試合会場レポート

試合番号293

開催日2022/10/29

2022-23 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 一本松総合運動公園体育館サン・アリーナ

観客数:710 開始時刻:14:00 終了時刻:16:16 試合時間:2:16 主審:佐々木 伸子 副審:品川 美帆

PFUブルーキャッツ

監督 坂本 将康
コーチ 舟越 悠二
   
通算 0 勝 1 敗
ポイント 1
2 25 第1セット
【0:27】
23 3
25 第2セット
【0:30】
21
16 第3セット
【0:27】
25
17 第4セット
【0:23】
25
13 第5セット
【0:17】
15

東レアローズ

監督 越谷 章
コーチ 中道 瞳
   
通算 1 勝 0 敗
ポイント 2

ポイント

1

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

2

<監督コメント>

 今日、リーグの開幕を迎えることができ、嬉しく思う。
 輪島市の皆様、バレーボールファンの皆様、本日は沢山の方にご来場いただき、ありがとうございました。
 フルセットの試合となったが、良くも悪くもPFUらしさが出たと思う。
 明日も同一カードとなるが、ここでどのような戦いができるかが今後の命運を握ると思うので、全力でぶつかっていきたい。

25
  • 志摩
     
  • バルデス
     
  • ジャン
     
  • 細沼
     
  • 田原
    (綿引)
  • アコスタ
     

1


  • 石川
     

  •  
  • 大崎
    (野呂)
  • 小川
    (中田)
  • 西川
     
  • クラン
     
23

リベロ:

リベロ:

水杉

25
  • 志摩
     
  • バルデス
    (山下)
  • ジャン
     
  • 細沼
     
  • 田原
    (渡邊)
  • アコスタ
     

2


  • 石川
     

  •  
  • 大崎
    (中田)
  • 小川
     
  • 西川
     
  • クラン
     
21

リベロ:

リベロ:

水杉、中島

16
  • 志摩
    (鍋谷)
  • バルデス
     
  • ジャン
    (瀬戸)
  • 細沼
     
  • 田原
    (山下)
  • アコスタ
     

3


  • 大崎
     
  • 石川
     
  • 西川
     

  •  
  • クラン
    (野呂)
  • 小川
     
25

リベロ:

、森田

リベロ:

中島

17
  • 志摩
     
  • バルデス
     
  • ジャン
     
  • 細沼
    (瀬戸)
  • 田原
    (山下)
  • アコスタ
    (鍋谷)

4


  • 石川
     

  • (真鍋)
  • 大崎
    (深澤)
  • 小川
    (中田)
  • 西川
     
  • クラン
     
25

リベロ:

リベロ:

中島

13
  • ジャン
     
  • 志摩
     
  • 山下
    (渡邊)
  • バルデス
    (田原)
  • アコスタ
    (鍋谷)
  • 細沼
     

5


  • 大崎
    (中田)
  • 石川
     
  • 西川
     

  •  
  • クラン
     
  • 小川
     
15

リベロ:

リベロ:

中島

<監督コメント>

 まずは開幕戦を勝利で飾ることができ、大変良かったと思います。
 第1、第2セット、攻撃面での課題が多く、なかなかリズムを作ることができませんでしたが、第3セット以降、効果的にクイックが決まり、自分達の持ち味である攻撃が機能し、苦しい試合を勝ち切ることができました。
 まだまだ連携ミスもありますので、明日に向けてしっかり修正したいと思います。
 今日は応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 第1セット序盤は一進一退。PFUブルーキャッツは志摩、アコスタのスパイクで抜け出し、東レアローズも西川、石川、クランのスパイクで粘り、1点差に詰めたが、最後はPFUが決め、セットを先取した。
 第2セット序盤、PFUは田原のサービスエース、アコスタ、バルデスのスパイクで抜け出すも、東レは大崎のサービスエース、クランのスパイク等で逆転。PFUは細沼、アコスタの連続ブロックで、再逆転し逃げ切る。
 第3セット序盤は一進一退。中盤は東レ大崎の2連続サービスエース、PFUのミスで東レが抜け出す。その後、東レはクランのスパイク、石川のフェイント等でリードし、終盤も石川、西川のスパイクで、東レがセットを奪い返す。
 第4セット序盤、東レは西川、小川のスパイク、クランのブロックでリード、中盤は双方がレシーブで粘るが、石川のスパイク等で東レが終始リードした。PFUも志摩、バルデスのスパイクで粘るが、最後は東レ西川がサービスエースを決め、セットを連取した。
 第5セット序盤、東レは石川のサービスエース、クランのスパイクで抜け出し、PFUはアコスタ、バルデスのアタックで必死に追いかけ逆転するも、最後は東レ石川がスパイクを決め、東レが開幕戦で勝利を収めた。