試合会場レポート

試合番号470

開催日2023/03/18

2022-23 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 金沢市総合体育館

観客数:905 開始時刻:14:00 終了時刻:16:12 試合時間:2:12 主審:吉岡 奈々 副審:森口 豊

PFUブルーキャッツ

監督 坂本 将康
コーチ 舟越 悠二
   
通算 11 勝 20 敗
ポイント 33
2 25 第1セット
【0:28】
23 3
19 第2セット
【0:23】
25
25 第3セット
【0:26】
21
23 第4セット
【0:28】
25
10 第5セット
【0:15】
15

KUROBEアクアフェアリーズ

監督 伊東 克明
コーチ 小野澤 裕太
   
通算 10 勝 21 敗
ポイント 28

ポイント

1

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

2

<監督コメント>

 日々の課題が露呈してしまったゲームだと思う。
 相手の思い切った攻撃も良かったが、自分達の弱さが出てしまったゲームだった。
 ホームゲームということで沢山の皆様にご来場いただき、ありがとうございました。

25
  • ジャン
     
  • アコスタ
     
  • 山下
     
  • 志摩
    (バルデス)
  • 鍋谷
     
  • 細沼
     

1


  • 佐藤(黎)
    (住田)
  • 高橋
    (小杉)
  • 安田
     
  • 梅津
     
  • イヴェギン
     
  • 山口
     
23

リベロ:

、森田

リベロ:

依田

19
  • ジャン
     
  • アコスタ
     
  • 山下
    (田原)
  • 志摩
    (バルデス)
  • 鍋谷
     
  • 細沼
    (瀬戸)

2


  • 安田
     
  • 佐藤(黎)
    (小杉)
  • イヴェギン
     
  • 高橋
     
  • 山口
    (住田)
  • 梅津
     
25

リベロ:

、森田

リベロ:

依田

25
  • 鍋谷
     
  • バルデス
     
  • ジャン
     
  • 細沼
    (瀬戸)
  • 山下
    (綿引)
  • アコスタ
     

3


  • 佐藤(黎)
    (住田)
  • 高橋
     
  • 安田
    (佐藤(彩))
  • 梅津
     
  • イヴェギン
     
  • 山口
    (小杉)
21

リベロ:

、森田

リベロ:

依田

23
  • 鍋谷
     
  • バルデス
     
  • ジャン
     
  • 細沼
     
  • 山下
     
  • アコスタ
    (大村)

4


  • 安田
     
  • 佐藤(黎)
    (住田)
  • イヴェギン
     
  • 高橋
     
  • 山口
     
  • 梅津
    (中村)
25

リベロ:

、森田

リベロ:

依田

10
  • ジャン
     
  • アコスタ
    (大村)
  • 山下
    (志摩)
  • バルデス
    (田原)
  • 鍋谷
     
  • 瀬戸
     

5


  • 安田
     
  • 佐藤(黎)
    (住田)
  • イヴェギン
     
  • 高橋
     
  • 山口
     
  • 梅津
    (中村)
15

リベロ:

、森田

リベロ:

依田

<監督コメント>

 決してベストなチーム状況ではなかったが、コートに入った選手は当然のことながら、全選手、スタッフの思いが表現されたゲームであった。
 相手チームの強力なアタックやサーブ、高さのあるブロックに対し、受けることなく勇敢に立ち向かった選手達を誇りに思う。本日の勝利はチームの大きな成長となる。
 明日も厳しいゲームになるが、全選手、スタッフの気持ちを1つにして戦いたい。
 本日も応援いただき、ありがとうございました。

<要約レポート>

 お互いにチャレンジマッチ回避へ負けられない試合となったPFUブルーキャッツとKUROBEアクアフェアリーズの一戦。
 第1セット、序盤はPFUが志摩の連続ブロックでリードを奪うも、安田のサーブでレシーブを崩したKUROBEが連続得点を奪い、すぐに追いつく。中盤、ジャンのスパイクなどでPFUがリードを広げる。終盤、KUROBEはイヴェギンにボールを集め6連続得点で追いすがるが、逃げ切ったPFUがセットを先取する。
 第2セット、序盤はKUROBEが高橋のスパイクなどでリードするも、PFUがすぐに追いつく展開となる。中盤、KUROBEは山口、イヴェギンの連続ブロックで流れを掴んでリードを奪い、そのままセットを取り返した。
 第3セット、PFUがバルデスのブロックやスパイクの活躍でリードする。KUROBEは梅津のスパイクなどで少しずつ点差を縮める。中盤以降は両チームともエースにボールを集め得点を重ねるが、序盤のリードを守り切ったPFUがセットを取った。
 第4セット、序盤はKUROBEが高橋のスパイクなどでリードするが、PFUも粘りのレシーブからの得点で逆転し、互いに譲らないゲーム展開となる。終盤、サーブで崩し連続得点をあげたKUROBEがセットを奪い、フルセットに持ち込んだ。
 第5セット、序盤はKUROBEがイヴェギンのサービスエースや山口のブロックでリードを奪う。PFUはリリーフサーバーで入った大村がサービスエースを決め、点差を縮めるも流れは変わらず、KUROBEがそのままセットを奪い、フルセットの試合に勝利した。