    (澤田)
  • 小松
     
  • 石黒
     
  • 山下
     
  • 田中
     

  •  

1


  • 吉田
    (渡邊)

  •  
  • 寺尾
     
  • 舩倉
     
  • 二五田
     
  • 三渡
    (清水)
20

リベロ:

宮田

リベロ:

津田

27
  • 小松
     
  • 山下
     
  • 山田
    (澤田)

  •  
  • 石黒
     
  • 田中
     

2


  • 吉田
    (渡邊)

  • (大坪)
  • 寺尾
     
  • 舩倉
    (長谷川)
  • 二五田
     
  • 三渡
    (清水)
25

リベロ:

宮田

リベロ:

津田、嶋田

22
  • 山田
    (澤田)
  • 小松
    (奈琳)
  • 石黒
    (渡辺)
  • 山下
     
  • 田中
     

  •  

3


  • 吉田
     
  • 二五田
     
  • 寺尾
     
  • 長谷川
     
  • 大坪
     
  • 三渡
    (渡邊)
25

リベロ:

宮田

リベロ:

津田、嶋田

18
  • 小松
     
  • 山下
     
  • 山田
    (澤田)

  •  
  • 渡辺
     
  • 田中
     

4


  • 吉田
     
  • 二五田
     
  • 寺尾
     
  • 長谷川
     
  • 大坪
     
  • 三渡
    (渡邊)
25

リベロ:

宮田

リベロ:

津田、嶋田

13
  • 山田
    (澤田)
  • 小松
    (奈琳)
  • 渡辺
     
  • 山下
    (與崎)
  • 田中
     

  •  

5


  • 吉田
     
  • 二五田
     
  • 寺尾
    (境)
  • 長谷川
     
  • 大坪
     
  • 三渡
    (渡邊)
15

リベロ:

宮田

リベロ:

津田、嶋田

<監督コメント>

 フルセットの戦いとなりましたが、しっかりと1勝を勝ち取ることが出来ました。
 本日もご声援、誠にありがとうございます。
 ゲーム展開は、終始東京Vに流れを持たれる状況でありましたが、選手たちが自ら考え、工夫することで、終盤の追い上げに繋がったと思います。
 来週以降もチーム一丸で戦っていきますので、よろしくお願いします。
 最後になりますが、難しい状況の中で大会を運営して下さった皆様に感謝いたします。

<要約レポート>

 東京ヴェルディが、大同特殊鋼レッドスターをホームゲームに迎えての対戦。
 第1セット、序盤、大同特殊鋼の寺尾、二五田、境が点を重ねリードする。一方、東京Vは小松、山下、山田が点を重ね徐々に点差を縮め、中盤石黒のアタックとブロックで流れを掴みそのままセットを先取した。
 第2セット、中盤、大同特殊鋼の二五田のアタック、境のサービスエースでリードすると、東京Vは小松のアタックと澤、山下のブロックで応戦する白熱した展開が終盤まで続き、デュースにもつれ込むんだが、東京Vが第2セットも連取した。
 第3セット、後がない大同特殊鋼は三渡、二五田のアタックで点を重ねると、東京Vも山田、田中、山下のアタックで応戦する。最後は大同特殊鋼の寺尾のアタックでこのセットを取り返した。
 第4セット、互いに一歩も引かない一進一退の状況が中盤まで続く。中盤、大同特殊鋼三渡から渡邊のメンバーチェンジが功を奏し、寺尾、吉田のアタック、二五田、大坪のブロックで点を重ねセットを連取した。
 第5セット、メンバーチェンジやタイムアウトを行い流れを掴もうとする両チーム。最後は、大同特殊鋼の吉田のアタックでこの試合を勝利した。