試合会場レポート

試合番号379

開催日2023/01/14

2022-23 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 佐賀県総合体育館

観客数:1370 開始時間:14:00 終了時間:16:25 試合時間:2:25 主審:吉岡 奈々 副審:江口 祐一郎

久光スプリングス

監督 酒井 新悟
コーチ 豊暉原 峻
   
通算 9 勝 6 敗
ポイント 26
2 20 第1セット
【0:26】
25 3
25 第2セット
【0:30】
22
25 第3セット
【0:23】
15
19 第4セット
【0:27】
25
9 第5セット
【0:15】
15

日立Astemoリヴァーレ

監督 多治見 麻子
コーチ 達川 和彦
   
通算 7 勝 8 敗
ポイント 20

ポイント

1

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

2

<監督コメント>

 2023年初のホームゲームということもあり、ホームの力を借りて、良いゲームをしようと意気込んで臨んだ。自分たちのオフェンスがなかなかうまく展開できず、苦しい場面が多かった。また、相手のディフェンスの粘りもあり、自分達から失点する場面もあった。切り替えて、明日のゲームに向けてしっかり準備したい。本日もたくさんの応援ありがとうございました。

20
  • 濱松
     
  • 石井
     

  • (長岡)
  • ファンヘッケ
    (井上(美))
  • 深澤
    (白澤)
  • 平山
     

1


  • 上坂
     
  • 雑賀
     
  • 入澤
     
  • タップ
    (渡邊)
  • オクム大庭
    (野中)
  • 長内
     
25

リベロ:

西村

リベロ:

齋藤

25
  • 石井
     
  • ファンヘッケ
     
  • 濱松
    (白澤)
  • 平山
     

  • (荒木)
  • 深澤
     

2


  • 上坂
    (室岡)
  • 雑賀
    (境)
  • 入澤
     
  • 渡邊
     
  • オクム大庭
    (野中)
  • 長内
    (高間)
22

リベロ:

西村

リベロ:

齋藤

25
  • 濱松
    (白澤)
  • 石井
     

  •  
  • ファンヘッケ
     
  • 深澤
     
  • 平山
     

3


  • 入澤
     
  • 室岡
     
  • 野中
    (境)
  • 雑賀
    (オクム大庭)
  • 長内
    (高間)
  • 渡邊
     
15

リベロ:

西村

リベロ:

齋藤

19
  • 石井
     
  • ファンヘッケ
     
  • 濱松
    (荒木)
  • 平山
     

  •  
  • 深澤
    (中島)

4


  • 入澤
     
  • 室岡
     
  • 野中
     
  • 雑賀
    (境)
  • 長内
     
  • 渡邊
     
25

リベロ:

西村

リベロ:

齋藤

9
  • 荒木
     
  • 石井
     

  •  
  • ファンヘッケ
    (白澤)
  • 中島
     
  • 平山
     

5


  • 入澤
    (高間)
  • 室岡
     
  • 野中
     
  • 雑賀
     
  • 長内
     
  • 渡邊
     
15

リベロ:

西村

リベロ:

齋藤

<監督コメント>

 全員で勝ち切った今日の1勝をまずは嬉しく思います。先週の敗戦から細かいプレーを修正し、スタートから緊張感をもって試合に入りました。終始気を抜けない展開でしたが、最後まで粘り強く戦い抜いた結果が勝利に繋がったと思います。まだ課題は多く残っているので、明日に備えて良い準備をしていきます。
 今日は応援ありがとうございました。明日もチーム一丸となり頑張りますので引き続き応援宜しくお願いします。

<要約レポート>

 第1セット、序盤は深澤のスパイクなどで久光スプリングスがリードする展開に。日立Astemoリヴァーレは雑賀の多彩なトス回しで流れを引き寄せると逆転に成功。久光は長岡を投入して巻き返しを図るも、日立Astemoは長内、上坂のスパイクで久光を突き放しセットを先取した。
 第2セット、久光は西村を中心に粘り強い守備で主導権を握ると、ファンヘッケのスパイクや平山のブロックなどが決まってリードした展開に。終盤日立Astemoは室岡、長内のスパイクで追い上げるが、久光は石井の活躍によりセットを奪取した。
 第3セット中盤、久光は長いラリーを制すると一気に流れを手繰り寄せて日立Astemoを突き放す。日立Astemoは二枚替えを試みるも、ファンヘッケと石井を止めることができず、久光がセットを連取した。
 第4セット、長内の攻守にわたる活躍で序盤から日立Astemoがリードした展開に。久光は途中出場の中島、荒木の活躍で追い上げを見せるも、日立Astemoは主導権を譲らずタイスコアに持ち込んだ。
 第5セット、日立Astemoは長内、室岡の多彩な攻撃が冴え久光をリードする。久光は荒木、石井のスパイクで応戦するが、日立Astemoの堅守に阻まれた。最後は長内の強烈なスパイクが決まり日立Astemoが熱戦を制した。