ssh websocket sshaxor ssh ssh premium ssh sshaxor sshaxor vmess ssh ws create ssh server ssh ssh server ssh gratis Rest Api

試合会場レポート

試合番号449

開催日2023/03/04

2022-23 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 埼玉県立武道館

観客数:1055 開始時刻:13:00 終了時刻:14:16 試合時間:1:16 主審:渡部 菜保子 副審:上總 向貴

埼玉上尾メディックス

監督 大久保 茂和
コーチ 冨田 直人
   
通算 19 勝 7 敗
ポイント 55
3 25 第1セット
【0:23】
16 0
25 第2セット
【0:22】
14
25 第3セット
【0:25】
19
第4セット
【】
第5セット
【】

ヴィクトリーナ姫路

監督 安保 澄
コーチ 三上 晃右
   
通算 5 勝 22 敗
ポイント 20

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 山岸あかね(キラ)の230試合出場達成の記念すべき日に勝利することができ、大変嬉しく思います。
 ヴィクトリーナ姫路の破壊力のある攻撃に対して、埼玉上尾メディックスの選手たちは我慢強くプレーしてくれました。
 良いディフェンスから丁寧に切り返すことができたのが勝利につながったと思います。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございます。明日もサポーターの皆様のお力添えよろしくお願いします。

25
  • 佐藤
     
  • 内瀬戸
    (鎌田)
  • 青柳
     
  • サンティアゴ
     
  • 岩崎
    (仁井田)
  • ロゾ
     

1


  • 宮部
    (堤)
  • 櫻井
    (田中)
  • 金田
     
  • 佐々木
     
  • プラク
    (坊野)
  • 松本
    (野津)
16

リベロ:

山岸

リベロ:

花井、清田

25
  • 佐藤
     
  • 内瀬戸
    (鎌田)
  • 青柳
     
  • サンティアゴ
    (岩澤)
  • 岩崎
    (仁井田)
  • ロゾ
     

2


  • 宮部
    (堤)
  • 櫻井
    (坊野)
  • 金田
     
  • 田中
     
  • プラク
     
  • 野津
    (松本)
14

リベロ:

山岸

リベロ:

花井、清田

25
  • 佐藤
     
  • 内瀬戸
    (鎌田)
  • 青柳
     
  • サンティアゴ
    (岩澤)
  • 岩崎
    (仁井田)
  • ロゾ
     

3


  • 宮部
    (野津)
  • 坊野
    (櫻井)
  • 金田
     
  • 佐々木
    (足立)
  • 田中
     
  • プラク
     
19

リベロ:

山岸

リベロ:

花井


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 本日もたくさんのご声援をいただき誠にありがとうございました。
 埼玉上尾の高いブロックに攻撃を阻まれ、、得点することが難しいゲームでした。
 今日のゲームを振り返り、戦術的にもメンタル的にも修正して明日のゲームに臨みたいと思います。
 明日もご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

<要約レポート>

 ファイナル4進出に向けて勝ち星を積み上げたい埼玉上尾メディックスとヴィクトリーナ姫路の一戦。
 第1セット、埼玉上尾はリベロ山岸の安定したサーブレシーブからサンティアゴのAクイックで得点し、主導権を握る。姫路もプラクのアタックなどで中盤に点差を詰めるが、埼玉上尾は青柳や仁井田のブロックで姫路の攻撃を封じて8連続得点をあげ、セットを先取する。
 第2セット、序盤は一進一退の攻防が続くが、埼玉上尾は安定した守備でボールをつなぎ、緩急をつけた攻撃で徐々にリードを広げていく。その後も青柳や岩崎の鮮やかなブロックで勢いに乗ると、最後は鎌田の速いトスをロゾが打ち抜き、セットを連取した。
 第3セット、後がない姫路は宮部のスパイクやプラクのブロックで得点すると、リードを保ったまま中盤へ。埼玉上尾は内瀬戸のサーブで姫路を崩し、佐藤のスパイクなどで徐々に点差を詰めると、ロゾのスパイクで逆転に成功する。直後の佐藤のバックアタックやサンティアゴのブロックで連続得点を重ねて勢いに乗り、最後は埼玉上尾が長いラリーを佐藤のスパイクで締めて勝利した。