試合会場レポート

試合番号102

開催日2022/10/22

2022-23 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   V・レギュラーラウンド

会場 : 日本製鉄堺体育館

観客数:437 開始時間:13:00 終了時間:14:58 試合時間:1:58 主審:服部 篤史 副審:江口 祐一郎

堺ブレイザーズ

監督 千葉 進也
コーチ 長江 祥司
   
通算 1 勝 0 敗
ポイント 3
3 22 第1セット
【0:28】
25 1
25 第2セット
【0:26】
16
25 第3セット
【0:23】
16
25 第4セット
【0:28】
23
第5セット
【】

大分三好ヴァイセアドラー

監督 ムレイ ポール
コーチ 藤岡 諒馬
   
通算 0 勝 1 敗
ポイント 0

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 まずは今年もリーグ戦を戦えることに、感謝しています。関係されるすべての皆様のおかげです。ありがとうございます。
 昨シーズンも同一会場、同一の対戦カードで大分三好に敗戦してしまったので、今シーズンは勝利を、と臨みました。
 開幕戦で勝利を掴み、サポーターの皆様と喜びを分ち合うことができ、最高のスタートを切ることができました。
 明日もホームでの熱い応援、よろしくお願いします。

22
  • 出耒田
    (赤星)
  • 樋口
     
  • 深津
    (重留)
  • バーノン
     
  • 迫田
     
  • 松本
    (鵜野)

1


  • 安部
    (永尾)
  • 山田
     
  • モゲニ
     
  • 伊藤
     
  • カンタパット
     
  • 中村
    (古賀)
25

リベロ:

山本

リベロ:

小川

25
  • 出耒田
    (赤星)
  • 樋口
     
  • 深津
    (重留)
  • バーノン
     
  • 迫田
     
  • 松本
    (鵜野)

2


  • 安部
     
  • 山田
     
  • モゲニ
    (井口)
  • 伊藤
    (古賀)
  • カンタパット
    (藤原)
  • 中村
     
16

リベロ:

山本

リベロ:

小川

25
  • 出耒田
    (赤星)
  • 樋口
     
  • 深津
     
  • バーノン
     
  • 迫田
     
  • 松本
    (鵜野)

3


  • 安部
    (永尾)
  • 山田
     
  • モゲニ
     
  • 伊藤
     
  • カンタパット
    (藤原)
  • 中村
     
16

リベロ:

山本

リベロ:

小川

25
  • 出耒田
    (赤星)
  • 樋口
     
  • 深津
    (重留)
  • バーノン
     
  • 迫田
     
  • 松本
    (鵜野)

4


  • 山田
     
  • 伊藤
    (古賀)
  • 安部
     
  • 川口
     
  • モゲニ
    (井口)
  • カンタパット
    (藤原)
23

リベロ:

山本、堀江

リベロ:

小川


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 今シーズンの開幕戦を素晴らしい体育館と多くの声援の中行えたことに感謝します。
 第1セットは、サーブで攻める大分三好のスタイルで先取することができましたが、それ以降は、堺ブレイザーズの緩急つけたサーブに苦しめられました。
 明日の試合は今日の反省を活かして、勝利につなげられるように頑張ります。
 本日は、たくさんのご声援ありがとうございました。

<要約レポート>

 堺ブレイザーズが大分三好ヴァイセアドラーをホームに迎えての開幕戦。
 第1セット、大分三好・山田の2連続サービスエースで幕が開けたこの対戦は、大分三好のカンタパット、モゲニのスパイクが要所で決まりセットを先取した。
 第2セット、堺はキャプテン出耒田のサービスエースで勢いに乗ると、バーノン、樋口がスパイクを要所で決めて得点を重ね、最後はリリーフサーバーの赤星がサービスエースを決めセットを奪い返した。
 第3セット、お互い一歩も譲らないゲームを展開するも、堺は迫田がスパイク、ブロックを連続で決め、勢いに乗りセットを連取した。
 第4セット、勢いに乗った堺は、リベロ山本を中心に全員でボールをつなぎ得点を重ねリードする。終盤、大分三好は山田の2連続ブロックやスパイクで追い上げを見せるも及ばず、最後はバーノンがブロックを決め、堺がホームでの開幕戦に勝利した。