ssh websocket sshaxor ssh ssh premium ssh sshaxor sshaxor vmess ssh ws create ssh server ssh ssh server ssh gratis Rest Api

試合会場レポート

試合番号305

開催日2022/11/05

2022-23 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   V・レギュラーラウンド

会場 : ウィングアリーナ刈谷

観客数:600 開始時刻:13:00 終了時刻:14:27 試合時間:1:27 主審:明井 寿枝 副審:品川 美帆

トヨタ車体クインシーズ

監督 高橋 悠
コーチ 興梠 亮
   
通算 1 勝 2 敗
ポイント 3
0 17 第1セット
【0:26】
25 3
15 第2セット
【0:21】
25
16 第3セット
【0:22】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

NECレッドロケッツ

監督 金子 隆行
コーチ 井上 裕介
   
通算 1 勝 2 敗
ポイント 3

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 ホームゲーム初戦、勝ちに行く意識を強く持って挑んだが、0-3と悔しい敗戦だった。
 スタートはリズム良く戦えていたが、1つの失点をもとに崩れてしまい修正しきれなかった所が敗因であった。
 ホームゲームたくさんの応援ありがとうございました。明日も引き続きよろしくお願いします。

17
  • 大川
     
  • ダニエル
    (舟根)
  • ハッタヤ
     
  • 周田
     
  • 山上
     
  • 鴫原
     

1


  • 上野
     
  • 古谷
     
  • 山内
     
  • 塚田
     
  • 古賀
     
  • 野嶋
     
25

リベロ:

立石

リベロ:

小島

15
  • 大川
     
  • ダニエル
     
  • ハッタヤ
     
  • 周田
     
  • 山上
    (加地)
  • 鴫原
     

2


  • 上野
     
  • 古谷
     
  • 山内
    (山田)
  • 塚田
     
  • 古賀
     
  • 野嶋
     
25

リベロ:

立石

リベロ:

小島

16
  • 大川
     
  • ダニエル
     
  • ハッタヤ
     
  • 周田
     
  • 山上
     
  • 鴫原
     

3


  • 上野
    (山田)
  • 古谷
     
  • 山内
     
  • 塚田
     
  • 古賀
     
  • 野嶋
     
25

リベロ:

立石

リベロ:

小島


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 本日もたくさんの応援をありがとうございました。
 先週のゲームからサーブのクォリティーを上げることと、ブロックディフェンスの修正をすることを徹底的にして今日のゲームに向けて準備してきました。サーブの部分でゲームの主導権を握れてことで優位にゲームを進めることができました。明日はまた違った展開のゲームになると思うので、最大の準備をして臨みたいと思います。
 アウェイゲームとなりましたがたくさんの応援ありがとうございました。1勝を喜びあえたことを嬉しく思います。明日もよろしくお願いします。

<要約レポート>

 ホーム開幕戦での勝利を狙うトヨタ車体クインシーズと、今シーズン初の白星を狙うNECレッドロケッツの対戦。
 第1セット、トヨタ車体は大川、ダニエルを中心に攻め、対するNECは古賀、山内、古谷を中心に攻め合いが続く。中盤からNECは塚田のサービスエースや、古賀のブロックなどで徐々に点差をつけると、最後は上野のスパイクが決まり、17-25でNECがセットを先取した。
 第2セット、NECは古賀のサーブから7連続得点、古谷の2連続サービスエース、山内のサービスエースと、終始サーブで流れを作る。トヨタ車体も大川、ハッタヤを中心に反撃を狙うがNECの勢いを止められず、最後はNEC山内のスパイクが決まり15-25で2セット目もNECが連取した。
 第3セット、トヨタ車体はセット間にチームコーディネーター荒木から「バレーボールはここから」の言葉を受け再奮起し、ダニエル、山上などのブロックで得点するが、NECは終始サーブで流れを作り、攻撃陣が多彩なプレーで得点を重ねる。終始攻め続けたNECがこのセットも16-25で連取しストレートで勝利を収めた。