試合会場レポート

試合番号282

開催日2022/04/09

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   ファイナル3<ゴールデンセット>

会場 : 草薙総合運動場体育館

観客数:1500 開始時間:18:40 終了時間:19:08 試合時間: 主審:冨田 博一 副審:原 啓之

サントリーサンバーズ

監督 山村 宏太
コーチ 米山 達也
   
1 25 第1セット
【0:28】
21 0
第2セット
【】
第3セット
【】
第4セット
【】
第5セット
【】

パナソニックパンサーズ

監督 ティリ ロラン
コーチ ヴィンセント ピシェット
   

    

【 】内はセット時間

()内は交代選手

<監督コメント>

 本日もサンバーズに沢山のご声援ありがとうございました。
 ゴールデンセットまでもつれ込み、内容もお互いに譲らない展開だったと思います。レギュラーシーズンでは1勝もすることができなかった相手に勝つことができ、本当に嬉しいです。
 パナソニックの勝利に対する執念、点数の取り方、どれもレベルが高くファイナル3に相応しいゲームだったと思います。3位になられましたパナソニックパンサーズおめでとうございます。
 この戦いを決勝に活かせるよう、まずは明日の試合に向けて準備をしていきたいと思います。
 明日もPLAY HARDを実践し、優勝に近付きたいと思います。ありがとうございました。

25
  • 藤中
     
  • ムセルスキー
     

  •  
  • 小野
    (西田)
  • 大宅
    (アライン)
  • 柳田
     

1


  • 深津
     
  • エバデダン
    (渡辺)
  • クビアク
     
  • 大塚
     
  • 山内
     
  • 清水
     
21

リベロ:

鶴田

リベロ:

永野、伊賀


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

2



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

3



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 選手には誇りしかありません。強いチームを相手に最後の最後まで戦ったことは自慢できます。
 サントリーはブロック、サーブ、アタックでプレッシャーを与えてきました。
 5セットの試合を勝つことはできましたが、ゴールデンセットではあと数点足りなかったです。
 決勝戦までいけないことはつらいですが、最後まで戦ったスピリットは何よりも素晴らしかったです。

<要約レポート>

 ファイナル進出にはどちらも譲れない、サントリーサンバーズとパナソニックパンサーズの運命のゴールデンセット。
 サントリーは小野、ムセルスキー、藤中が得点すると、パナソニックは大塚のバックアタックや清水のスパイクが決まり互角の戦いとなる。サントリーはムセルスキーの強烈なサーブでわずかにリードを広げるが、パナソニックはチーム一丸となって押し返す展開。パナソニックはリベロ伊賀がフェンスに突っ込みながらの好レシーブを、一方のサントリーは藤中が最後まで諦めないプレーを披露し、会場のファンを魅了した。サントリーはセッター大宅の華麗なトスから小野がスパイクを決め、さらに西田のサーブで相手を崩して突き放しにかかるが、パナソニックは大塚の魂のスパイクで食らいつく。いつまでも終わってほしくないと思う素晴らしい試合は、ムセルスキーのスパイクでサントリーが勝利し、ファイナル進出を決めた。