試合会場レポート

試合番号611

開催日2022/01/29

2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 武蔵野総合体育館

観客数:0 開始時間:13:00 終了時間:15:12 試合時間:2:12 主審:竹澤 拓人 副審:菅原 潤

サフィルヴァ北海道

監督 上杉 徹
コーチ
   
通算 6 勝 9 敗
ポイント 17
3 15 第1セット
【0:20】
25 2
25 第2セット
【0:29】
23
22 第3セット
【0:23】
25
25 第4セット
【0:24】
23
21 第5セット
【0:24】
19

奈良ドリーマーズ

監督 言上 真一
コーチ 丹下 雅行
   
通算 4 勝 13 敗
ポイント 14

ポイント

2

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

1

<監督コメント>

 まず、新型コロナウイルスの感染が広がる中、試合を運営していただきありがとうございました。
 試合の方はベストメンバーが組めない中、出場した選手が本当によく頑張ってくれました。まだまだ試合は続くので、良い練習をして、勝ち数を1つでも多く増やせるようにしていきたいと思います。
 最後に、リモートで画面の前で応援してくださった皆様、ありがとうございました。

15
  • 吉田(隼)
     
  • 谷越
     
  • 佐藤
    (田代)
  • 清田
     
  • 鳥飼
     
  • 岩崎
     

1


  • 中西(武)
     
  • 近藤
     
  • 丸尾
     
  • 有津
    (川村)
  • 江崎
     
  • 加藤
     
25

リベロ:

藤村、伊庭

リベロ:

高橋

25
  • 鳥飼
    (青島)
  • 佐藤
    (田代)
  • 岩崎
    (長屋)
  • 吉田(隼)
     
  • 清田
     
  • 谷越
     

2


  • 中西(武)
    (岡田)
  • 近藤
     
  • 丸尾
    (杉谷)
  • 有津
    (川村)
  • 江崎
     
  • 加藤
     
23

リベロ:

藤村、伊庭

リベロ:

高橋

22
  • 岩崎
     
  • 鳥飼
     
  • 清田
     
  • 佐藤
    (田代)
  • 谷越
     
  • 吉田(隼)
     

3


  • 中西(武)
     
  • 近藤
     
  • 丸尾
    (杉谷)
  • 有津
     
  • 江崎
     
  • 加藤
     
25

リベロ:

伊庭

リベロ:

高橋

25
  • 鳥飼
     
  • 佐藤
     
  • 岩崎
    (青島)
  • 吉田(隼)
     
  • 清田
    (柳川)
  • 谷越
     

4


  • 中西(武)
     
  • 近藤
     
  • 丸尾
    (杉谷)
  • 有津
     
  • 江崎
     
  • 加藤
     
23

リベロ:

伊庭

リベロ:

高橋

21
  • 鳥飼
     
  • 佐藤
     
  • 岩崎
    (田代)
  • 吉田(隼)
     
  • 清田
    (柳川)
  • 谷越
     

5


  • 中西(武)
     
  • 近藤
     
  • 丸尾
    (杉谷)
  • 有津
     
  • 江崎
     
  • 加藤
     
19

リベロ:

伊庭

リベロ:

高橋

<監督コメント>

 こうした状況下で試合を開催いただけたことに感謝いたします。
 なんとか勝ちたかった一戦でしたが、サフィルヴァの猛攻を抑えきることが出来ず、痛い敗戦となりました。見つかった課題を修正し、明日は切り替えて臨みたいと思います。
 ファンの皆様、本日も様々なツールから応援していただき、ありがとうございました。

<要約レポート>

 先週のホームゲームをフルセットで連勝し波に乗るサフィルヴァ北海道と、勝利を掴み上位進出を図りたい奈良ドリーマーズの一戦。
 第1セット、奈良は丸尾がブロックやアタックを決めてリードを奪うと、中西(武)のサービスエースや加藤のアタックなどで点を重ねる。中盤、奈良の有津や江崎がアタックを決め、リードを広げる。サフィルヴァは、サーブで攻めて攻撃の好機をうかがうが、逆に奈良のブロックに阻まれ、奈良が大量リードでセットを先取する。
 第2セット、序盤は一進一退の攻防の中、サフィルヴァは、奈良・加藤の速い攻撃を岩崎がブロックで止め、チームに勢いを与える。中盤、奈良は岡田の後方からの攻撃などで好機を狙うも、サフィルヴァの牙城を崩せない。波に乗ったサフィルヴァは、清田や鳥飼が躍動し、リードを奪う。終盤も、サフィルヴァは代わって入った青島のレシーブや田代のトスがリズムを作り、点を重ねる。対する奈良は、全員でボールを繋いで江崎が奮闘し、後を追う。サフィルヴァは、谷越が声でチームを鼓舞して粘る奈良を振り切り、セットを取り返す。
 第3セット、序盤から高さで圧倒するサフィルヴァと、息の合ったチームプレーを見せる奈良の互いに譲らない攻防が続く。中盤、サフィルヴァは代わって入った田代のサーブが奈良の連携を乱し一歩リードするが、奈良も集中力を切らさず、有津のアタックや中西(武)のブロックなどですかさずリードを奪う。最後は、加藤がアタックを決め、奈良がこのセットを取る。
 第4セット、序盤から熱戦となったこのセットを、最後は清田がアタックを決めてサフィルヴァが取り、フルセットの勝負に持ち込む。
 第5セット、両チームともに控えの選手たちも一体となり戦う中、特にサフィルヴァは清田、鳥飼、奈良は中西(武)、江崎が活躍するも最後に鳥飼がアタックを決め、サフィルヴァが勝利した。