試合会場レポート

試合番号640

開催日2022/02/12

2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 住吉スポーツセンター

観客数:0 開始時間:13:00 終了時間:15:12 試合時間:2:12 主審:橋本 賀津郎 副審:黒田 拓也

クボタスピアーズ

監督 川田 匠
コーチ 財間 常文
   
通算 5 勝 16 敗
ポイント 16
3 25 第1セット
【0:22】
16 2
16 第2セット
【0:24】
25
16 第3セット
【0:23】
25
25 第4セット
【0:31】
23
16 第5セット
【0:20】
14

つくばユナイテッドSunGAIA

監督 五十嵐 元
コーチ
   
通算 8 勝 11 敗
ポイント 23

ポイント

2

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

1

<監督コメント>

 第2、3セットをつくばに取られ、追い込まれました。そこから気持ちを切り替え、攻撃的な姿勢を貫こうとチームで話し、それを徹底できたのが勝因だと思います。
 最終セットは第3セットから途中出場の蓑田のリーダーシップとリリーフサーバーで入った田中(伸)の粘りのリーダーシップで勝利を引き寄せました。今日はチーム全員で掴み取った勝利でした。
 次週以降も、今日のように士気高く、挑みたいと思います。応援ありがとうございました。

25
  • 枡富
     
  • 井上
     
  • 鎌苅
     
  • 丸一
     
  • 田中(誠)
     
  • 赤松
     

1


  • 濱田
     
  • 浜崎
    (堀)
  • 松田
    (勝本)
  • 十文字
     
  • 鎌田
     
  • 瀧澤
    (架谷)
16

リベロ:

寺田、早瀬川

リベロ:

曽田

16
  • 枡富
     
  • 井上
     
  • 鎌苅
     
  • 丸一
    (籠)
  • 田中(誠)
     
  • 赤松
     

2


  • 濱田
     

  • (曹)
  • 松田
     
  • 十文字
    (勝本)
  • 鎌田
     
  • 架谷
     
25

リベロ:

寺田、早瀬川

リベロ:

曽田

16
  • 枡富
     
  • 井上
     
  • 鎌苅
     
  • 丸一
     
  • 田中(誠)
    (蓑田)
  • 赤松
     

3


  • 濱田
     

  • (曹)
  • 松田
     
  • 十文字
    (勝本)
  • 鎌田
     
  • 架谷
     
25

リベロ:

寺田、早瀬川

リベロ:

曽田

25
  • 鎌苅
    (籠)
  • 枡富
     
  • 蓑田
     
  • 井上
     
  • 赤松
    (阪根)
  • 丸一
     

4


  • 濱田
     

  • (十文字)
  • 松田
     

  • (勝本)
  • 鎌田
     
  • 架谷
     
23

リベロ:

寺田、早瀬川

リベロ:

曽田

16
  • 鎌苅
     
  • 枡富
     
  • 蓑田
     
  • 井上
     
  • 赤松
    (田中(伸))
  • 丸一
    (阪根)

5


  • 松田
    (勝本)
  • 濱田
     
  • 鎌田
     

  •  
  • 架谷
     

  •  
14

リベロ:

寺田、早瀬川

リベロ:

曽田

<監督コメント>

 要所で点数を取り切れなかったことが最後の結果につながっていると思います。
 課題を明らかにして、来週のホームゲームに臨みたいと思います。
 応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 クボタスピアーズがつくばユナイテッドSunGAIAをホームに迎えての一戦。
 第1セット、クボタは丸一のブロックで勢いづくと、枡富の緩急織り交ぜたスパイクや井上のバックアタックが次々と決まり、そのままセットを先取する。
 対するつくばはリベロ曽田の好レシーブからリズムを作ると、架谷を中心に猛攻を見せ、鎌田、濱田も要所で得点を挙げると、勢いを絶やす事なく第2、第3セットを連取する。
 後がないクボタは第4セット、このセットからスタートで起用されたセッター蓑田が赤松にボールを集めて得点を重ねると、終盤にはキャプテン鎌苅がブロックを量産してチームを鼓舞し、最終セットに望みを繋ぐ。
 つくば松田のブロックで始まった第5セット、クボタは井上のサービスエースで応戦するも、つくばは鎌田、架谷が強烈なスパイクを決めて先にマッチポイントをつかむ。クボタは枡富のスパイクで同点に追いつくと、全員で繋いだボールを赤松が決め、最後は鎌苅のブロックでポイントを掴み、ホームで待望の勝利を収めた。